僕たちがやりました第3話の動画はFOD

僕たちがやりました第3話の動画の視聴方法を解説していきます。すこし落ち着いた感じの2話から続く今回はどんな内容だったのでしょうか、このページで紹介する方法を使えば3分もあれば「僕たちがやりました」第3話の動画を視聴することができます。いますぐにチェックしましょう。

「僕たちがやりました」第3話の動画の視聴方法

「僕たちがやりました」第3話の動画はFODで楽しめます。このサイトはフジテレビの番組を配信している動画サイトであり、ドラマなどの最後に「見逃し配信はFODで」とよく宣伝されています。僕たちがやりましたもフジテレビ系のドラマなので配信されています。他にも人気ドラマのコードブルー3やクライシスなども配信中です。ドラマが好きな人には最高なサイトです。

ネット上には著作権違反の動画がアップされたりしていますが著作権違反のものは視聴するだけでもリスクが高いです、安心できるサイトでドラマを楽しんでくださいね。

[PR]

⇨僕たちがやりました第3話をいますぐ視聴する

僕たちがやりました第3話のあらすじ

トビオ(窪田正孝)と合流する直前、パイセン(今野浩喜)が逮捕されてしまう。途方に暮れるトビオに、音信不通だったマル(葉山奨之)から連絡が。一人で生きていくつもりだったマルだが、パイセンのニュースを見て不安になったらしい。トビオとマルは行動を共にすることに。

一方、複数犯との情報を得た所轄刑事の飯室(三浦翔平)らはパイセンを問い詰める。そして大けがを負った市橋(新田真剣佑)はトビオらを捜していた。

僕たちがやりました第3話のネタバレ

海外への逃亡が失敗し、パイセン(今野浩喜)は警察に捕まってしまった。逮捕されるところを目撃していたトビオ(窪田正孝)は捕まりたくないと思う一心で、家にも帰れないし学校にも行けないのなら、もう逃げるしかないと思い立つ。空港から周囲の目を気にしながら足早に立ち去るのであった。

そんな中、TVニュースから爆破事件の犯人が凡下高校のOBであることが伝わる。トビオは警察で事情聴取を受けているパイセンが自分たち仲間のことを黙っていてくれてるのかどうかが心配事になっていた。そこに突然、非通知の電話がかかってくる。恐る恐る出た電話の相手は空港に現れなかったマル(葉山奨之)だった。マルはパイセンが捕まったニュースを見て、どうしたらいいのかわからない。怖い。はじめから海外なんて行く気がなかった。だからすっぽかしたんだと泣きながらトビオに謝る。マルがテンパって自首でもされたら困ると思ったトビオは、許してやるからとりあえず金を持って今すぐいつものカラオケ店まで来いと伝えた。

一方、爆破事件で大けがを負った矢波高校の市橋(新田真剣佑)は、仲間たちにアイツらを早く探せ、見つけてこいと鬼気迫る表情でリハビリに励んでいた。マルと合流したトビオは、俺たちはバレてない。一緒に逃げよう。2人の有り金を合わせた500万円で「死ぬまでにやりたいこと」を片っ端からやっていこうと提案する。何気なく爆破事件の話題になると、トビオは急に我に返り、現実逃避しているだけじゃないか俺たち、と自問自答する。結局、お店からも呆気なく追い出されてしまった。

警察署にて事件前日の夜にパイセンを目撃した男性が、彼の他にもあの夜誰かいたかもしれないと証言した。それを聞いていた刑事の飯室(三浦翔平)は、その男性の腕に傷があることに気づく。

久しぶりにマルと馬鹿なことをやって、やっぱり友達って大事だと笑い合いホッとしたのか、ついうたた寝をしてしまったトビオ。次に店員に呼び起こされた時には、もうマルの姿はなく「ごめん」と一言だけ書かれた1万円札が一枚テーブルの上に残されていた。よく状況が飲み込めてないトビオだったが貴重な逃亡資金200万円まで持ち逃げされたことをようやく理解し、信じていたのに・・・アイツぜってー殺す、と街中を駆けずり回ってマルを探すのであった。

トビオと連絡がつかないことを心配していた同級生で幼馴染みの蓮子(永野芽郁)は、立花先生(水川あさみ)から課題を届けて欲しいと会いに行く口実を作ってもらった。トビオの家を訪ねた蓮子だが合宿に行ったわよと母親に言われ、疑問に思うも言葉を濁しながらその場を取り繕う。夜になり、人目を避けるように凡下高校に忍び込んだトビオ。万が一の時のために300万円のうち、100万円をコッソリ隠していたのだ。さっそく見つけて安堵していた矢先、見回りをしていた立花先生と鉢合わせになる。立花先生からパイセンの似顔絵が逮捕の決め手となったこと、それは矢波高校の先生の目撃証言で作られたことを知る。さらに、何でそんな遅い時間に学校に戻ったんだろう・・・その先生?もしかしたら爆破事件と何か関係しているのかも・・・とトビオに語りかける。なぜ彼女がそこまで言うのか?それは事件前日の夜にその先生が生徒から暴力を受けたことを聞かされていたからだ。

家にも帰れず、蓮子にも会いに行けずに街を彷徨うトビオの前に、伊佐美(間宮祥太朗)の彼女である今宵ちゃん(川栄李奈)が現れる。みんなあの事件の犯人だから逃げてるの?と衝撃の一言にしどろもどろになるトビオだったが今宵ちゃんの家に招かれ、あたたかな食事とシャワーを借りて、休むことに。

その時だった。玄関のドアの鍵が開き、男が勢いよく入ってきたのである。それは事件後から全く連絡の取れなくなっていた伊佐美だったのだ。伊佐美と今宵ちゃんの熱い抱擁にたまらず、そそくさと押し入れに逃げ込んだトビオ。その後、ようやく伊佐美の話を聞くと事件の重大性に気づき、耐えきれずに自殺未遂をしたのだと言う。

マルがバックレたことを伊佐美に説明するが死の淵を彷徨ったせいなのか、どこか上の空でトビオの話は流されるばかりだった。何気なく見ていたTV報道から、プロパンガスの近くに爆弾を仕掛けていなかったことに気がついたトビオ。真犯人はパイセンを目撃した矢波高校の先生のアイツで、俺たちは犯人じゃない。俺たちでアイツが真犯人である証拠をつかむんだよ、と希望が少し見えてきたのであった。

だが、それも束の間、目の前に市橋が現れたのだ。市橋の仲間に100万円あげるから見逃してくれと懇願するトビオだが、100万円をよく見るとマルによって偽札にすり替えられていたのだ。マルに対して怒り心頭のトビオ。事件の行方・真相は?そして、トビオの運命は果たしてどうなる?

僕たちがやりました第3話の動画「逃亡劇を応援したくなる」

(20代女性の感想)

見終わってみて

マルの裏切りが驚きでした。何かやらかしそうな雰囲気でしたがまさか金を持って逃げてしまうとは。パイセンも捕まってしまいトビオも大ピンチ。本当に悪い奴らだから捕まらなくては行けないのに、逃亡劇を応援したくなってしまいます。こちらもハラハラしながら見ることが出来てとても楽しいです。

キャラがだいぶ濃くなってきた

マルのキャラがだいぶ濃くなってきたなあと思います。一番心配症でビビリに見えますが友達を裏切ったり風俗に興味をもったりと本当の意味で馬鹿なんだなあと思います。でも追い詰められた人間て本性が出るんでしょうね。人間らしくて憎めません。

こわれていく伊佐美

伊佐美かだんだんと壊れてきてしまうところが印象的でした。やはり人を殺してしまうと罪悪感に押しつぶされてしまう。もともといい人ですし所詮は高校生。頭がおかしくなってきまうんでしょうね。そこがよく分かるシーンで良かったです。

僕たちがやりました第3話の動画「少し希望が出た回」

(20代女性の感想)

見終わってみて

今週は仲間の裏切りや逃亡劇など見所満載でした。パイセンが捕まって絶体絶命かと思いましたが少し希望が出た回でしたね。もし真犯人が別にいるなら、やはりヤバ校の先生が怪しいですね。しかし真犯人を見つける前にヤバ校の連中に見つかってしまい、どうなるか続きが楽しみです。

伊佐美の彼女を好きになってしまいました

伊佐美の彼女さんが凄く魅力的でしたね。自由奔放でセクシーで、とても男心をくすぐります。寝てるシーンもトビオの気持ちになってみたら、たまらないでしょう。そして意外と苦労していて家庭的という一面も見れて、余計好きになってしまいましたね。

最後の晩餐的エピソード

マルがトビオとやりたいことリストを作って、最後の晩餐的なことをやってたのは面白かったです。あんな切羽詰まった状況でこのようなことを思いつくのは、さすが男子高校生といったところでしょうか。しかし、そこからマルのあっさりした裏切りにも笑ってしまいました。

僕たちがやりました第3話の動画「真犯人はホントは誰?」

(30代男性の感想)

見終わってみて

ヤバ高の爆破事件で行動を共にしていたパイセンが警察に逮捕され、トビオは自分も捕まるのではとビクビクしていましたが、担任からヤバ高の先生の行動が怪しいと聞きました。真犯人はホントは誰?早く真相が知りたくなりました。

好きなキャラ

好きな登場人物はトビオ、理由は平凡なそこそこの人生を歩みたかったトビオでしたが、ある日の爆破事件でそこそこの人生ではなくなり、しかも自分達が犯人で捕まるのではと毎日怯えながら生活するもエッチなことばかり考えている高校生というところが好きです。

水川あさみが頑張っている

水川あさみが演じる担任の菜摘先生がヤバ高の先生の行動が怪しいと勘ぐっているところ。自分が担任する生徒達を守るためということもありますが、真犯人を見つけるために一生懸命考えてくれているというところが好きです。

僕たちがやりました第3話の動画「マルが最悪すぎる」

(30代女性の感想)

見終わってみて

「マルが最悪すぎる」これに尽きますね。こんなヤツとは、事件が解決したとしても絶対に友達に戻れないですよ。トビオはプーケット行きで裏切られた時点でもっと警戒すべきでしたね。衝撃的な裏切りっぷりでした。まぁ、だから面白くなっていくんだとも思いますけど。

伊佐美が帰って来た

伊佐美が帰って来ました。よかったです。かなり壊れてましたが、翌日には元に戻ってたように見えました。ちょっとホッとしました。矢波高の生徒に囲まれた時でもトビオに逃げろと言える所がカッコ良かったです。マルだったら「助けて」と言って助けさせておいて、自分だけ逃げそうですね。何故か銃を持っていたのに驚きました。モデルガンだとしても、用意周到というか、こういう自体を予測していたんでしょうか。だとしたら本当にスゴイです!

裏切らないパイセン

取り調べでパイセンが裏切ってなくて嬉しかったです。分けのわからない事を言って誤魔化していましたが、いつまで持つんでしょうか。エロ詩吟が面白かったです。てか、懐かしいですね。飯室が怖くて少しピンチですが、持ち前の明るさとアホさで何とか乗り切ってほしいなと思ってます。

最後に

「僕たちがやりました」第3話の動画はFODで楽しめます。このサイトはフジテレビの番組を配信している動画サイトであり、ドラマなどの最後に「見逃し配信はFODで」とよく宣伝されています。僕たちがやりましたもフジテレビ系のドラマなので配信されています。他にも人気ドラマのコードブルー3やクライシスなども配信中です。ドラマが好きな人には最高なサイトです。

ネット上には著作権違反の動画がアップされたりしていますが著作権違反のものは視聴するだけでもリスクが高いです、安心できるサイトでドラマを楽しんでくださいね。

[PR]

⇨僕たちがやりました第3話をいますぐ視聴する