メルカリへの出品のコツ 値下げするときは…?

メルカリで、一度出品したのに売れない、または購入者からの値下げ交渉、そんな時に値下げをするということがあります。しかし、タイミングや交渉方法などを考えずに値下げしてしまうと、損をしたり意味がなかったり。それを防ぐため、今回はメルカリで出品後に値下げするときのコツを説明していきたいと思います。



スポンサードリンク


売れなくて値下げする場合

メルカリに一度出品したけれど、「いいね」はつくが一向に売れない…こういった場合は、値下げによって、その「いいね」をつけていた人たちが購入する、ということがあります。

そんな時のコツは、ただ値下げするのではなく、「期間限定!〇〇月まで!」等の記載をすることで、より購入してもらえる確率が高くなります。

どこまで値下げするか、というのは、その商品の状態であったりしますが、こういった記載により、買うなら今がチャンスだ、と思わせることができ、ほんの少しの値下げでも売れやすくなるのです。

 

値下げ交渉をしてきた時は?

次に、購入者が値下げ交渉をしてきた場合のやり取りのコツを考えてみましょう。

メルカリでの購入者は、より安い値段で自分の欲しいものを手に入れようと、コメント欄に値下げの要望を出してくることが多々あります。

それに快く応じていたら確かにすぐに買い手がつくでしょう。しかし、自分の許容範囲を超えた値下げ交渉にも応じていたら、売る度に損をしてしまいます。

かといって全く応じなければ、購入者が購入を諦めてしまい、せっかく目をつけてもらえたのに買い手のつく機会を逃してしまう事もあります。

ですから、値下げの許容範囲、というのを自分で設定しておきましょう。

そしてそれを明らかに超えた無茶な値下げ交渉の場合は、「コメントありがとうございます。申し訳ございませんが、〇〇円までの値下げには応じ兼ねます。〇〇円まででしたら可能ですがいかかでしょうか。」などと、丁寧に断り、更に可能金額を提示する、といった対応をしましょう。



スポンサードリンク


 

・どうしてもすぐに売りたい商品の場合

例えば、サイズが合わなくなってしまった服や、置いておいても邪魔になってしまう機械、などといった、ただ捨ててしまうよりも少しでもお金になったら幸い、と考えている商品、こちらは、元の値段の5〜6割程度までならば応じても良いでしょう。

ですが、高額で出品している商品の場合、5〜6割というと値段にして大きな額になってしまいます。そう言った場合は、臨機応変に、8割程度にするなど、自身の気持ちとも相談しながら考えるようにしましょう。

 

・需要のある商品

これは、一般的に人気のある商品、自分も手に入れるのに苦労した商品などです。

この場合、多くても元の値段の8〜9割程度までにしておきましょう。

人気の商品の場合、他の人に先に買われてしまうのを防ぐため、「即購入禁止」「購入前コメント必須」などと記載のある商品でない限り、値下げ交渉をしている間に買い手がつく可能性が高くなります。

ですから、「いいね」がたくさん付いている時や、他の通販サイトなどでも売り切れとなっていることが多いような商品を出品した場合、10000円の商品であったら多くても1000円程度にし、「お気持ち程度ですが1000円の値下げならば可能です。」等の対応をしましょう。

 

値下げ交渉で値下げしたら、専用ページを!

値下げ交渉での値下げに応じ、その人が購入するということを言ってきたら、すぐに専用ページを作るようにしましょう。

そうしないと、値下げしたからと言って別の人が購入してしまったり、その人がやはり買わない、となってしまったりして再び値段を戻す、ということをせざるをえなくなってしまいます。

ですから、購入を約束するためにも、その人の専用ページというのを別に作るようにしましょう。

 

まとめ

このように、メルカリで出品後に値下げする時には幾つかのコツがあります。

もちろん、ここに書いたことが全てではありませんが、値下げをする時は必ず、何も考えずに適当に値下げしてしまうのではなく、しっかりと利益も考えた上で値下げを行うようにしましょう。

このサイトではメルカリについての最新情報は随時更新していくのでブックマークよろしくお願いします。



スポンサードリンク