僕たちがやりました第2話の動画はFOD

僕たちがやりました第2話の動画の視聴方法を解説していきます。賛否両論の1話から続く2話はどんな内容だったのでしょうか、このページで紹介する方法を使えば3分もあれば「僕たちがやりました」2話の動画を視聴することができます。いますぐにチェックしましょう。

「僕たちがやりました」第2話の動画の視聴方法

「僕たちがやりました」第2話の動画はFODで楽しめます。このサイトはフジテレビの番組を配信している動画サイトであり、ドラマなどの最後に「見逃し配信はFODで」とよく宣伝されています。僕たちがやりましたもフジテレビ系のドラマなので配信されています。他にも人気ドラマのコードブルー3やクライシスなども配信中です。ドラマが好きな人には最高なサイトです。

ネット上には著作権違反の動画がアップされたりしていますが著作権違反のものは視聴するだけでもリスクが高いです、安心できるサイトでドラマを楽しんでくださいね。

[PR]

⇨僕たちがやりましたをいますぐ視聴する

僕たちがやりました第2話のあらすじ

トビオ(窪田正孝)らが爆弾を仕掛けた矢波高校で想定外の大爆発が起き、一同は何が起きたのか分からない。そんな中、トビオは蓮子(永野芽郁)から爆発で不良のリーダー・市橋(新田真剣佑)が死んだと聞き、事態の深刻さに気付く。

ニュースで死亡者の増加を知ったトビオは、パイセン(今野浩喜)に相談。パイセンはマル(葉山奨之)と伊佐美(間宮祥太朗)も呼び、1人300万円の口止め料で「なかったことにしてほしい」と切り出す。

僕たちがやりました第2話のネタバレ

主人公のトビオ、友達のマル、パイセン、いさみの4人は、ぼこぼこにされたマルの仕返しのために、不良グループの通うヤバ高へ夜中に侵入し、爆弾を設置していました。ただ、びびらせてやろう、というただのいたずら心からです。が、事態は思わぬ展開へ。いたずら程度に準備していた爆弾は、なぜか予想外の大爆発となり、ヤバ高の生徒に怪我を負わせる大惨事になってしまう、というところから第2話は始まります。

そこそこ楽しい人生を送れればそれでいいや、と思っていたトビオの人生はここから急展開を迎えます。複数の死者がでる想定外の事態に、「自分たちのせいではない。他の誰かが仕組んだテロのせいだ」と楽観視するパイセンとマル。お金で解決しようとするパイセン。更にマルは、自分を殴った張本人が、この事故で亡くなったことをニュースで知り、ざまあみろと言わんばかりに笑っていました。

だがトビオは、自分たちのせいで事件は起こったのではないかと不安で不安で仕方ありません。そして、爆弾作りを仕切っていたパイセンにこっそりと問いただします。パイセンは違うと言い切ります。いさみも同様に、事の重大さにひとりで思い悩んでいました。

そんなとき、ヤバ高の先生の目撃証言から、犯人の似顔絵画像が公開されます。それはどこからどう見てもパイセンの姿でした。マルをぼこぼこにしたヤバ高のトップ、市橋。市橋もまた、爆破事件によって大怪我を負い、入院先の病院のベットにいました。そこで犯人の似顔絵をニュースで目撃します。市橋は、酸素マスク、包帯でぐるぐる巻きにされた姿で「あいつら、ぶっ殺してやる」と呟きます。

似顔絵を公開されたことにより、もう逃げられないと悟ったパイセンは、金持ちの特権を利用し、プーケットへ逃げようと提案しだします。物事を深く考えていないマルはこの提案にもちろん快諾。トビオは悩みます。が、パイセンが捕まるのも、その後自分たちが捕まるのも時間の問題だと感じたトビオも、これを了承します。

ただ、女性経験のないまま刑務所にいきたくないと妄想したトビオは、幼馴染のレンコに「キスしよう」と誘います。カラオケボックスでキスをするふたり。とてもいい雰囲気でした。トビオは我慢できなくなっており軽はずみな言葉を言ってしまいます。これに激怒したレンコは「トビオはそういうんじゃないと思った。まじで好きだったのに」と言いはなち部屋を出て行ってしまいます。

トビオはひどく後悔します。レンコとキスもでき、プーケット行きを決意したトビオは、家族に迷惑をかけられないと「合宿いってくる」と嘘をつき、パイセンとマルの待つ空港へと向かいます。一方、ひとりで抱え込んでいたいさみは、学校を休み、彼女の今宵からの連絡をスルーして、姿を消してしまいます。空港へついたトビオが目にしたのは、警察にとりおさえられるパイセンの姿でした。

僕たちがやりました第2話の動画「展開が気になっていた」

(20代女性の感想)

見終わってみて

前回爆発が起きてから、展開が気になっていたのですが、まさか死者まで出てくるとは思いませんでした。皆、先週はおバカばっかりやっていたので、自責の念に駆られるメンバーやら、開き直るやら、現実逃避するやら皆それぞれの反応でしたが、一様に罪の意識はちゃんとあったのでひと安心しました。

パイセンを応援したくなる

今回もパイセンの存在感は際立っていました。メンバーそれぞれに口止め料をトントンと積む姿には潔さすら感じました。モンタージュの手配が出ても、なんとか事なきを得ようとしていて、思わず悪いのに応援したくなってしまいます。

分かるな〜となるエピソード

窪田正孝くんと長野芽衣ちゃんの恋物語が好きでした。まずは、ふたりっきりで楽しくカラオケデートが成功したのに、罪の重責を感じ始めて、悔いのないようにしようとして失敗している姿、高校時代を思い出してしまい、最低なのですが、分かるな〜と思いました。

僕たちがやりました第2話の動画「心配になりました」

(30代女性の感想)

見終わってみて

大きな事件になってしまいました。主人公達の平凡な高校生活が終わりを向かえつつある、第二話でした。まだ高校生の主人公達は未成年という事で多少は罪が軽くなります。バイセンやまわりとの友情関係が危うくなってきて心配になりました。

パイセンが可哀想

やっぱりパイセンが憎めないです。先輩なのに友達がいなくて後輩達といつも絡んでいるし、困った時は全て金で解決なパイセンです。なんともおバカでいて、さみしいキャラクターが憎めないし可哀想になってきちゃいました。

唯一ほっこりしたシーン

大きな事件を起こしてしまって、精神的に主人公は追い詰められてしまいます。だけど好きな女の子と過ごす時間だけは大事にしていました。そのシーンがお気に入りです。好きな女の子と過ごすつかの間の時間の描き方が素敵で唯一ほっこりしました。

僕たちがやりました第2話の動画「怖いけれど注目」

(30代女性の感想)

見終わってみて

みんなで仲良く逃げるのかと思っていたんですが、まさかこんなにバラバラになるとは。パイセンがヤバすぎ、警察ナメすぎ、人生ナメすぎですね。似顔絵が出てて、周りであれだけ捜査されてたら空港で捕まるのは当然ですね。でもパイセンなら絶対に仲間を裏切らないと、何故か思えてしまいます。

パイセンが意外と好き

パイセンが意外と好きです。お金持ちってだけで、全くの世間知らずですね。アホすぎるし。でも根はいいヤツだと思うんです。ちょっとかわいそうなヤツだとも思います。あとは市橋が気になります。真剣佑くんが演じていますが、怖すぎてハマってますね。昏睡状態から目を覚まして犯人に気づいて、ブチ切れてました。どんな報復を考えているのか、怖いけれど注目です。

男子高校生らしくていいエピソード

トビオが蓮子にキスをするところが良かったです。ドキドキしました。そのあと「やり過ぎた、完全にやり過ぎた」と後悔しているところも面白かったです。トビオは一見まともっぽいけど、調子に乗りやすくて軽いですね。そこが男子高校生らしくていいです。

最後に

「僕たちがやりました」第2話の動画はFODで楽しめます。このサイトはフジテレビの番組を配信している動画サイトであり、ドラマなどの最後に「見逃し配信はFODで」とよく宣伝されています。僕たちがやりましたもフジテレビ系のドラマなので配信されています。他にも人気ドラマのコードブルー3やクライシスなども配信中です。ドラマが好きな人には最高なサイトです。

ネット上には著作権違反の動画がアップされたりしていますが著作権違反のものは視聴するだけでもリスクが高いです、安心できるサイトでドラマを楽しんでくださいね。

[PR]

⇨僕たちがやりましたをいますぐ視聴する