SNOW(スノー)盛れる撮り方

どうせ写真を撮るならアルバムに残るし、見返す時にガックリしない為にも盛れるように撮影したいと思う方もいると思います。SNOW(スノー)で盛れる撮り方の方法はたくさんありますし、とても簡単なので今回はSNOW(スノー)で色んな盛れる撮り方を説明したいと思います。自分の好みに合わせて撮影してみましょう。



スポンサードリンク


エフェクトで盛る撮り方

SNOW(スノー)といえば顔認証スタンプではありますが、みなさん、SNOW(スノー)を初めてダウンロードして画面に自分の顔を写した時「私こんなにきれいだったかな?」なんて白雪姫のようなシンデレラのような気持ちになってテンション上がった方もいるのではないでしょうか。

夢を崩すような話ではありますが、それはエフェクトが設定されていたからかもしれません。私もダウンロードして初めて顔を写した時、あれ?なんか綺麗になってない?と驚きました。SNOW(スノー)のエフェクトには肌をきれいに整えてくれるものが豊富です。面白い加工のエフェクトもあるので色々試してみましょう。

エフェクトの設定方法

エフェクトの設定方法を説明します。まず、SNOW(スノー)のアプリを開くと、撮影画面になっています。この撮影画面のシャッターの上にある3つのメニューから右のマークをタップします。

するとすぐにエフェクトを選択できる画面が下に出ているので好きなものを選びましょう。何も加工されていないエフェクトは一番左端の「Origin」です。

エフェクトによって写真の雰囲気も変えられるので、メルヘンに盛ってみたり、クールに盛ってみたり色々な雰囲気を試してみましょう。

顔認証スタンプで盛る撮り方

さて、SNOW(スノー)と言えば顔認証スタンプですよね。顔認証スタンプはどれを選んでも盛れます。盛るためにあると言っても過言ではないでしょう。その顔認証スタンプの中から種類ごと盛れるスタンプを紹介します。



スポンサードリンク


1・どうぶつのかわいい系
SNOW(スノー)といえば、あの犬やくまの顔認証スタンプをよく見かけるのではないでしょうか。他にも動物のかわいい系のスタンプがいくつかあります。

うさぎやねこですもの。かわいくないはずがありません。盛れます。特にこの2種類はかわいく撮れそうです。ねずみも髭がチャーミング。

2・動物以外の可愛い系
かわいいのは動物だけじゃない!季節に合わせたスタンプや食べ物のスタンプなど可愛く盛れる顔認証スタンプもいっぱいあります。

ドーナツ頭に乗せるなんて写真じゃなきゃできません。

3・クール系
かわいく盛るのに飽きたら次はクールにキメてみましょう。普段かわいい系でもクールにするとまた違う写真が撮れるでしょう。

私はこのきつねが一番好きです。アニメのキャラクターみたいに盛れるかもしれませんね。

4・すっぴんでも盛れる系
今日はすっぴんだけど盛りたいのに化粧するのはめんどうと思う方にはこちらがおすすめ。

このスタンプは眉毛までメイクしてくれるので、前髪がある方は前髪を上げて撮影するのが綺麗に盛れるポイントです。

まとめ

他にも面白系の顔認証スタンプもあります。写真で盛れば気分もあがりますよね。ぜひ友達や家族、一人でもSNOW(スノー)の盛れる撮り方を楽しんでみてください。



スポンサードリンク