メルカリのトラブル住所間違いについて

手軽に誰でも利用できるメルカリですが、その手軽さゆえに様々なトラブルに遭ってしまうことがあります。その中でも今回は住所間違いについてお話していきます。メルカリで不着トラブルに遭わないためにも、住所間違いは絶対にしないでください。



スポンサードリンク


住所の記入は絶対に間違えないように

メルカリに登録する際に住所の設定画面があるのですが、そこで番地を間違えて入力してしまったり番地の入力がなかったり郵便番号を間違えたり・・と住所間違いをすると、当然商品の配達ができないトラブルが起こると予想されます。

らくらくメルカリ便だとお互いの住所を知らせる必要なく商品の発送が可能ですが、それ以外の発送方法だと住所は必須項目になってきます。

出品者は購入者が設定されている住所を記載するしかありませんので、もし住所間違いがあるとなると、商品が迷子になってしまいトラブルになります。

もし住所を間違えたら

出品者から発送通知が来たのに、なかなか商品が届かなくて不安になり見直してみると、なんと自分が住所を間違えていた場合、取引はどうなってしまうのでしょうか?

住所を知らせたくないと出品者が差出人未記入で発送したとしたら商品は迷子になってしまいますが、出品者が荷物に自分の住所を記載してくれていたら、出品者の自宅に返送されますね。

差出人未記入の場合でも調査依頼をすることは可能ですので、出品者にまずは連絡することです。
住所間違いに気が付いた時点で、すみやかに出品者に正しい住所を知らせてください。



スポンサードリンク


送料はどちらが負担するのか

購入者が提示した住所に間違いがあり、出品者に荷物が返送されてきたとき再度商品を発送することになりますが、この場合の送料はどちらが負担するかという問題が出てきます。

基本的にメルカリ事務局は介入せず当事者同士の話し合いになるのですが、購入者側のミスで出品者に二度手間をかけてしまうわけですし、再送の送料は購入者が負担するのが常識的でしょう。

その場合、着払いで再送してもらうか、送料専用ページを出品者に作ってもらい、それを購入する方法になります。

送料専用ページを作ってもらうなら手数料がメルカリ事務局に引かれますので計算が面倒ですが、少々の誤差なら迷惑料として払ってしまった方が評価にひびかず得策だと思います。

もし、この住所間違いが出品者の記入ミスだったとしたら、出品者に負担してもらってくださいね。

まとめ

メルカリでは住所間違いに限らず起こってしまったトラブルは、原則的に当事者同士の話し合いで解決することになります。
住所間違いでの不着トラブルも、どちらに過失があったかを当事者同士で話し合いましょう。

送料に関しては、購入者側のミスならてっとり早く着払いをオススメします。
もちろん着払いの場合でも、不要な手間を出品者にかけてしまうわけですから、きちんとメッセージで誠意を示すのもマナーです。

商品の発送をともなうフリマサイトを利用するときは、住所の記入には十分気を付けましょう。

メルカリについての最新情報は随時更新していくのでブックマークよろしくお願いします。



スポンサードリンク