メルカリでの出品方法 口座を用意しよう


メルカリでの出品方法として、まず、売上金の振り込み先である口座を用意する必要があります。今回は、メルカリの出品方法のうち、口座を用意する方法、口座を用意しおくことのメリットなどを、実体験を含めて説明していきたいと思います。



スポンサードリンク


口座を用意しよう!

メルカリへの出品方法の中で、出品前の段階となりますが、口座を用意する、ということをしておきましょう。

メルカリで売り上げが出ると、購入者から支払われたお金はメルカリ内で自分の所持金となります。

メルカリないですから、それはその中での買い物にしか使うことができません。

もちろん、売上金を全てそのままメルカリでの買い物に利用したい、という場合、必ずしも口座を用意する必要はありませんが、口座を用意しておくことで、売上金がメルカリ以外でも使える収益と成ります。

ですから、口座を用意し、登録しておくことをお勧めします。

 

具体的にはどう用意すればいいの?

では、具体的に、どのように口座を用意すれば良いのか、説明していきたいと思います。

 

・まずは口座を用意!

メルカリの口座、と言っても、メルカリ専用の口座というのを用意する必要はありません。

普段から使っている口座でも構いません。

持っていない方は、簡単に口座を作れるゆうちょ銀行でも構いません、郵便局へ作りに行っておきましょう。

 

・用意したら登録しよう!

口座ができたら、メルカリの「設定」画面の「売上・振込申請」項目から、「振込申請して現金を受け取る」へ進み、銀行口座の情報を入力しましょう。

これで、口座の登録の完了です。

 

・口座を登録する時の注意点

口座登録を間違えてしまうと、手数料が取られてしまいます。



スポンサードリンク


宛先口座不明となった場合、お金は戻されますが、その際、振込手数料の210円は差し引かれたまま、再び手数料210円を払って振込申請をしなければならなくなってしまいます。

間違った口座へと振り込まれてしまった場合、組戻しをしなければならず、手数料210円に加えて組戻し手数料630円、合計840円が差し引かれてしまい、さらに再度振込手数料210円

を支払うことになり、合計1050円も差し引かれてしまいます。

このように、口座登録を誤ってしまうと、せっかくの売上金から大きく代金が差し引かれ、大変な損をしてしまうことになるので、十分注意して登録するようにしましょう。

 

実際に口座に振り込まれると

出品方法のうちの口座の準備に関する説明は以上になりますが、ここで、実際に口座に振り込まれた時の体験を書かせていただきたいと思います。

 

・何と言っても、お金が振り込まれると嬉しい!

アルバイトなどの給料が自分の銀行口座に振り込まれると、達成感などの喜びがありますよね?

メルカリの売上金も同様に、そう言った喜びがあります。

私の場合、普段の生活用の口座と、自分が自由に使える口座を分けていて、こう言った売上などは自由に使える方に振り込むようにしています。

メルカリで、例えば自作の家具などが売れてそれが実際に収益として振り込まれた時、本当に達成感を感じることができます。

 

・持ち物の整理もできて、さらにお小遣いも!

メルカリに出品する商品は、要らなくなったもの、という場合も多くあります。

そんな商品を出品することで、家の持ち物が整理できるだけでなく、口座への振込が完了した時にはその不要なものが収益に変わる、というようなことを体感することができます。

 

このように、口座を用意することで、便利なだけではなく、喜びも味わうことができました。

 

早速口座の登録を!

いかがでしたか?

口座というと、少々面倒に感じてしまう人もいるかもしれません。

しかし、実際は、上記のようにとても簡単。

早速、メルカリでの口座を用意して、さらに楽しくメルカリを利用できるようにしましょう!

このサイトではメルカリについての最新情報は随時更新していくのでブックマークよろしくお願いします。



スポンサードリンク