YouTubeアプリのキャッシュ削除の方法と効果を解説

YouTubeアプリのキャッシュ削除について説明します。キャッシュの蓄積はスマートフォンの動作が遅くなる一因となります。そのため、YouTubeアプリをよく使用する方は定期的に削除することをお勧めします。方法は簡単ですので、やってみて下さい。



スポンサードリンク


AndroidスマートフォンでのYouTubeアプリのキャッシュ削除方法

Androidスマートフォンの場合、YouTubeアプリのキャッシュの削除方法は簡単です。まず、設定画面を開きます。その中から「アプリ」を選択し、一覧の中から「YouTube」を選びます。「ストレージ」→「キャッシュを削除」でキャッシュ削除完了です。

iPhoneでの削除方法

iPhoneの場合、Androidのようにキャッシュを削除する操作がある訳ではないので、分かりにくいです。但し、キャッシュ削除の方法はあります。それは「YouTube」アプリの再インストールです。アプリを一度削除することで、キャッシュが削除されます。

再インストールすると、再ログインが必要な場合もあるかと思いますが、手間はその程度です。私の場合は、再インストールすると、前ログインしていたグーグルアカウントで自動ログインされましたので、再インストールするだけで良い場合もあるようです。

キャッシュ削除の効果

今回は、YouTubeアプリのキャッシュ削除方法について説明してきましたが、その効果についても説明しておきます。キャッシュ削除の効果を一言でいうと、スマートフォンの動作を快適にすることです。



スポンサードリンク


キャッシュは「一時的に保管されているファイル」のことで、アプリ上で一度使用したファイルを一時保管しておくことで、次回アクセス時に素早くアクセスできるというメリットがあります。但し、これが蓄積され過ぎると問題になる場合があります。

様々なアプリにキャッシュ機能がありますので、何も考えず放っておくと、スマートフォン上に様々なアプリのキャッシュが溜まり、メモリを使用してしまいます。キャッシュにメモリが使用されてしまうことで、スマートフォンが重くなってしまうということがあるのです。

キャッシュは再アクセス時に素早くアクセスできるという便利なものではありますが、スマートフォンの動作を軽快にするためには定期的に削除する方が良いのです。また、キャッシュは削除しても、再度蓄積されていきますので、心配することなく削除して大丈夫です。

まとめ

YouTubeアプリのキャッシュを削除する方法は簡単です。ちょっとした手間ですが、これを定期的にやるかやらないかでスマホの快適さが変わる場合があります。生活に欠かせないスマートフォンだからこそ快適に使いたいものです。

この記事ではYouTubeアプリの削除方法について説明しましたが、スマホの動作が重いなと感じる時は、YouTubeアプリに限らずキャッシュを削除してみることで、改善するかもしれませんので、一度実施してみてはいかがでしょうか?



スポンサードリンク