メルカリの出品をキャンセルする理由について

メルカリで商品を出品していると、取引や商品の出品自体をキャンセルする、もしくは購入者からのキャンセルの依頼があるということがあると思います。では、メルカリにおいて、そんな時にキャンセルしなければならない理由とはどのようなものなのでしょうか?



スポンサードリンク


メルカリでキャンセルするには?

メルカリにおいてキャンセルというのは、簡単にできるものなのでしょうか?

手続き自体は、キャンセルフォームに入力する、という至って単純なものです。

特に、出品自体のキャンセルの場合、メルカリのメニューから商品の削除を行うだけなので、購入者とのやりとりもなく、簡単に行えます。

しかし、取引開始後にキャンセルする、ということは、購入者とのやりとりをした上で、支払いをしないようにと言う、もしくは発送しない、といったことを行うことが必要となり、商品自体の削除に比べて、時間も手間もかかってしまいます。

その上、基本的に理由なしにはできません。理由があったとしても、購入者とのやりとりを丁寧に行わないと、購入者からメルカリ事務局への悪質な取引であるという報告をされてしまい、不利になってしまいます。

では、どのような理由ならばキャンセル可能なのでしょうか?
また、購入者からキャンセルを申し出られるのには、どう言った理由があるのでしょうか?

 

出品者側からのキャンセルの理由

先述のように、メルカリでのキャンセルには理由が必要です。出品者がキャンセルするのにはどう言った理由があるのでしょうか?

 

取引開始前のキャンセル

これは、出品して、その商品の出品自体をキャンセル、つまり出品商品の削除をする場合です。

こちらは、買うことを決めている購入者もいないので、特に理由は必要ありません。気分が変わった、他の通販サイトで売れてしまった、など理由は様々ですが、手続きに理由は必要ありません。



スポンサードリンク


単に商品を削除するだけで完了です。

しかし、これを繰り返しすぎると、ペナルティとなる場合も有りえますので、キャンセルのしすぎには注意してくださいね。

 

取引開始後のキャンセル

これは、購入者が購入を決定し、購入の取引が開始されてからのキャンセルです。

この場合、購入者とのやりとりも必要になるので、理由なしに、というわけにはいきません。

理由としては、以下のようなものがあげられます。

・他のサイトで同時に売れてしまった

・購入者からの支払いが期日内に完了していない

・商品が破損、もしくは紛失してしまい、売れる状況ではなくなってしまった

これらの理由であれば、キャンセルするのもやむをえない状況といえるでしょう。

 

購入者側からのキャンセル

出品者側からキャンセルする理由を説明したところで、次に、購入者側からキャンセルを申し出る理由について説明していきたいと思います。

メルカリで商品を購入すると、取引に入りますが、購入者が期日内(三日)に支払いを済ませなければ、出品者の画面にキャンセルボタンが表示され、キャンセルをすることができるようになります。

一般的に、このような状況になるまでには、購入者側からのキャンセルの希望が提示されます。

この理由には、以下のようなことが挙げられます。

・気分が変わってしまった

・他の通販サイトで、より良い条件の商品が見つかった

・何らかの支払いが期日を大幅に遅れてしまう

これらの理由をもって、キャンセルとなる可能性があります。

 

まとめ

上記のように、理由なくしてキャンセル、ということは、今後の評価やペナルティにも関わるので、避けた方が良いでしょう。

また、キャンセルしてその取引が無効になる、つまり評価が下されないからといって、雑なやりとりをすることは、メルカリへの報告をされてしまう危険もあるため、気をつけましょう。

メルカリについての最新情報は随時更新していくのでブックマークよろしくお願いします。



スポンサードリンク