メンタリストシーズン6動画配信無料【hulu】

メンタリストシーズン6の動画配信情報を紹介します。メンタリストシーズン6は【hulu(フールー)】なら無料で視聴することが可能なのでぜひ参考にしてください。

いままでのメンタリストの各シーズンのなかでも、今回は最も重要な展開が待っています。

メンタリストシーズン6の動画配信を無料で視聴する方法

メンタリストシーズン6の動画配信が無料で視聴できると聞いてちょっと怪しいと思ったかもしれませんね。

ただ今回紹介するのは、もちろん怪しげな方法ではなく簡単で多くの人が実践している方法です。

hulu(フールー)でメンタリストシーズン6の動画配信を無料で視聴するには、初回登録の2週間無料キャンペーンを活用するんです。

hulu(フールー)では新規会員獲得のために2週間無料のキャンペーンを実施中です。この期間なら無料でhulu(フールー)の動画が見放題になるんです。

簡単な方法ですが2週間もあればメンタリストのシーズン6を十分に楽しめるはずです。

[PR]

⇨メンタリストシーズン6の動画を視聴する

※紹介している作品は、17年4月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。

メンタリストシーズン6の動画配信「レッドジョンの正体」


メンタリストの全シーズンを通して追ってきたレッドジョンの正体が、シーズン6でついに明らかになります。ジェーンが絞り込んだ7名の候補者たちはレッドジョンに言い当てられてしまいましたが、この候補者たちの中の誰かがレッドジョンであることは間違いありませんでした。

メンタリストシーズン6の動画配信であきらかになるレッドジョンの正体について一部ネタバレにつながる表現がありますのでご注意ください。

メンタリストシーズン6 レッドジョンの手掛かり

メンタリストシーズン6では、7人の候補者たちと次々に接触します。しかもちょっと違和感を感じる形でなので、全員が怪しいです。そして彼らも普段は普通の人間として生活しているはずなので、精神科医ソフィの診察記録から得た情報も結果的には大して役に立ちませんでした。

第5話にて、レッドジョンの身体的特徴が明らかになります。そしてジェーンも「有力な情報」として、間もなく積極的な行動に出ました。しかし、(期待通り?)簡単にはレッドジョンの正体を暴くことができません。ここからは第7話のジェーンの「誰も信じるな」の一言に尽きます。

メンタリストシーズン6 レッドジョン

それぞれの候補者たちの言動行動に一々混乱させられましたが、メンタリストのシーズン6第8話でついにレッドジョンの正体が判明します。

  • ブレット・スタイルズ(ビジュアライズ指導者)
  • ゲイル・バートラム(CBI局長)
  • レイ・ハフナー(元CBI捜査官)
  • リード・スミス(FBI特別捜査官)
  • ボブ・カークランド(国土安全保障省捜査官)
  • トーマス・マカリスター(ナパ郡保安官)
  • ブレット・パートリッジ(鑑識官)

レッドジョンは指示を出すだけで、必ずしも自ら手を下すことをしなくてもよい地位にいることから、候補者それぞれの年齢も身体能力も関係ありません。互いに似通っている部分というのもないので、グループわけもできずただただ全員が怪しかったです。

大抵の映画やドラマなどで描かれる猟奇的殺人者は、極端なビジュアルであったり妙な癖があったりしますが、上記7人の候補者は個性的ではあるものの一見普通の人たちです。私はまんまと情報に踊らされてしまったので、予想した人物は早い段階でレッドジョンに始末されてしまいました。

始末、と書いた通り、シーズン6でもレッドジョンは不要な者や邪魔な者を容赦なく殺害していきます。猟奇殺人を繰り返してきた彼はそのわりに、自分の生には執着する人間臭い一面を持っていました。自分の死さえも喜びに昇華してしまうほどの異常者ではなかったようです。

ちなみに、そんなレッドジョンにも苦手な物がありました。ジェーンはそれを利用してピンチを切り抜けるのですが、そのためには事前に準備している必要がありました。決着をつけに行く前、リズボンに罠だと警告されたあの時にはきっと既にレッドジョンの本当の正体がわかっていたのでしょうね。

ジェーンからは「反社会的な変質者」と言われてしまう彼ですが、それでも自分の身が危うくなるとそれこそごく普通の人間の反応を見せます。レッドジョンにしては少し無様で残念に感じてしまったシーンでした。でももしこれが後のジェーンを苦しめるための演技だったとしたら―。

「多くの人間の命を左右してきた」と言ってみたり、合言葉に「虎よ、虎よ」を使ってみたりと、レッドジョンはまるで自分を神のように思っている様子です。でもそんな彼だからこそ、それくらい強烈なキャラクターであってほしいものですね。

メンタリストシーズン6の動画配信「ジェーンとリズボンの関係は?」


メンタリストシーズン6ではひっつきそうでひっつかなかったジェーンとリズボンの関係にも変化が訪れます。

メンタリストシーズン6の動画配信で展開されるジェーンとリズボンの関係を解説していきます。

メンタリストシーズン6でのジェーンとリズボンの関係について一部ネタバレにつながる表現がありますのでご注意ください。

メンタリストシーズン6でCBI社内規定の変更

シーズン6第2話にて、社内恋愛および結婚が可能になったことが明らかになります。リグスビーとヴァンペルトが結ばれましたが、これはジェーンとリズボンの今後の関係発展への伏線か?と思いきや、CBIは解散、そしてジェーンは再び姿を消してしまいました。

メンタリストシーズン6でのジェーンとリズボンの再会

ジェーンとリズボンは2年間も離れていて、一度も会っていません。送られてきた手紙を大事そうにしているなど、やはりジェーンはリズボンにとって特別な存在であることが分かります。ただし再会時にはハグだけだったので、手紙の内容は愛をささやくものではなかったようです。

再会後間もなく姿を消すなど、リズボンは早速振り回され怒りをぶつけます。それでもジェーンは、何を根拠にそう思うのか、リズボンが自分と一緒に仕事をすることを断らない自信がありました。この時の様子からは、ジェーンにとってリズボンは恋人というよりまるで保護者のように感じました。

リズボンはアボットや同僚からジェーンとの関係を問われますが、都度否定しています。シーズン6ではこの話題がたびたび上がります。そして第12話では、ジェーンがリズボンのデートの予定をあからさまに気にするなど、このあたりから今後の二人の関係が変わりそうな予感がしてきました。

ちなみに、周囲のほとんどがジェーンとリズボンの二人を恋愛関係にあるとみている中、チョウだけは二人は姉弟のような関係――と思っていたそうです。アボットだけでなく観ているこちらまでも驚きですが、そういう目で見ていたのかと思うと少し面白いですね。

メンタリストシーズン6でのマーカス・パイクの登場

第16話にてFBI美術品部隊のマーカス・パイクの登場が、大きな変化をもたらします。パイクはリズボンに好意を寄せ、積極的にアプローチを始めました。そしてリズボンも彼にこたえ、デートを重ねます。どんどん親密になる二人に、ジェーンは平静を装いつつも動揺を隠せません。

ジェーンはデートの邪魔をしてみたり、子供っぽい小さな嫌がらせをします。女性であっても、はっきり言われないと相手の本心なんてわかりません。ジェーンももう自分自身の気持ちに気付いているはずなのに、「君が幸せなら」なんてどこまでずるいのでしょうか。

パイクがDCに行くことになり、リズボンを誘います。そして少し早い展開で驚きましたが、パイクはリズボンにプロポーズし、リズボンも彼の求婚に応えました。いつも飄々としているジェーンが焦っていく様子は、見ているこちらもドキドキしてきます。

メンタリストシーズン6のジェーンの告白

自分の気持ちを伝えるべく、ジェーンはサイレン付きの車を借りて空港へと急ぎます。途中捻挫をしてしまうなど、彼にとっては大胆な行動にもでています。そして離陸直前なんとか間に合ったジェーンはリズボンに、「君にもう会えないなんて想像できない」と自分の気持ちを伝えます。でもリズボンから帰ってきたのは「もう遅い」との答えでした。

ジェーンは、やっとリズボンに本当の気持ちを伝えることができました。もし自分があの状況に居合わせたら、隣席の女性の言うようにリズボンをうらやむかどうかはわかりませんが、そんな告白を受けてもリズボンはやはりパイクの元へ行ってしまうのでしょうか?

メンタリストシーズン6は、ジェーンとリズボンの二人のシーンで幕を閉じます。どんな結末が訪れたのかは、本編でご確認ください。

hulu(フールー)でメンタリストシーズン6の動画配信を無料で視聴するには、初回登録の2週間無料キャンペーンを活用しましょう。

hulu(フールー)では新規会員獲得のために2週間無料のキャンペーンを実施中です。この期間なら無料でhulu(フールー)の動画が見放題になるんです。

簡単な方法ですが2週間もあればメンタリストのシーズン6は十分に楽しめるはずです。

[PR]

⇨メンタリストシーズン6の動画を視聴する

※紹介している作品は、17年4月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。

メンタリストシーズン6の動画配信「リグスビー」

メンタリストのシーズン6はリグスビーについても大事なシーズンとなりました。

メンタリストシーズン6の動画配信でのリグスビーについて解説します。

メンタリストシーズン6のレッドジョン戦までは活躍

メンタリストシーズン6ではちょうと中盤でおおきな山場があります。レッドジョンとの最終決戦です。ここまではリグスビーは今までのシーズン通りにジェーンのチームの一員としてしっかりと活躍してくれます。

リズボンとジェーンのコンビもいいんですけど、チョウとリグスビーのコンビはやっぱりいいですね。私は個人的にはチョウよりもリグスビーが好きです、なごませてくれるキャラでメンタリストではいつもいい存在感でした。

レッドジョンとの戦いが終わってジェーンが姿を消すまでは、長年のチームとして団結してレッドジョンを追い詰めます。思えばシーズン1くらいではまだまだジェーンの無茶につきあいきれないといったリグスビーでしたが、シーズン6くらいになるとジェーンの影響かけっこうな無茶をしてまでジェーンをサポートします。

メンタリストシーズン6のFBI編では被害者

メンタリストシーズン6のリグスビーは後半では立ち位置が全然変わってしまいます。

ジェーンが姿を消してからの2年間でヴァンペルトと会社を作ってちょっとした成功者みたいになっています。こうなると毎回危険だらけのジェーンやリズボンのチームの一員としてはついていけなくなっちゃいますよね。

残念ながらチョウとのコンビも解散です。リグスビーは警備会社経営でチョウはFBIです。

経営者っぽい感じはないので意外な転身ですが仕事がうまくいってよかったですね。ずっと捜査官をやると思っていましたが本人が幸せそうなんでいいんじゃないかなって思いました。

ただ、そこへ捜査官時代の因縁で昔捕まえた犯罪者に旧リズボンチームが狙われるという事件が発生します。メンタリストシーズン6の後半部分の最重要事件です。

そこで恋人のヴァンペルトをさらわれて怒ったリグスビーはいったん捜査に復帰します。捜査協力という形ですがFBIにてかつてのジェーンやリズボンやチョウやリグスビーの懐かしいチームが復活します。これにはファンとしては胸熱です。

当然復活したチームで一気に事件は解決。リグスビーはブランクからか死にかけましたがやっぱりいいチームですね。

ただここでリグスビーとヴァンペルトは捜査官への復帰を打診されますがことわって民間人として生きることを決断します。リグスビーにとってはヴァンペルトが危険な目にあったので、そこを重視しての決断だったのかと思います。

2人には幸せになってほしいところですね。

ヴァンペルトとの関係は?

ヴァンペルトとリグスビーの関係はその後どうなるのでしょうか。シーズン7をみている途中なのですがファイナルシーズンではほとんど出番がないんですかね。

ヴァンペルトとリグスビーが恋人になった時には驚いたのを覚えています。まさかくっつくとは!って思ってました。

最後まで片思いに終わるかと思っていたのですが、アメリカのドラマはそこらへんガンガンひっつける流れなのかもしれませんね。日本のドラマだと最後まで片思いパターンでしょう。

その後も離れたりくっついたりのヴァンペルトとリグスビーですが、2人の仲も経営する会社もうまくいってほしいとおもわずにはいられません。幸せになってほしいキャラです。

リグスビーの役者さん

リグスビーの役者さんはオウェイン・イオマンという名前です。イギリスの人なんですね。

代表作はなんといってもメンタリストの各シーズンなので、それ以外には目立った作品がないんですよね。

もう38才ということで、さらなるブレイクをしてほしいところです。

メンタリストシーズン6のリグスビー捜査官についてまとめました。私としてはなかなか好きなキャラでした。

メンタリストシーズン6の動画配信「8話について」


メンタリストシーズン6の動画配信で一番大事なのは8話ではないかと思います。

ここではそのメンタリストシーズン6の第8話のあらすじと感想を紹介しています。途中ネタバレにつながる表現がありますのでご注意ください。

メンタリストシーズン6の8話はかなり重要な展開となりました。

メンタリストシーズン6 8話のあらすじ

CBIは閉鎖され、チームも解散。リズボンら職員もFBIから疑われ事情聴取を受けることになりました。そんな中、ジェーンの元に逃走中のバートラムから電話連絡が入ります。FBIのアボットがジェーンの部屋に駆け付けた時、彼の姿はもうありませんでした。そしてジェーンには間もなく逮捕状が出され、FBIから追われることとなります。

バートラムからジェーンのもとへ再び連絡が入ります。待ち合わせ場所としてアレクサンドリア墓地を指定し、ジェーンはバートラムと会う約束をします。罠だとリズボンは止めますが、ジェーンはリズボンから銃を借りて待ち合わせ場所へと急ぎます。ところが間もなくFBIの追手が到着し、ジェーンは足止めをくらっていまいます。

リズボン、チョウ、リグスビー、ヴァンペルトが現れ、アボットにジェーンを解放しろと詰め寄ります。ジェーンはリズボンの車でバートラムとの待ち合わせ場所に向かうことになりますが、アボットはあくまでも余裕の表情を見せます。実はリズボンの車には追跡装置がついていたのです。そしてFBIにはむかったリズボンたちはFBIに逮捕されてしまいました。

FBIの追跡に気付いたジェーンは、途中で通りすがりの男性の車で送ってもらいアレクサンドリア墓地に到着しました。この墓地にはジェーンの死んだ妻と娘が眠っています。
待ち合わせ場所の礼拝堂に入ろうとしたその時、コルデロに銃口を向けられ、持っていた銃を取られてしまいます。

礼拝堂の中でバートラムと対峙。ここでバートラムはジェーンに、自分はレッドジョンではないと告白します。自分はブレイク結社の下っ端にすぎないと。レッドジョンは大幹部であるとも。リズボンの言った通り、これはジェーンをおびき出すためのレッドジョンの罠だったのでしょうか。

バートラムの指示のもと、コルデロがジェーンに銃口を向けます。そして…

メンタリストシーズン6 8話の感想

ジェーンはついにレッドジョンにたどり着いたわけですが、8話ということはまだまだシーズン中盤なので、本当にこの人なの?というのが素直な感想です。でもラストシーンをアレクサンドリア墓地にセットしている時点で、これで本当に決着がついたということなのでしょうか。

メンタリストシーズン6の動画配信を無料で視聴する方法

hulu(フールー)でメンタリストシーズン6の動画配信を無料で視聴するには、初回登録の2週間無料キャンペーンを活用しましょう。

hulu(フールー)では新規会員獲得のために2週間無料のキャンペーンを実施中です。この期間なら無料でhulu(フールー)の動画が見放題になるんです。

簡単な方法ですが2週間もあればメンタリストのシーズン6を十分に楽しめるはずです。

[PR]

⇨メンタリストシーズン6の動画を視聴する

※紹介している作品は、17年4月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。