LINEをPCとスマホで連動させる方法

スマホでしょっちゅうLINEアプリを使っている人は、PCにもLINEアプリをダウンロードして、連動(=同期)させておくと便利なことがあります。今回はPC版とスマホのLINEを連動させる方法について解説します。



スポンサードリンク


PC版とスマホ版のLINEを連動させる方法

PCへのダウンロードの方法は、OSがWindowsならLINEの公式サイトからダウンロードできます。OSがMacの場合、LINEの公式サイトからではなく、App StoreからApple IDを入力してダウンロードすることになります。

PCとスマホのLINEアプリを同期させる方法は、PC上のLINEアプリで自分のプロフィールや[友だち]が表示されている画面の右上のボタンを押して設定画面を表示させます。

左の選択肢から[詳細設定]を選択すると一番上に、[データを同期]と表示されます。この同期ボタンを押せば、スマホ上のLINEアプリの更新情報がPC上のLINEアプリに同期されます。

データ同期

PCでLINEを使う利点

スマホ上よりもPC上でLINEを使った方が便利なことはいくつか挙げられます。

(1) トーク内容の保存しやすい

スマホではLINE以外にも音楽や写真、電子書籍などで容量を圧迫している人が多いと思います。スマホ上のLINEアプリでトーク内容を保存すると使用した容量が気になってしまいますが、PC上なら気兼ねなく保存できます。
PC上でトーク内容を保存する場合は、トークルームの上方の三角印を選択し、表示された項目から[トークを保存]を選びましょう。



スポンサードリンク


(2) 編集した写真や複雑なファイルが送りやすい

スマホ上でトークしているうちにPCで作成したファイルを送りたい時、PC上でもLINEアプリを起動させ、同期させると、トークは継続したままですので、いちいち前置きやややこしいことを話す時間を省いて、ファイルの共有ができます。
写真や文書などのファイルを自分のLINEアプリに保存するには、[Keep]機能を使います。Mac PC上でLINEアプリを使用している場合は、右上にあるグレーの六角形の印を選択して下さい。上から三番目に[Keep]と表示されます。ここにファイルをドラッグすれば、写真、ファイル、テキストと三種類の項目で別れたファイルを管理できます。

keep

(3) 商品の表示が大表示

LINEアプリの活用法として、[友だち]とのトークだけではなく、好きなブランドのセールや新商品情報をチェックしている人も多いと思います。PC上でLINEアプリを使って、好きなブランドをチェックすれば、商品情報の写真などが、メインの画面とは別のウィンドウの、スマホよりも大きい画面で表示されて、とても便利です。

(4) PC作業中の会話に便利

これまでPCで仕事や作業を行っている時にSkypeやメッセンジャーを使って会話しながら進行していた人もいると思います。PC上でLINEを使えばスマホ上で使う時よりもPCのキーボードを使って、トークがしやすいのではないでしょうか。

PC上でLINEを使うことはかなり便利ですね。これからもっと使用者が増えそうですね。

LINEについての最新情報は随時更新していくのでブックマークよろしくお願いします。

【追記】

LINEを使っていたら最新の人気スタンプを使いたいですよね。私も沢山のスタンプが欲しいです。

でも正直にいうと、最新のスタンプは欲しいけどもお金は使いたくないですよね。

そんな時に役立つ「無料で最新スタンプをゲットする方法」があります。この方法は別ページにまとめたのでチェックしておいて下さいね。

⇨無料でLINEの最新スタンプをゲットする方法



スポンサードリンク