「僕やり」第6話の見逃し配信はFOD


「僕やり」第6話の見逃し配信の視聴方法を解説していきます。このページで紹介する方法を使えば3分もあれば「僕やり」第6話の見逃し配信を楽しむことができます、いますぐにチェックしましょう。

「僕やり」第6話の見逃し配信

「僕やり」第6話の見逃し配信はFODで楽しめます。このサイトはフジテレビの番組を配信している動画サイトであり、ドラマなどの最後に「見逃し配信はFODで」とよく宣伝されています。僕やりの最後にもこのサイトが紹介されていました。他にも人気ドラマのコードブルー3やクライシスなども配信中です。ドラマが好きな人には最高なサイトです。

ネット上には著作権違反の動画がアップされたりしていますが著作権違反のものは視聴するだけでもリスクが高いです、FODで快適にドラマを楽しんでくださいね。

[PR]

⇨「僕やり」をいますぐ視聴する

「僕やり」第6話のあらすじ

爆破事件の真犯人を名乗る真中幹男(山本浩司)が犯行を自供し、パイセン(今野浩喜)は釈放に。大爆発は真中の仕業で、自分たちに責任はないとパイセンから告げられたトビオ(窪田正孝)は、ようやく罪の意識から解放される。

まもなく、伊佐美(間宮祥太朗)とマル(葉山奨之)も戻り、再会した4人。マルがトビオから奪った金を使い果たし、伊佐美の金まで横取りしようとしたと知ったトビオはあきれるが、事件の前の“そこそこ”に楽しい日常が戻った喜びが、マルへの怒りを忘れさせてしまう。

同じ頃、菜摘(水川あさみ)が不審な動きを見せていた。弁護士の西塚(板尾創路)から「“協力”の礼に」と金を受け取った菜摘は、その夜、帰宅したパイセンの前に現れて…。

一方、事件の結末に納得がいかない飯室(三浦翔平)は、闇社会のドン・輪島(古田新太)が事件に何らかの関わりがあるのではないかと疑い、輪島に会いに行く。

ある日、蓮子(永野芽郁)がトビオの元を訪ねてきた。トビオへの容疑が晴れたことを喜ぶ蓮子。市橋(新田真剣佑)と蓮子の仲を疑っていたトビオだが、誤解とわかり、2人はいいムードに。

僕やり第6話見逃し配信「これからの展開も楽しみ」

(20代女性の感想)
真犯人が見つかって自分たちは犯人じゃなかったんだと「そこそこ」が戻ってきたことに幸せを感じていたところに、パイセンの暴露でまた突き落とされたのがが衝撃的でした。水木ありさ演じる先生が、パイセンの父への復讐を考えていたことにも驚きました。だんだん話が裏社会のことにも関わって大変なことになってきたのでこれからの展開も楽しみです。

パイセンが好きです。水木ありさの演じる先先生が食事に誘ってから気合十分でトビオ達に中継しながら花束をもって登場したのが面白かったです。また、「やっぱり俺たちが犯人だった」という告白も、屋上でふざけあっているノリの時にしていて、さすがパイセンだなと思いました。

屋上で4人で遊んで、暴露大会でパイセンが事件の真相について暴露したとき空気が凍り付いたものの、しばらくですぐ気を取り直して「闇の中」と繰り返すところが好きです。若い男子の良い意味で単純なポジティブさが現れていていいなと思いました。また、そのあと刑事さんがすべてを聞いていたとわかった時も驚きました。

僕やり第6話見逃し配信「高校生ってこんな感じだったなー」

(30代女性の感想)
パイセンから事件の真相を聞かされて本当はパイセンの親父が事件を揉み消したと聞かされた4人!本当の犯人はやっぱりパイセン。トビオ達も共犯者が真実だと。現実を受け入れられない4人。黙っていれば捕まる事はない。でも人が10人も死んでいる。普通に生活なんて出来ないと葛藤するトビオ。まさか、本当に高校生が犯人だというストーリーだとは思いませんでした。高校生からすれば10人も殺してしまう現実は重いと思っていて、おもしろ可笑しいストーリーに仕立て最後は冤罪だったという話しだと思っていました。なので、今回の話しは重い。でも普通のソコソコの人生を送れる事って本当は凄く有り難い事だし、トビオが普通に罪の意識を持って、普通の生活が出来ないと言っている所が印象的でもあったし、安心した話しでした。

好きなのはトビオ。とにかく純粋無垢で感受性豊か。本能のままに生きている所が見ていて楽しい気分になります。6話では現実を受け入れ、幸せが気持ち悪いとまで思ってしまうトビオ。最後は自殺なのか?屋上から飛び降りるし。よっぽど追い詰められちゃっていて、本当素直なキャラクターなんだなと思う。事実はもみ消されたのだから、それなりに人生歩めばいいという考えじゃなく、ちゃんと罪を受け入れている姿は、見ていて安心しました。

パイセンが釈放されて4人で遊び呆けているシーン。とにかく楽しそう!カラオケであんなに弾けて歌えるのは若さと男の子特有のバカ騒ぎ!歌っている途中でマルとトビオが喧嘩するのも面白かった。歌の相槌も喧嘩中に忘れずにするし。高校生ってこんな感じだったなーと懐かしかった!

僕やり第6話見逃し配信「三人の友情はどうなるの」

(30代女性の感想)
はれて無罪だと、信じてまた、いつもの普通が戻ったと、とびおは思っただろうと、勿論二人も思っただろう時に、パイ先の、引くなよと言いながら、引かせちゃう発言に、流石パイ先と思ってしまったのは私だけでしょうか。三人の友情もどうなるのか、気になります。

やっぱり調子に乗りまくるパイ先ですね。あの妙なテンションで、3人がバカにしながらも付いていくのは、バカになれる事が出来る場所にパイ先がなっているのかなと感じるので。空気読めなさすぎなとこも、ある意味純粋で好きです。

入院中の子の、おばあちゃんが身の回りを整理しに来ていたシーンが、強く残っています。れんこの事を大事にしなさいよと、言いながら、明日も来るからと、彼は複雑な気持ちながらも、あんまり無理するな、ぶっ倒れるぞと、心が凄く優しい場面が見られて、こちらの心もホッコリしました。

僕やり第6話見逃し配信「若さ溢れる回」

(20代女性の感想)
今回は久しぶりに4人が揃ってとても賑やかなシーンが多くて、第一話のノリを思い出す、若さ溢れる回で元気をもらいました。しかし、物語は着実に進んでいて、意外としっかりした骨組みで安心すると同時に、演者のシリアスシーンとのギャップが中々見ものでした。

真剣佑が少ししか出ていませんでしたが、お母さんかおばあちゃん?がお見舞いに来てくれていたときの気遣い心配する目線と、レンコに思いを馳せる時のピュアな目線が、どちらもとても優しい眼差しで素敵だなぁと思いました。ただでさえ美形なのに、目が本当にピュアで引き込まれます。

伊佐美が今宵ちゃんのところに戻った時に、男物のTシャツが干してあるのを見つけられてしまった時の今宵ちゃんと可愛さと、伊佐美の超ポジティブなバカ思考がとても面白かったです。「うんうん」と頷くシーンはとても可愛らしかったです。

[PR]

⇨「僕やり」をいますぐ視聴する