SNOW(スノー)アプリの使い方ラインと連携して使う方法

たくさんの顔認証スタンプで遊べるSNOW(スノー)アプリ。せっかく使い方も覚えたし良い写真や動画が撮れたら友達にも見せたいですよね。SNOW(スノー)アプリではラインと連携させてその中の友達と写真や動画をシェアする使い方もできます。今回はラインと連携して楽しむ方法を説明します。



スポンサードリンク


SNOW(スノー)アプリをラインと連携する方法

ラインと連携する方法は、2つあります。1つ目はSNOW(スノー)アプリをダウンロードしたばかりの初期状態からラインIDを利用して登録する連携方法です。

この画面のラインでログインを選択します。すると認証画面に切り替わるのでここで説明をよく読み理解したら同意するを選択します。

これでSNOW(スノー)アプリへの登録とラインとの連携は完了になります。この方法ですと登録も連携も1つでできて色々な情報をわざわざ入力せずに済みますので、ラインと連携させてSNOW(スノー)アプリを使おうと考えている方はこのやり方をオススメします。

2つ目は、先にメールアドレスなどで登録していて後から連携させる方法です。もともとSNOW(スノー)アプリをライン以外で登録して利用していたけれど、ラインと連携させて友達とシェアしたいなという方はこちらの方法で連携できます。

まず、設定ページの「連携されたアカウント」という項目をタップしてページを開きます。

このページにある「LINE」をオンにすると、ラインが開き認証画面に移りますので、後は上記の1つ目の方法と同じように操作してください。これでラインと連携完了です。



スポンサードリンク


連携できているか確認するのには、撮影画面左下のストーリーのページに移るとラインの名前で友達が追加されているので連携できていることがわかります。ただし友達がSNOW(スノー)アプリとラインを連携させていなければSNOW(スノー)アプリの友達リストには入りませんので注意です。

ラインの友達へ送る

ラインの連携ができたら撮影した写真や動画を友達へ送ってみましょう。写真や動画を撮影すると右下に右矢印のマークが出てきます。

ここをタップすると友達へ送るページが開きますので、この画面のラインのマークをタップします。

するとメッセージや送信者を入力する小窓が出てきますので、ここに送りたいメッセージを入力し、送信する人を選択したら右上の送信をタップして送信完了です。

この方法を使えば一発で画像込のメッセージを送ることができるので、ラインを開いて保存した画像を送ってメッセージを送るという手間が省けてとても楽です。しかしここで送る相手を間違えるという可能性もあるので、送信者の選択は慎重に行い、送信前に再度確認するようにしましょう。

この方法は、もし送りたい相手がSNOW(スノー)アプリとラインの連携をしていなくても、SNOW(スノー)アプリから直接送信することができるので、ラインの友達リストに入っていれば誰にでもシェアすることができますし、グループラインへの送信も可能です。しかし、複数の個人へ一度に送信することはできないのでこれも注意です。

まとめ

SNOW(スノー)アプリとラインを連携させるともっと使い方が広がり撮って楽しむだけじゃなく、送って楽しむ事もできるので、この便利な機能をたくさん利用してSNOW(スノー)アプリを楽しみましょう。

SNOW(スノー)についての最新情報は随時更新していくのでブックマークよろしくお願いします。



スポンサードリンク