僕たちがやりましたの動画第7話はFODでみれます


新展開がはじまり目が離せない「僕たちがやりました」、その第7話の動画はFOD(フジテレビオンデマンド)でみれます。

すでに視聴した人達から「いい感じになっていくところが好き」「ジェットコースターのような展開」「意外でびっくり」と多くの声が届いている「僕たちがやりました」の第7話の動画をいますぐチェックしてみましょう。これを見逃したら損します。

僕たちがやりましたの動画第7話はFOD

FODなら僕たちがやりましたの第7話をフルバージョンで配信しています。

フジテレビ公式サイトなので、僕たちがやりましたの1話からの動画も視聴できます。

[PR]

⇨僕たちがやりましたの第7話をいますぐ視聴する
※紹介している作品は、17年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は「FOD」の公式ホームページにてご確認ください。

僕たちがやりましたの動画第7話「あらすじ」

爆破事件の真犯人は、やはりトビオ(窪田正孝)たちだった。

飯室(三浦翔平)に真相を突きつけられ、逃れられない罪の意識に苦しむトビオは、校舎の屋上から衝動的に飛び降りるが、骨折だけで奇跡的に命をとりとめる。

トビオが運ばれたのは、偶然にも市橋(新田真剣佑)が入院している病院だった。やけに明るいトビオの振る舞いに戸惑う市橋。実はトビオには、ある決意があった。
「死んだら、それで償おう。でももし生きたら、新しい俺を始めよう」事件後、どん底を味わった自分は「幸せになってトントン」と言い聞かせ、罪の意識から逃れるように、今までとは違うトビオになっていく。

そんなある日、市橋から蓮子(永野芽郁)への思いを打ち明けられたトビオは、2人の恋を応援すると市橋の背中を押す。一方、心情の変化や入院の事を知らせず、ぷっつりと連絡が途絶えていたトビオに、蓮子は気をもんでいた…。

僕たちがやりましたの動画7話「いい感じになっていくところが好き」

(20代女性)
刑事さんの話を聞いてから、4人がそれぞれの反応をしていて、これからどうなるのかなと思いました。トビオはレンコに全然連絡を取らずにいて、事件のことでやっぱり複雑だし事件に対する気持ちを封じ込めて無理に明るくしてる感じがしました。でも、レンコにあったらトビオは自分の気持ちに素直になっていて、ついには付き合うことにまでなって、これから幸せになったらいいなと思いました。

7話で1番よかったのは市橋です。トビオにたくさん話しかけられてもほぼ無反応だったけど、カラオケ店で今まで敵視していたトビオを認めていて、一緒に歌を歌っているのがのよかったです。それと、歌い方がすごく渋くてギャップがあって面白かったです。

最後の方でトビオとレンコが家の前で話して、初めはトビオがレンコに興味ないそぶりをしながら市橋を勧めていたけど、嫉妬してから自分の気持ちに素直になって、いい感じになっていくところが好きです。トビオが本当に好きな人と結ばれてよかったなと思いました。

僕たちがやりましたの動画7話「ジェットコースターのような展開」

(20代男性)
7話は大きな動きが色々あり、ジェットコースターのような展開続きで目が離せませんでした。まさか、ドヒオと市橋くんが仲良くなるとは…、初回から観ていた自分としては信じられない展開ですが、市橋くんは根は優しいと思いますから、案外トビオと気が合うのかもしれないとトビオと市橋くんが2人で話すシーンを見て思いました。

7話の登場人物で好きなキャラは、小坂パイセンです。父親と会ったことがないという特別な事情があるとは言え、自分の父親に復讐をしようとしていた立花先生に対しても、ポジティブに受け止めているところがパイセンらしくて好きです。父親に復讐をしようとしている相手に、父親を見つけたら連絡するとはなかなか言えませんから。

トビオと市橋くんがカラオケで語り合っていたシーンが好きです。これまでトビオを誤解していたとトビオに本音を話す市橋くんがとてもよかったです。そして、市橋くんも尾崎豊を歌うという流れも、とても印象的でしたし和みました。

僕たちがやりましたの動画7話「意外でびっくり」

(20代女性)
バラバラになってしまったトビオたちが個々に自分たちの罪に対して向き合い、様々な生き方を見つけていく7話だと思いました。市橋と敵対していたのに仲良くなるなんて意外でびっくりしました。蓮子のこともあるので今後がどうなるのか楽しみです。

好きなのは蓮子です。元気で明るい性格の蓮子を見ているといつも元気になります。一途にトビオを想っている所もいつも人のために優しく、そしてなにより自分の軸をしっかりと持っていてかっこいい女の子だな、憧れるなと感じています。

蓮子とトビオが素直になってやっと結ばれたのには心が温まりました。確かにトビオたちは許されないことをしました。でも罪を償えない辛さを背負っていく中でトビオが心から幸せを感じられる瞬間があって少しでも救われました。

僕たちがやりましたの動画7話「とびおの激変ぶり」

(30代女性)
とびおの激変ぶりに、何か嬉しかったです。いちはしと仲良くなって、良い関係でいられると思ってますが、れんことの関係を応援するって言ってたので、どうなっちゃうか心配です。パイ先は、やっぱり変わった人だけど、ピュアの塊みたいで何をしても憎めないから、このドラマには欠かせないと個人的に思ってます。いちはしも、とびおと仲良くなって素直さが出てきたというか、ねは優しいがどんどん出てきてる感じで、惚れ惚れしてしまいました。

いちはし最高です。とびおに素直にディスりながらも褒めたりして、悪い人役だったのが薄れてきて、応援したくもなってしまうのは、役柄もですが、イケメン半端ない感じで、今回の話で大好きになってしまいました。おばあちゃん思いの優しさもキュンとさせられました。

とびおと、いちはしが夜に病院を脱け出すところが、良かったです。生きてたら新しい人生をと決めたとびおが、パイ先化してるのがウケました。二人でカラオケで、クールそうないちはしが、凄い歌ってるのも新鮮で良かったです。

最後に

僕たちがやりましたの第7話は目の離せない新展開でした、絶対に見逃せませんね。

[PR]

⇨僕たちがやりましたの第7話をいますぐ視聴する
※紹介している作品は、17年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は「FOD」の公式ホームページにてご確認ください。