プロ野球バーサス打てない時の練習方法

プロ野球バーサスの試合に勝利するには、バッターを操作してヒットを打たなければなりません。

ですが、なかなかタイミングが難しく、変化球にほんろうされて打てない事もありますので、打てない時の練習例などをご紹介します。

例を参考にしてプロ野球バーサスで打てない時の攻略にお役立てください。



スポンサードリンク


プロ野球バーサスではフリック?タップ?どっちがいい?

バットを振るには、まず画面に触れてバットの照準を動かし、①指を離さないままボールが来たらフリックしてバットを振る、もしくは②一度指を離して、ボールが来たら画面をタップしてバットを振る、の2通りがあります。

色々と試していますが、①は変化球に対応しやすく、②は打つタイミングをとりやすいかなと思います。

私的には②がやりやすいです。①のほうがギリギリまで変化球に合わせて動かせますが、その分、打つタイミングが取りにくくて振り遅れてしまいます。

②であれば振り遅れは少なくなりますが、球すじを予測しておく必要はあります。それぞれ一長一短があると思いますので試してみて、打てない方はやりやすい方法をみつける練習を続けるといいでしょう。

プロ野球バーサスでの球種や球すじの見極め

バッターボックスではストライゾーンが表示されますが、ピッチャーが変化球を投じてくると、最初はストライクゾーンに来そうな球でもバッターが打つ直前でストライクゾーンを外れて打てなかったり、逆にボールになりそうな球でもストライクゾーンに入ってきて打てなかったりします。

バットの照準から大きく外れていなければ打ち返す事はできますが、球をしっかり捉えないと、なかなか打てません。ツーストライクに追い込まれていればきわどいコースでも手を出さざるを得ませんが、焦らずに打ちやすいコースを待つか、ヤマをはって照準を待機させ打ち返すなど、色々と試してみましょう。

プロ野球バーサスの練習場

【キャリアハイ初級のピッチングマシン】
ピッチングマシンはストライクゾーンのど真ん中に投げ続けてくれるのでタイミング練習に良いです。また、飛距離を伸ばすには下から打ち上げるイメージがいいので、バットの照準を中央よりわずかに下にして振ると飛距離が伸びやすいです。

あと、バッターには「強振」のボタンがあって長打を狙いやすい方法もあるので、それを試してみるのもいいでしょう。



スポンサードリンク


【初心者応援キャンペーン:バッター編】
ストレートやコース、変化球に分かれて練習ができます。試合では変化球を使ってくる事が多い為、ここでは、あえてバットを振らずに球の軌道をじっくり見て目を慣れさせたり、スライダーの軌道を予測して照準を先回りさせたりする練習をしてみましょう。

プロ野球バーサスではスマホの持ち方にもひと工夫

打てない時の対策として、スマホの持ち方の工夫もあります。例としては、もしピッチャーが失投して、ど真ん中に球がきたら、すぐに「強振」を押して長打を狙うために、左手の手のひら全体でスマホを持ち、左手の親指は「強振」ボタンが押せる位置に置いておきます。で、バットの照準と打つ動作は右手のひとさし指で行います。

まとめ

バッター操作が上手くできなくて打てない経験をされる事も多々あるかと思いますが、焦らずに球すじを見極めてから打ったり、変化球のヤマをはって照準を先回りしたりと、自分に合った方法を見つけていきましょう。

プロ野球バーサスについての最新情報は随時更新していくのでブックマークよろしくお願いします。

【追記】

プロ野球バーサスをやっていたらバーサスジュエルを大量に使って強力なチームを作りたいですよね。私も強力なチームが欲しいです、強いチームがあればもっと勝てるはずだし、今まで以上に楽しくなるはずです。

でも正直にいうと、強力なチームは作りたいけどもお金は使いたくないですよね。

そんな時に役立つ「無課金でバーサスジュエルを大量に入手する方法」がプロ野球バーサスにはあります。自腹をきって課金するのもいいんですが、無料で入手できるならもっとお得です。この方法は別ページにまとめたのでチェックしておいて下さいね。

⇨無課金でバーサスジュエルを大量に入手する方法



スポンサードリンク