コードブルー3第6話の見逃し配信無料はFOD


コードブルー3第6話の見逃し配信の無料視聴方法を解説していきます。ますます目が離せない展開のコードブルー3の第6話はいったいどうなったのでしょうか、見逃した方は見逃し配信をいますぐに紹介する方法で無料でチェックしましょう。

「コードブルー3」第6話の見逃し配信無料の方法

「コードブルー3」第6話の見逃し配信はFODで無料で楽しめます。このサイトはフジテレビの番組を配信している動画サイトであり、ドラマの最後に緋山先生が「見逃し配信はFODで」とよく宣伝されています。コードブルー3も当然フジテレビのドラマなので配信されています。現状ではコードブルーのシーズン1とシーズン2も配信中なのでそちらを視聴することも可能です。前シーズンも再度みておきたい人も多いはず。コードブルーが好きな人には最高なサイトです。

またネット上には著作権違反の動画がアップされたりしていますが著作権違反のものは視聴するだけでもリスクが高いです、違法動画はぜったいにやめておきましょう。

[PR]

⇨FODでコードブルーをいますぐ視聴する

コードブルー3の第6話のあらすじ

藍沢耕作(山下智久)と新海広紀(安藤政信)により、天野奏(田鍋梨々花)の手術は無事に終わった。しかし、白石恵(新垣結衣)が新海に手術のことを聞くと、どうも歯切れが悪い。奏の両親は手術結果に納得しているらしいのだが…。一方、17歳の男子高校生が脳死判定を受けることに。それは橘啓輔(椎名桔平)の息子、優輔(歸山竜成)のもとに移植可能な心臓が来るかも知れない可能性を示唆していた。循環器内科医の井上宣顕(滝藤賢一)の指摘に、橘は期待を抱いてはいけないと自分を制する。

その頃、冷凍倉庫内で荷崩れ事故が発生。翔北救命センターにドクターヘリ出動要請が入り、藍沢と藤川一男(浅利陽介)、雪村双葉(馬場ふみか)が向かう。商品保護のため冷凍室の電源を切れないという寒さの中、藤川らは治療を開始。患者を救命センターに搬送する藤川は、灰谷俊平(成田凌)、横峯あかり(新木優子)と交代した。

灰谷たちは藍沢の指示の元、冷凍室内の負傷者のもとへ。すると治療を初めて間もなく電源が落ちてしまった。暗闇の冷凍室内に、灰谷と横峯は負傷した作業員と閉じ込められる。落雷が原因の停電で復旧には2時間ほどかかる。しかも、未だ落雷の可能性があるためドクターヘリも飛べない…。そんな中、冷凍室の外で藍沢が診ていた作業員の容体が急変。さらに冷凍室内の灰谷と横峯は、多量の出血をしているもう1人の作業員を発見。フェロー二人だけでこの事態に対処しなければならなくなる…。

コードブルー3第6話の見逃し配信「成田凌さんが成長した」

(30代女性の感想)
停電して、麻酔も使えない状況で処置をしなければならない患者を前にして、恐怖心が消せないフェローの2人は逃げ出してしまうのではないかと思っていましたが、「また病院で後悔するのか?」と言う山下智久さんの言葉で勇気を出して処置できたことで、患者さんを良い状態で病院に搬送できて、成田凌さんは自信を持てたので良かったと思います。

注目したのは椎名桔平さん医師であると同時に、心臓移植を待つ息子の親でもある椎名桔平さんの複雑な心境が、とてもよくわかりました。普段は、患者を救うために仕事をしているのに、我が子への心臓移植をするには、真逆のことを願わなければならないのは、さぞかし辛いだろうと思います。

比嘉愛未さんが、流産してしまい、無事に仕事に復帰できるかどうか心配していましたが、以前と変わらず、ちょっと辛口で、テキパキ仕事をしている様子を見て安心しました。久しぶりのヘリには、浅利陽介さんと2人で乗れたのも、見ていて嬉しくなりました。

コードブルー3第6話の見逃し配信「前向きな気持ちになりました」

(30代女性の感想)
命のありかたを見せられた気がします。どんな状況でも、助けられる命がそこにあれば、最善を尽くし助けようとする事が、大変な仕事ですが感動しました。脳死の患者さんも、臓器を提供する事により生きるような前向きな気持ちになりました。

戸田恵梨香さんが好きです。クールさを持ちながらも、新人に心で医者とはという事を教えているようなかっこよさもあり、たまにはふざけて可愛らしい一面を見せてくれるので、引き込まれてしまいます。患者さん一人一人を、しっかり診ていく真面目さも好きです。

ドキドキしましたが、停電により閉じ込められてしまった新人と、明るく元気な患者さん、命の危機にさらされている患者さんの、あの空間のシーンが良かったです。寒いなか、上着を譲る優しい彼、勇気を出して処置した彼が本当に素敵でした。

コードブルー3第6話の見逃し配信「やっぱりフライトナースは冴島さん」

(20代女性の感想)
復帰した冴島、白石と緋山が冴島の話をしているところに真顔で現れたとこが面白かったです。流産は悲しかったけど、冴島がフライトナースに復帰したのがとても嬉しかったです。もたつく雪村と変わった冴島かマスク袋を足で押すところとか、すごい!っと感心しました。やっぱりフライトナースは冴島さんがいい。皆が揃って久々に楽しかったです。

子供の臓器提供者が現れたことでやはり橘先生がとても気になった6話でした。親としては、気が気でないではすまない心持ちだっただろう。何も話さずただ、臓器摘出手術を見守っていた姿。あのときすでに心臓はほかの子の所に行くのを知っていたんだと思うと切なかったです。

緋山が好きです。脳死判定といえば、緋山です。白石の心配をよそにしっかりと事務仕事をこなす緋山をみて時間の経過を感じました。臓器摘出からその後まで付き添って、めをそらさなかった姿がとても印象的でした。昔、痛い目にあったけれど、患者や家族に寄り添う医者であり続けてくれてよかった。

コードブルー3第6話の見逃し配信「命について考えさせられる」

(20代女性の感想)
命について今まで以上に考えさせられる回でした。命が繋がっていくのは本当に奇跡で、尊いものだと思います。患者さんの期待と絶望があり、医者の成長があり、罪悪感があり、とても濃い一時間でした。医者は本当に大変な仕事ですね。

好きなのは緋山先生、白石先生、冴島さんの女子3人組です。付かず離れずでいい距離は保っているけど、本当に困っているときや落ち込んでいるときに支え合って乗り越えていく姿がとても好きです。見えない絆で繋がっている感じがすごくいい。

始めの方の緋山先生と白石先生が冴島さんの話「もっと笑えばいいけどニコニコしてるのも怖い」をしながら入ってきて、実は冴島さんが復帰の日で聞いてて、二人に向かってにこーっと笑いながら皮肉を言うところが仲良しだなーと思ってにこにこして見てしまいました。

コードブルー3第6話の見逃し配信「生命とは何ぞや」

(30代男性の感想)
臓器摘出の現場が何とも流れ作業のようで解ってはいても唖然としてしまった。ひとつの命が潰えた瞬間から次の命へ運ばれていく。1人で6人の命を救い、日本全国で待ち続ける患者さんたちの未来が切り開ける。スゴいことなんだけど生命とは何ぞや、とあらためて考えさせられた。心臓が摘出され運ばれていくところをずっと眺めていた橘先生がただただ切なかった。あの心臓があれば優輔は助かるのに・・・ まさに時間との戦い、病との闘いは待ち続ける患者・家族にとっては一瞬たりとも気が抜けない日々の連続であることがわかる。

小っちゃな物音にすらビビりまくる灰谷だったが、もう後悔したくないと意を決して冷凍室で負傷した作業員のオペをする姿が何とも頼もしく見えた。白石や藍沢のアドバイス、そして何よりそばにいた仲間の横峯の協力により、フェローたちは一歩ずつ現場で成長していくんだな、と感じた。

患者に寄り添いすぎる緋山と患者に対して冷静というより冷酷な一面を持つフェローの名取。本来は水と油とも思える2人が17歳の臓器提供者(ドナー)の亡骸を前に、それぞれの医療のやり方や向き合い方を語り合うのがよかった。ただの書類仕事ではなく、たった6行が彼の17年生きた証なのよ、と緋山の熱い思いが名取の心にまできっと届いたのだろう。良い先輩後輩関係になりそうだ。

最後に

「コードブルー3」第6話の見逃し配信はFODで無料で楽しめます。このサイトはフジテレビの番組を配信している動画サイトであり、ドラマの最後に緋山先生が「見逃し配信はFODで」とよく宣伝されています。コードブルー3も当然フジテレビのドラマなので配信されています。現状ではコードブルーのシーズン1とシーズン2も配信中なのでそちらを視聴することも可能です。前シーズンも再度みておきたい人も多いはず。コードブルーが好きな人には最高なサイトです。

またネット上には著作権違反の動画がアップされたりしていますが著作権違反のものは視聴するだけでもリスクが高いです、違法動画はぜったいにやめておきましょう。

[PR]

⇨FODでコードブルーをいますぐ視聴する