【FEH】ロイのスキルについて

「FEH」のキャラクター『ロイ』のスキルについてまとめてみました。『ロイ』は『ファイアーエムブレム 封印の剣』の主人公であり、フェレ候爵エリウッドの嫡男である。若いながらも優れた統率力で、フェレ軍の指揮官を務めた。というキャラクターです。そんな『ロイ』は「FEH」ではどんなスキルを持っていて、どんな活躍をしてくれるのでしょうか。ご紹介していきますので、是非、参考にしてみてください。



スポンサードリンク


【FEH】ロイの武器スキル

「ロイ」の武器スキルは以下の通りになります。

スキル名 威力 射程 効果
鉄の剣 6 1
鋼の剣 8 1
銀の剣 11 1
封印の剣 16 1 敵から攻撃された時、守備、魔防+2

「ロイ」のおすすめの武器スキルは、なんといっても『封印の剣』です。「ロイ」の武器スキルの中でも最も威力が強く、敵から攻撃されたときは「守備と魔防を+2強化」上昇します。この『封印の剣』を使用することで、パラメーターがさらに強化され、ステータス以上に防御が固い騎士へと強化されます。

『封印の剣』を装備することで、「ロイ」は前衛としてさらに活躍してくれることでしょう。

 

【FEH】ロイの補助スキル

「ロイ」の武器スキルは以下の通りになります。

スキル名
射程
効果
体当たり
1
対象を自分と反対方向に1マス移動させる

 

【FEH】ロイのパッシブスキル

「ロイ」のパッシブスキルは以下の通りになります。



スポンサードリンク


タイプA
スキル名 効果
相性激化1 3すくみ有利だと、さらに攻撃+10%
3すくみ不利だと、さらに攻撃−10%
相性激化2 3すくみ有利だと、さらに攻撃+15%
3すくみ不利だと、さらに攻撃−15%
相性激化3 3すくみ有利だと、さらに攻撃+20%
3すくみ不利だと、さらに攻撃−20%
タイプB
スキル名 効果
守備封じ1 戦闘後、敵の守備−3(敵の次回行動終了まで)
守備封じ2 戦闘後、敵の守備−5(敵の次回行動終了まで)
守備封じ3 戦闘後、敵の守備−7(敵の次回行動終了まで)

「守備封じ」は戦闘を行った相手の守備を大きく下げる効果を持ちます。そのため、この「守備封じ」スキルを装備し、先陣を切って敵の守りを崩したり、攻撃を受けた反撃のターンで敵を倒しやすくなったりと、役に立つが場面が多いスキルです。

また、「相性激化」は「ロイ」の属性の反対の緑属性の敵に対してとても有利になるスキルです。「相性激化」を装備することで、緑属性の強い敵キャラクターがいたとしても、この「ロイ」の「相性激化」を装備しておけばイチコロですね。

「守備封じ」を装備して相手の守りを崩してもよし、「相性激化」を装備して攻めに特化してもよし。どちらを装備しても使える場面が多い、バランスの取れた「ロイ」らしいスキルですね。

 

攻撃と守備のバランスの取れた、まさに『騎士らしい』スキル

「FEH」の「ロイ」のスキルは攻撃と守備のバランスがとてもよいです。『封印の剣』で守備を固め、『相性激化』で緑属性への切り札として使うか、『守備封じ』で相手の守りを崩すか。

どちらを装備してもどちらも使い勝手がよく、「ロイ」なら安心して敵に向かって先陣を切っていけそうですね。

この記事を参考にして、是非「FEH」の攻略の参考にしてみてください。

FEHについての最新情報は随時更新していくのでブックマークよろしくお願いします。



スポンサードリンク