eBookJapanのアプリはオフラインでもかなり優秀

eBookJapanのアプリはオフラインでも楽します。eBookJapanのアプリで漫画を読むならオフラインでの活用法を知らないと損しています、そこで今回はその活用法を解説していきます。



スポンサードリンク


eBookJapanアプリのオフラインでの使い方①「移動中」

eBookJapanアプリのオフラインでの使い方で1番役に立つのが移動中です。

電車でも車でも移動中はネット環境が悪いですよね。地下鉄とかに入っちゃうと電車が動いている間はほとんどつながらなかったりします。オンラインで漫画を読んでるとこういう時に本当に困ります。読むのを中断して通信環境の回復をまたないといけません。もちろんスマホの他の機能も使えないです。

こんなときにeBookJapanのアプリにあらかじめ漫画をダウンロードしとけばオフラインでも気にすることなく漫画を楽しめます。移動時間があっという間に過ぎるので毎日の通勤通学でとても役立ちます。

移動時間がいつもあるような人はあらかじめ何冊もeBookJapanのアプリに漫画を入れておくといいです。車や電車での移動がが滅多にないような人は移動の前に2〜3冊気になる漫画をダウンロードしときましょう。

こういう時間をこれからは、新しいお気に入り漫画の発見や、今までも読んでいる作品の最新刊を楽しむ時間にしましょう。

eBookJapanアプリのオフラインでの使い方②「外出先」

eBookJapanアプリのオフライン機能が活躍するのは外出先も同じです。



スポンサードリンク


外出先だといろんなどころにWiFiがありますけど、パスワードを打ち込んだりとか結構面倒ですよね。面倒でもその場のWiFiを使わないと通信環境が悪い場所もいまだに多いです。

スマホをサクサク使える環境だと分かっている場所だと問題ないんですけど、知らない場所だとどうなるか分かりません。

そんな時にeBookJapanのアプリに漫画が何冊か入ってたら安心です。どんな通信環ん境であろうとスマホを取り出せば安定して漫画がオフラインで楽しめます。

こういう機能が役立つ事って結構あります。よく外出する人には役立つでしょう。

eBookJapanアプリのオフラインでの使い方③「通信料節約」

eBookJapanアプリののオフライン機能を活かす方法として通信料の節約もあります。

無線LANとかWiFiを使わずに通信してると、意外にかなり携帯代が高くなるんですね。そういったことを防ぐためにも、漫画のダウンロードは無線LANやWiFi環境でやっておき、楽しむ時はオフライン当然の状態でデータ通信を使わずに楽しむといいです。

細かいことですが通信料をなるべく節約するような使い方をしたい人にはオフライン機能は重要です。うまく活用して無駄な通信料を払わないようにしましょう。そんなお金は新しい漫画を購入するために使いたいものです。

まとめ

今回はeBookJapanアプリのオフライン機能について解説していきました。こうしてみるとオフライン機能にもいろんな使い道があることがわかります。eBookJapanのアプリはオフラインでも使いやすいのでうまく活用していきましょう。

eBookJapanの公式サイトはこちら [PR]


スポンサードリンク