僕たちがやりました第5話の見逃し配信はFOD


僕たちがやりました第5話の見逃し配信の視聴方法を解説していきます。このページで紹介する方法を使えば3分もあれば「僕たちがやりました」第5話の見逃し配信を楽しむことができます、いますぐにチェックしましょう。

「僕たちがやりました」第5話の見逃し配信

「僕たちがやりました」第5話の見逃し配信はFODで楽しめます。このサイトはフジテレビの番組を配信している動画サイトであり、ドラマなどの最後に「見逃し配信はFODで」とよく宣伝されています。僕たちがやりましたもフジテレビ系のドラマなので配信されています。他にも人気ドラマのコードブルー3やクライシスなども配信中です。ドラマが好きな人には最高なサイトです。

ネット上には著作権違反の動画がアップされたりしていますが著作権違反のものは視聴するだけでもリスクが高いです、FODで快適にドラマを楽しんでくださいね。

[PR]

⇨僕たちがやりましたをいますぐ視聴する

僕たちがやりました第5話のあらすじ

罪の意識に苛まれながら逃亡を続けるトビオ(窪田正孝)は、ひょんなことから出会ったホームレスの男・ヤング(桐山漣)に関係を迫られ、絶体絶命のピンチに!だが、このことをきっかけに蓮子(永野芽郁)への思いに改めて気づく。

蓮子もまたトビオへの思いを募らせ、市橋(新田真剣佑)とともに毎日トビオの行方を追っていたが。

そんななか、あることにショックを受けてぼう然と街をさまよっていたトビオは、偶然、今宵(川栄李奈)に出くわす。そのまま今宵のアパートに転がり込んだトビオは、かいがいしく世話を焼く今宵のやさしさに甘え、2人きりの生活に溺れていく。

警察では、突然出頭してきた真中幹男(山本浩司)に署内が騒然となっていた。パイセン(今野浩喜)にそっくりのその男は、爆破事件の真犯人だと名乗り、犯行を自供。飯室(三浦翔平)は、背後で糸を引くある人物の存在を疑い、「誰に指示された?」と問いただすが、男は「自分がやった」と繰り返すばかり。

一方、ようやく自力で車椅子を動かせるようになった市橋は久しぶりに登校するが、不良のリーダーとして恐れられていたかつての姿は見る影もなく、矢波高生たちの態度はひょう変。仲間にまで裏切られ絶望する市橋は、蓮子の変わらない態度に励まされる。そんな折、市橋に子分扱いされていた下級生の有原正樹(吉村界人)がリーダーの座を奪おうとたくらみ、市橋と蓮子に襲いかかって

僕たちがやりました第5話「想像しなかった展開」

(30代女性の感想)
トビオがクズになってました。今宵に甘えてばかりの怠惰な生活。マルのことは責められませんね。でも途中で心配するお母さんの存在にやっと気づいてくれて、なんだかホッとしました。真犯人が出てきて無罪放免になるとは、想像しなかった展開です。これからどうなっていくのか全く想像できないので、早く続きが見たいです。

蓮子ちゃんが可愛いです。明るくて人を差別しない性格。市橋が惚れるのも無理ないです。でもあんなに優しくされると、どんなにトビオが好きって言ってても勘違いしてしまいそうですね。実は今宵よりも蓮子の方が小悪魔キャラなんでしょうか。

蓮子を矢波高の連中から助けるシーンが驚いたと共に感動しました。そういう助け方をするとは。確かに今の市橋は喧嘩では敵いませんから、考えましたね。蓮子への気持ちが本物だということでしょう。病院での「全然死なねぇな俺」というセリフがかわいかったです。

僕たちがやりました第5話「俄然、市橋君」

(30代男性の感想)
ヤバ高の生徒が、クズすぎる。逃走している三人も男として、見てられませんが、高校生と言うことと、置かれている現状を考えると仕方ないのかとは思いますが、市橋君の行動は同じ、高校生だが、別格のものと思いました。

今回の注目キャラは俄然、市橋君です。なぜならば、蓮子が危険な場面で、身動きのとれない、市橋君が、自ら、腹を刺してチンピラ共を追い払ったシーンにつきると思います。病院で意識が戻ったときの、蓮子への対応も男らしく、すばらしいと思いました。

面白かったシーンはお金を取ろうと、仲間に下剤を仕込んだ、カニ弁当を食べさせるも、見知らぬ外国人が、現れ睡眠薬入りの、お茶を飲まされ、意識を喪っている間に、お金を奪われてしまうところです。その直後に、真犯人が見つかったとなり、またもや、浮かれている姿を見て、とことんついてる奴らだなと思いました。

僕たちがやりました第5話「市橋と蓮子の急接近」

(30代女性の感想)
今回は、逃げ回っているトビオ達よりも、市橋と蓮子の急接近具合に惹き付けられました。何となく市橋の蓮子への気持ちは気付いていましたが、変わらず接してくれる蓮子のために、自らを傷付ける事すら厭わない市橋の姿に、切なさとひた向きさを感じました。

やはり、一番好きなのは蓮子です。トビオを心から心配し、トビオに逃げられても市橋の前では笑って「生きているだけで良い」等と、決してトビオを責めずにいる事。それでも、辛いことには変わりはないから、見えないところで涙して、そんな蓮子の姿は、好感意外の何者でもありません。

自らを傷つけて入院した市橋が、お婆ちゃんがお見舞いに来ていたと知り「婆ちゃん来てたんだ…」と呟くシーンが個人的には好きでした。お婆さんとの二人暮らしという家庭事情が明らかになったと共に、普段は悪ぶって強がっている市橋の、素の表情が見られた気がして、見いってしまいました。

僕たちがやりました第5話「まさか、まさかの釈放!」

(30代女性の感想)
まさか、まさかの釈放!パイセン復活が嬉しかった。今までは事件を悔やみ、喧嘩して逃亡して自暴自棄になって悔いでばかりのキャスト達が5話にて変わる!起承転結の転です!釈放された裏に隠れる人間模様も最後の最後でチラッと見れて、またまた次回への期待大!恋愛模様も気になりつつ事件の真相、人間社会や関係の裏側が高校生じゃ想像できない展開が待っている予感を漂わせてくれた5話でした。

好きなのはパイセン。もうキャラが出来上がり過ぎて見ていて気持ちいいです。声の質と顔もバッチリ合うし。ちょっとぽっちゃり型が劇中の役にピッタリだと思う。あのテンションの高さ、男の子特有のばか騒ぎを引っ張り上げるキャラクターが大好きです。見ていて一緒にばか騒ぎしている気分になれます。

パイセンが最後に「これでいいですか?つりはいらんよ」とボーリングの店員の懐にお札を入れたシーン好きです。ヒーローですね。まさに救世主として自暴自棄になっている主人公を引き戻した。その後にBMWで出発するところもカッコよすぎる。今どきの子は車に興味がないというが、やっぱり高級車に乗っている男の人はかっこいいと思えたシーンでした。

最後に

「僕たちがやりました」第5話の見逃し配信はFODで楽しめます。このサイトはフジテレビの番組を配信している動画サイトであり、ドラマなどの最後に「見逃し配信はFODで」とよく宣伝されています。僕たちがやりましたもフジテレビ系のドラマなので配信されています。他にも人気ドラマのコードブルー3やクライシスなども配信中です。ドラマが好きな人には最高なサイトです。

ネット上には著作権違反の動画がアップされたりしていますが著作権違反のものは視聴するだけでもリスクが高いです、FODで快適にドラマを楽しんでくださいね。

[PR]

⇨僕たちがやりましたをいますぐ視聴する