僕たちがやりました第1話の動画はFOD

僕たちがやりました第1話の動画の視聴方法を解説していきます。いよいよ放送開始の「僕たちがやりました」ですが見逃した場合や再度みたい場合にぜひ活用してください。僕たちがやりました第1話の動画の視聴方法は簡単です。

目次この記事に書かれている内容は…

「僕たちがやりました」第1話の動画の視聴方法

「僕たちがやりました」第1話の動画はFODで楽しめます。このサイトはフジテレビの番組を配信している動画サイトであり、ドラマの最後に「見逃し配信はFODで」とよく宣伝されています。僕たちがやりましたも当然配信されます。この他にも沢山のドラマやバラエティが配信されているのでテレビ好きな人には最適なサイトです。

[PR]

⇨「僕たちがやりました」をいますぐ視聴する

動画投稿サイトなどにアップされている著作権無視の動画は見ている側にもリスクが高くかなり危険です。安全安心な方法でドラマは楽しんで下さい。

「僕たちがやりました」第1話のあらすじ

「僕たちがやりました」第1話の動画に期待すること

このクールで一番注目しているドラマです。一番は出演されている俳優、女優さんの豪華さです。今を彩るキャストの皆さんの共演がとても楽しみです。あとは個人的に学生ドラマがすきなので楽しみにしています。はらはらどきどきしそうな内容なのでリアルタイムで見たいと思います。(20代女性)

かなり宣伝されているドラマで、電車の中でさえ広告を見かけました。ということはかなり力を入れているのだろうと、期待しています。逃亡生活のお話ということですが、高校生の若い男の子達がどのようにして逃げるのか見ものですね。(40代女性)

主演の窪田正孝さんをはじめ、永野芽郁さん、新田真剣佑さん、間宮祥太朗さんなどといった、これからが期待される若手俳優の皆さんがたくさん出ており、また漫画の内容も忠実に再現されているのでとても楽しみです。(20代男性)

このドラマは、すごくイケメン揃いで普通の高校生がどんなことをするのか今から楽しみにしています。私はアクションが好きなので、このドラマで、役者さんが、どんなアクションをたくさん見せてくれるのか楽しみにしています。(30代女性)

窪田正孝さんの苦しむ(?)演技。窪田さんは、ただ「苦しむ」「悩む」「泣く」だけではなく、その人物の葛藤や内面まで、台詞ではない部分を全身を使って、かつリアリティを持って表現してくれる俳優さんだと思います。今回はどのような演技が見られるのか楽しみです。元ジュウオウライオンの南羽翔平さんが、今年2月の動物戦隊ジュウオウジャー最終回以来のテレビドラマ出演。番手は後ろのほうみたいですが、少しでも長く映ってほしい!と願っています。また、海賊戦隊ゴーカイジャーのゴーカイブルー役山田祐貴さんも、かなりヤバい役で出ているようなので、スーパー戦隊ファンの方にも注目してほしいです。(30代女性)

原作のアニメがとても面白いと聞いていたので、ドラマでも面白い内容になることを期待しています。また主演の窪田正孝さんの演技を上手いと思っているので、どのような熱演になるのかが楽しみです。逃亡劇なのでドキドキの内容になることを期待しています。(20代女性)

遂に、漫画が実写化される事になりましたね。私は今回期待している所は、何処まで漫画に実写化のメンバーのキャストさん達が近づいた演技が出来るか、その演技力に注目して、観てみたいと思いますし、内容も何処まで変えずに再現してるかも楽しみにしてます。(20代男性)

今を時めく俳優の方々が、たくさん出演していて気になります。特に窪田正孝さんが好きな俳優さん。高校生役期待しています!そしてストーリーは、今までにない学園ドラマとなっていて。新たな学園ドラマを観ることができそうで楽しみです!(20代女性)

逃走劇や裏切り…恋愛とバラエティーに飛んだ内容のストーリーで、原作でも喜怒哀楽というか、人間の感情が入り乱れたような内容になっているので、やはり演技という所…。セリフ回しとかだけじゃなく雰囲気や、その感情が伝わるような作品に仕上がってたら良いなと思います!(20代男性)

僕たちがやりました第1話のネタバレ

「そこそこでいい、そこそこ楽しくいきられればいい」と生きる増渕トビオ(窪田正孝)が丸山友貴(葉山奨之)と小坂秀郎(今野浩喜)と伊佐美翔(間宮祥太朗)がなぜか全力疾走で夜の街を走っています。いったいなにがあったのでしょうか。

電車のなかで女性をちら見している増渕トビオ(窪田正孝)、ぐだぐだと毎日をすごしています。丸山友貴(葉山奨之)と彼女ができて喜ぶ伊佐美翔(間宮祥太朗)と一緒にグダグダ歩いています。そこで矢波(やば)高のチンピラたちが通行人にからんでいるのを目撃します。「からまれる方が悪い」とみてみぬふりをする3人組、自分達を草食動物といって諦めていきているようです。矢波(やば)高は道路をはさんで向かいにあるのに逃げ切れるんでしょうか。

学校でも矢波(やば)高による暴力事件は話題になっていました、警察も動き出しておりかなり大きな事件になっているようです。市橋哲人(新田真剣佑)が矢波(やば)高のリーダーのようです。

学校では香水を注意される伊佐美翔(間宮祥太朗)、担任の立花菜摘(水川あさみ)から怒られて嬉しそうです。増渕トビオ(窪田正孝)が思いを寄せる蒼川蓮子(永野芽郁)は他の友人達と遊びに行く約束をしています、気になりながらも声をかけられない増渕トビオ(窪田正孝)です。

部室では新里今宵(川栄李奈)を彼女として紹介する伊佐美翔(間宮祥太朗)にいろめきたつ増渕トビオ(窪田正孝)、そこへ小坂秀郎(今野浩喜)がやってきます。みんなでトランプをしようと平和な雰囲気です。どうやら卒業生なのに学校にきているOBのようです。実家が金持ちでニートやっているらしいです。

帰りに矢波(やば)高にからまれる増渕トビオ(窪田正孝)と丸山友貴(葉山奨之)、そこに助けに入った小坂秀郎(今野浩喜)。お金で解決しようとお金を渡すパイセン、買収がうまくいって矢波(やば)高の不良達は帰っていきます。よろこぶ2人はパイセンと遊びに行きます。

矢波(やば)高に近づく警察官たち、飯室成男(三浦翔平)は余裕しゃくしゃくという感じで動きません。先輩の刑事は矢波(やば)高の不良達に相手にされずに何もできません。どうやら矢波(やば)高の不良たちは野放しのようです。大きな事件につながる予感です。

3人でボーリングで遊ぶ増渕トビオ(窪田正孝)、そこへ変な髪型になった伊佐美翔(間宮祥太朗)が加わり4人で盛り上がります。いっぽうそのころ蒼川蓮子(永野芽郁)は矢波(やば)高の不良達と夜遊び中でした、リーダーの市橋哲人(新田真剣佑)とも仲がよさそうです。

家に帰ってきた蒼川蓮子(永野芽郁)といっしょにいた市橋哲人(新田真剣佑)に偶然みつかり連れて行かれそうになる増渕トビオ(窪田正孝)。蒼川蓮子(永野芽郁)に助けてもらうことになりなんとか逃げ切ります。

学校にいくとパイセンの小坂秀郎(今野浩喜)がガチでお説教をうけます。立花菜摘(水川あさみ)にもフォローできないくらいです。学校には二度とくるなとクギをさされてしまいます。ぜんぜんひびかんといいながらおもいっきり泣いているパイセンがかわいそうです。先生からは「あいつにあるのは金だけ」と言われてるようです。

パイセンをはげますためにバッティングセンターであそぶ4人。矢波(やば)高の不良達が丸山友貴(葉山奨之)を狙っていました。増渕トビオ(窪田正孝)たちが発見した時には丸山友貴(葉山奨之)は重症をおわされていました。仲間に重症をおわされて「あいつらみんな殺そう」と激怒する増渕トビオ(窪田正孝)。

仕返しのために作戦会議をひらく4人。矢波(やば)高に爆弾をしかけて窓ガラスをわってビビらせようという作戦のようです。これが大惨事につながるんでしょうか。警察に話しかけられても秘密の計画があるので被害にあったことを隠す4人。

夜中に4人は家をこっそり抜け出します。矢波(やば)高にしのびこんでガラスをわるための爆弾を仕込もうという計画を実行にうつします。夜中に忍び込んで爆弾をしかけていきます、矢波(やば)高の不良達をビビらせることはできるのでしょうか。ただ、矢波(やば)高から出てくるところを立花菜摘(水川あさみ)にみられてしまっていました。

そして翌日しかけていた爆弾を爆発させる4人組。最初は狙い通りにガラスをわるだけでビビらせることに成功します。さらにボタンをどんどんと押していく4人、そして最後の爆弾でなぜか大爆発が起きてしまいます。炎につつまれる学校、それをみて立ち尽くす4人。いったいどうなってしまうんでしょうか。

僕たちがやりました第1話の動画「スリリングな生活の幕開け」

(20代女性の感想)

見終わってみて

原作に沿った流れで、事件が起こるまでのおバカで楽しそうな男子高校生の遊びのシーンも面白く見ることができました。ほどほどに楽しい日常が終わり、スリリングな生活の幕開けという物語のスタートにふさわしい一話でした。

感情移入しやすい主人公

窪田正孝演じる主人公です。登場人物の中で一番ノーマルな感覚を持っているところと、彼目線で物語が進んでいくので何を考えているのかよく分かり、並の男子高校生といったような感情移入しやすいキャラだからです。

爆破シーンにドキドキ

矢場高の校舎が爆破されるシーンです。原作を読んでいたのでビックリはしませんでしたが、最初は軽い爆発から始まり、取り返しのつかない大爆発が起こるシーンの少年たちの表情の移り変わりが見ていてドキドキしました。

僕たちがやりました第1話の動画「感情移入して見ていた」

(30代女性の感想)

見終わってみて

前半は喧嘩のシーンが多く、現実でニュースになるような内容があり視ていて怖かった。と同時にヤバ高生に対し非常に腹が立ち、復讐してやれと思った。ドラマに感情移入して見ていた。続きが楽しみだ。

シリアスな内容も面白くするパイセン

パイセン役の今野がいい味出してる。漫画を見たことがある主人は、今野は原作のまんまで似すぎだと言っていた。芸人である今野か原作にないサンシャイン池崎のネタをやった時は大笑いしていた。あの役があるからシリアスな内容も面白く見れる。

爆破シーンでスカッとする

ドラマを見てヤバ高生に対して腹が立ったので、主人公たちが復讐のために爆弾をしかけてそれが誤って大爆発した時はスカッとした。人が死ぬのは悲しいことだが、あそこまでの悪は死んでも仕方ないとさえ思えてしまった。

僕たちがやりました第1話の動画「凄く引き込まれました」

(20代女性の感想)

見終わってみて

最初見始めた時には、学園ドラマなのかな?と思っていました。しかし見ていくにつれ、内容が凄く大きいドラマなんだと気付きました。最後のシーンで爆弾で驚かせる程度に考えていたトビオ達が、爆弾で大爆発し死者が出るレベルの事件になったことに驚きました。

ギャップが凄い新田真剣佑さん

新田真剣佑さんが演じる、市橋哲人が好きです。矢破高校のメンバーは皆さん悪くてヤバい人達ばかりでそれが見ていて面白かったのですが、市橋哲人はその中でも態度も顔つきも本当に悪くて気になってしまいました。顔は可愛い感じなのに、ギャップが凄いなと思いました。

印象的な爆破シーン

やはり最後のシーンの、イタズラで爆弾を爆発させるハズが大爆発してしまうシーンが凄く印象に残っていて好きです。人が亡くなってしまったりした事は残念ですが、私がトビオの立場なら、もう死にたいと考えるだろうなという程の大爆発で驚きと同時に凄く引き込まれました。

僕たちがやりました第1話の動画「原作のキャラクターにぴったり」

(30代女性の感想)

見終わってみて

原作の漫画を読んでいたので話の進み方や展開はわかっていたものの、原作のキャラクターにぴったりなキャスティングやドラマならではの迫力や疾走感もあってあっという間に一話を見終えていました。主役の窪田君の演技は本当に上手で29歳とは思えなかったです。

主人公のトビオの表情が見てて面白い

私の好きなキャラはやっぱり主人公のトビオです。そこそこ楽しければいいと言っているけだるい表情と男子高校生!という感じの友達同士と楽しむ姿や、爆発が起こってしまったときの焦り、緊迫した姿、コロコロ変わる表情が見てて面白いです。

トビオの顔は怖さもありつつかっこいい

事件の発端となったシーン。友達マルがヤバ高にやられてしまってそこでトビオが「あいつら殺そう」というところ、そこそこ楽しければいい言いつつもやっぱり友情を大事にして、あのトビオの顔は怖さもありつつ、かっこいいシーンで好きです。

僕たちがやりました第1話の動画「今後の展開がきになるところ」

(50代男性の感想)

見終わってみて

設定されている状況は昔のビーバップハイスクール的な感じを受けました。しかし、このドラマはそれとは違い一方的な攻撃を受ける凡下高校の生徒があることをきっかけに仕返しに転じた際に思いがけない結果を引き起こしてしまう展開には、今の社会を写している感じがしました。その結果が本人たちの想像を超えてしまっていて、今後の展開がきになるところです。

今野浩喜さん演じるパイセン

今野浩喜さん演じるパイセンのキャラは、面白いです。学校を卒業した後に、母校に自分の状況を考えればなかなか入っていけないと思うところですが、後輩の中にも入っていけるメンタルと何かありそうなものを感じるキャラに興味を持たされます。

今の学校を表しているように感じたエピソード

パイセンがトビオたちと戯れている学校校庭で、一人の男子教師が、パイセンの素行について正当に批判したシーンは社会常識からは至極まっとうだと思いました。反面、自分の教え子に対して今の学校の教師はこんなものなのだろうと思わせるものがありました。卒業生である自分の教え子に諭すではなく批判のみの対応が今の学校を表しているように感じて面白かったです。

僕たちがやりました第1話の動画「早く次回が観たくてたまりません!」

(30代女性の感想)

見終わってみて

久々にこういったタイプのドラマが出たなと思いました。今のご時世、不良とか暴力シーンなど中々やらなくなってたので、ドキドキしながらも最後まであっという間だった感じがします。ごく普通の高校生が普通でいたいのにちょっとしたいたずらから何か大きな事に巻き込まれていきそうなあのエンディングも、早く次回が観たくてたまりません!

三浦翔平さんの怪しい刑事役が新鮮

やっぱり古田新太さん!1話では本当にちょろっとしか出てこないけれど、これから何かキーパーソンになって来るだろうあの風貌。三浦翔平さんのいつもの爽やかな感じとは正反対の、怪しい何か裏がありそうな刑事役も新鮮でした。

好きなエピソード

なんだか青春だなぁなんて懐かしさとか、あの頃のどうでもいいくだらないやりとりが面白かったです。

最後に

「僕たちがやりました」第1話の動画はFODで楽しめます。このサイトはフジテレビの番組を配信している動画サイトであり、ドラマの最後に「見逃し配信はFODで」とよく宣伝されています。僕たちがやりましたも当然配信されます。この他にも沢山のドラマやバラエティが配信されているのでテレビ好きな人には最適なサイトです。

[PR]

⇨「僕たちがやりました」をいますぐ視聴する

動画投稿サイトなどにアップされている著作権無視の動画は見ている側にもリスクが高くかなり危険です。安全安心な方法でドラマは楽しんで下さい。