DAZN(ダゾーン)の視聴方法とjリーグをみる際の支払方法について

DAZN(ダゾーン)の視聴方法について知りたい、jリーグを視聴するときの支払方法がよくわからない、と思っている人もいるでしょう。実は、クレジットカードやデビットカードを持っていれば、簡単に登録して視聴することができます。今回は、DAZN(ダゾーン)の視聴方法にはどんなものがあるのかと、jリーグを視聴するときの支払方法についてご紹介します。



スポンサードリンク


DAZN(ダゾーン)の視聴方法にはどんなものがあるのか

DAZN(ダゾーン)の視聴方法は、テレビ、モバイル&タブレット、パソコン、ゲーム機、などがあります。パソコンでの視聴方法についてですが、最新のOSと該当のブラウザがインストールされていれば問題ありません。スマホでの視聴方法も、最新のアンドロイドOSがインストールされているものであれば大丈夫です。電車やバスの中でもjリーグを視聴できます。

視聴方法にテレビがあるとはいえ、対応しているメーカーがまだ少ないので今後に期待しましょう。普段はスマホやPCで視聴している人でも、大画面でjリーグを見ることができます。DAZN(ダゾーン)未対応の液晶テレビでもHDML端子がついていれば、ケーブルでスマホやPCをつなげば視聴できます。ゲーム機は今のところXBOXONEしか対応していません。PS4は対応予定です。

 

DAZN(ダゾーン)の支払方法について



スポンサードリンク


DAZN(ダゾーン)の支払方法ですが、DAZN(ダゾーン)のホームページで登録した場合と、ドコモのサイトで登録した場合とでは、支払方法はまったく異なります。DAZN(ダゾーン)のホームページで登録した場合は、クレジットカードやデビットカードが支払方法として選択できます。ドコモのサイトで登録した場合は、月々の電話料金に加算されます。

ただし、デビットカードによっては対応していないサービスが多いので注意が必要です。クレジットカードはOKなのにデビットカードはNGということはよくあります。これはDAZN(ダゾーン)だけでなく、他のサービスにもいえることです。

DAZN(ダゾーン)を契約するときには、あらかじめ自分の使っているデビットカード、もしくはこれから契約しようとしているデビットカードがDAZN(ダゾーン)に対応しているのかどうか、前もって確認しておきましょう。支払方法について疑問を感じたら、DAZN(ダゾーン)やクレジットカード会社に直接電話したほうが確実です。

 

DAZN(ダゾーン)はドコモだと料金が安くなる

DAZN(ダゾーン)の月額料金は1750円ですが、ドコモと契約している場合には980円になります。jリーグの全試合を見ることができ、しかもいろんな視聴方法でオンデマンドで再放送をいつでもどこでも見られるのは、jリーグファンでなくても興味をいだいてしまうのではないでしょうか。

 

まとめ

DAZN(ダゾーン)の視聴方法とjリーグを視聴する場合の支払方法について簡単にご紹介しました。DAZN(ダゾーン)にはいろんな視聴方法があり、jリーグをスマホでもパソコンでもテレビの大画面でも見ることができます。支払方法もいくつかあり、クレジットカードやデビットカード以外にも、ドコモのサービスを使えば電話料金に加算されるので、カード支払いが不安な人でも安心してサービスを利用できます。

DAZN(ダゾーン)についての最新情報は随時更新していくのでブックマークをよろしくお願いします。


【追記】

サッカーファンならJリーグだけじゃなく、世界最高峰のプレミアリーグやリーガエスパニョーラも見放題で視聴したいですよね。

でも一見するとDAZNではプレミアリーグやリーガエスパニョーラは放送されていないようにみえます。

そんなプレミアリーグやリーガエスパニョーラが気になる人のためにDAZNでこの2つのトップリーグが楽しめるのかどうかについて解説していますので、そちらもチェックしておいて下さい。

⇨DAZNでプレミアリーグとリーガエスパニョーラは視聴できるのか



スポンサードリンク