【FEH】チキ固体値のまとめ

「FEH」の「チキ」の個体値についてまとめてみました。「FEH」で人気キャラクター「チキ」ですが、『個体値』という言葉があちこちで話題になっています。『個体値』とは何なのか、「チキ」のパラメーターとどう関係するのか。など、「チキ」の『個体値』についてまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。



スポンサードリンク


【FEH】固体値とは?

「FEH」には固体値というものが存在します。『固体値』とは、同じ絵柄のイラスト、レベル、レアリティのカードでも、それぞれ1つ1つのカードでパラメーターが違う個性のことを『個体値』と呼びます。

例えば、「チキ」の場合、このように違います。

 

おすすめは「速さ」のパラメーターが高い☆5の「チキ」

「FEH」では、『追撃』攻撃が発生します。発生条件は、相手と自キャラクターの速さに「-5」の差がついたときです。

「チキ」は攻撃力も高く、一見すると「速さ」など気にしないでいいように思える魅力的なキャラクターです。しかし、「チキ」の奥義は自分から攻撃する場合のみ発生する、という条件で発動します。相手から攻撃される場合には発生しないのです!

「チキ」が攻撃したとしても、一回で倒しきれない場合も多い。(ルキナ、同キャラクターなど)さらに、相手から攻撃されたとき相手との「速さ」に-5の差があると『追撃』されてしまい、攻撃しないまま倒されてしまう場合があるのです!

「FEH」では「速さ」のパラメーターが最も重要なのです。

 

「速さ」のパラメーターが高い「チキ」を見分けるには?

「チキ」☆5の最終パラメーター(Lv40)での高いパラメーター数値の「速さ」は、「33」です。

つまりは、Lv40での時点で「速さが33のチキ」を見つければいいということです!

では、「速さ33のチキ」をLv1の時点で見分ける方法をご紹介します。

Lv1ではキャラクターカードの基準値から、個体値のHP、攻撃、速さ、防御、魔防の5つの中から+1と-1が1つずつ選出され、残りの3つは基準値になります。

 

「チキ」☆5の場合(Lv.1)の基準値は…



スポンサードリンク


HP 15
攻撃 20
速さ 4
防御 8
魔防 7

 

「チキ」☆5(Lv.1)の個体値 の選出される数値は…

HP 14 15 16
攻撃 19 20 21
速さ 3 4 5
速さ 7 8 9
魔防 6 7 8

この中から、左の数値(-1)と右の数値(+1)が1つずつ選ばれて、残りは全て真ん中(基準値)が選ばれます。

つまりは、速さ33の「チキ」に成長するのは、LV.1の時点で速さが「5」のチキだということですね!

 

この上の「チキ」は「速さ5」なので、Lv40時点では「速さ33のチキ」に成長するということです!

 

速さ「33」の「チキ」が最強!

「FEH」で『追撃』攻撃できるのは、相手と自キャラクターの「速さ」に「-5」の差がついたときです。『追撃』攻撃すれば、1回で相手キャラクターを倒しきれてしまう他、相手から攻撃されても、『追撃』攻撃で相手を倒すことができます!

「FEH」では、「速さ」のパラメーターが最も重要なパラメーターと言えるでしょう。

奥義で広範囲攻撃ができる「爆火」と、周囲の仲間を回復させるパッシブスキルの「生の息吹」がどちらも広範囲に効果が及ぶ非常に役に立つスキル。また、バランスの良いステータスとスキル「金剛の一撃」で守備が最大6上昇するので、物理に対してかなり打たれ強い。

とても魅力的なキャラクター「チキ」ですが、最終パラメーターが「速さ33のチキ」だったら、もっともっと活躍してれること間違いないですね!

この記事を参考にして「FEH」のチキの『固体値』にも注目してみて下さいね。

FEHについての最新情報は随時更新していくのでブックマークよろしくお願いします。



スポンサードリンク