僕たちがやりました動画第8話フルはFOD


僕たちがやりましたの第8話の動画をフルでいますぐに視聴する方法を紹介していきます。すでに視聴した人達から「青春時代を思いだす」「切なくて泣けました」「涙が止まりませんでした」「しんみりした回」などの感想が届いている僕たちがやりましたの第8話の動画をいますぐフルバージョンで楽しんで下さい。

僕たちがやりましたの動画第8話の「あらすじ」

ついに蓮子(永野芽郁)とつき合うことになったトビオ(窪田正孝)。飯室(三浦翔平)の「一生苦しめ」という言葉を思い出しても以前のような苦しみには襲われなくなり、幸せの絶頂に浸るが、気がかりなのは蓮子に思いを寄せる市橋(新田真剣佑)のこと。2人の仲を打ち明けようと病院を訪ねるが、市橋の唯一の身内だった祖母が亡くなったと知り、言いそびれてしまう。

一方、伊佐美(間宮祥太朗)は事件の被害者たちへの弔いを終え、意気揚々と今宵(川栄李奈)のアパートへ。ところが、伊佐美の子を妊娠したと告白する今宵に、なぜか別れを切り出されあ然としてしまう。

マル(葉山奨之)は自分を襲った覆面の男の正体を察し、報復に息巻いていた。

僕たちがやりましたの動画8話「青春時代を思いだす」

(30代女性)
翔の子供が出来たのに今宵は別れを切り出していた。あんなに仲が良かったのにどうしてなんだろうと思いました。本当はトビオの子なのかなと思ってしまいました。トビオは最初の方と今では性格が180度変わっていてびっくりしました。8話色々な展開が待ち受けていました。

好きなのはパイセンです。せっかく親父に会いに行ったのに多くの愛人がいた中の一人であった。しかも親父にもブスと暴言を吐かれていた。すごく面白かったです。金持ちである理由が分かりました。あんなにストレートなブスは衝撃的でした。

トビオと哲人の病院でのシーンが好きです。トビオが付き合ったと報告した時に素直に喜んでいた哲人が凄く大人に感じました。矢波高の時とは全然違いました。2人が仲いい姿を見ると自分の青春時代を思いだします。素晴らしい関係性です。

僕たちがやりましたの動画8話「それぞれの悲しみや絶望」

(30代女性)
みんなそれぞれに悲しみや絶望を抱えてしまいました。トビオだけは蓮子と付き合えて終始幸せな様子でしたが、最後に衝撃的な場面に出くわしてしまい、次週からまた罪悪感と苦しみの日々が戻ってきそうです。それぞれの事情に胸が痛むのですが、マルには同情できませんでした。自業自得です。ここで反省して心を入れ替えられるのか、少し楽しみです。

市橋がすごくまともになりましたね。暴力的だった事故以前とは別人のようです。足のことやおばあちゃんが死んだことなど、いろいろ心に抱えていますが、落ち着いて自分のことを考えて、自分のしてきたことも反省しているようで、悟ったようにいい表情でした。最後は飛び降りてしまいましたが、トビオのように助かるということはないんでしょうか。次週も見逃せませんね。

伊佐美が今宵のところへ戻ってきました。子どもができて、別れを告げられてしまいましたが、諦めきれない伊佐美が今宵を待っていて、自分の気持ちを告げるシーンが良かったです。「気づいたら、好きすぎてヤベエよ」という言葉が切なくて泣けました。マルに性欲モンスターと呼ばれていましたが、ちゃんと今宵の良さをわかっていて、真面目に考えていたんですね。ジンとしました。

僕たちがやりましたの動画8話「涙が止まりませんでした」

(30代女性)
いちはしと、とびおの友情が確かなものになっていて、嬉しく思いました。いちはしは、おばあちゃんが亡くなり、とびおがれんこと付き合った事を聞いて、希望を捨ててしまった気がしました。助かってほしい。そして、とびお達が支えになってほしいと強く願います。

いさみの彼女のお父さんが、インパクトありすぎて良かったです。ぐるぐる回されちゃう、いさみが可哀想ながらも、親ならそうなる人も居るかもと思いました。ぐるぐる回すは、一般的には有り得ませんが、娘を想う気持ちが伝わってきました。

いちはしと、とびおがボーリング行って仲良くしてて、本当に羨ましくなりました。動画でとびおが、いちはしに想いを伝えて、いちはしが笑ったりして友達って良いなと感じました。いちはしも、動画でとびおに、最高の友達だと伝えて、れんこを幸せに、とびおも幸せにという気持ちが泣けてきました。

そして、俺は俺の幸せをと言いながら終わりにすると言った時、衝撃音とかぶり、何でなのと涙が止まりませんでした。皆が幸せで居てほしかったと思うばかりです。

僕たちがやりましたの動画8話「しんみりした回」

(30代男性)
8話は珍しく、しんみりした回でしたね。トビオをはじめ主要人物それぞれの物語が動き出した感じがします。そして、衝撃のラストは非常に驚きました。市橋がどんどん良い奴になっていって嫌な予感はしたのですが、とても悲しいです。なんとか助かってほしいですね。

好きなキャラは伊佐美の彼女の今宵ちゃんですね。赤ちゃんができて様々な葛藤があったと思います。生まれてくる子供のために、父親である伊佐美と別れを切り出したシーンは今宵ちゃんの人間性が垣間見れましたね。そしてインパクトの強すぎる父親の登場も面白かったです。

市橋とトビオの友情のやりとりのシーンが好きでしたね。LINEを通して動画を送り合うのは今時の高校生って感じでしたが、素直に感動しました。敵同士だった2人がいつの間にか友情が芽生えて、仲良くなる場面は見ていて胸が熱くなります。

僕たちがやりましたの動画8話「展開がまさかすぎ」

(30代女性)
いろんな展開がまさかすぎました。それぞれが事件にふれないように生きようとしていたけど、やっぱり事件に繋がるようになってるんですね。一番衝撃は市橋の自殺でした。おばあちゃんの死もだし、早すぎです。せっかくとびおとも仲良くなってたのに、悔しいです。

市橋が好きです。最初は本当に腐っためっちゃ嫌なやつでしたが、自分が弱くなって、人に助けられて、人の気持ちがわかるようになってきたのがよかった。本当はおばあちゃん想いの優しい子で、表現がへたくそ過ぎたんだな。自殺が残念すぎます。

まるが自分の愚かさに気づいたシーンがいいです。最初は自分がやられて、かわいそうでしたが、事件後から悪びれもせず、やりたい放題調子に乗っていてムカついていました。最後までそのままかと思っていたら、最後には一人になってる自分に気づいてよかったです。

僕たちがやりましたの動画8話「切ない展開」

(20代男性)
せっかく市橋とトビオが仲良くなれたと思ったら、市橋くんが…。思わず、悲鳴をあげてしまいました。なんとも、切ない展開ですね。ただ、トビオも市橋も自分たちの行いと向き合おうとしている姿が本当にかっこいいと思いました。

8話の登場人物で1番好きなキャラは、パイセンの父親・輪島です。最低なヤツですが、予想以上に軽いキャラで息子に対して残酷なことを言っているにも関わらず、コミカルで笑えました。最低なヤツなのに、どこか憎めない感じがします。

好きなのはトビオが市橋に送った動画を市橋が見ているシーンです。トビオの言う通り、市橋がいいヤツということが8話で分かりましたし、市橋に対する思いをストレートに伝えているあたりがトビオらしくて非常によかったと思います。

僕たちがやりましたの動画第8話フルはこちら

僕たちがやりましたの第8話の動画フルバージョンはFODです。このサイトはフジテレビの公式サイトでドラマやバラエティの見逃し配信サイトです。ドラマの最後にも次回予告の時に紹介されていました。

このサイトなら僕たちがやりましたの第8話の動画をいますぐにフルバージョンで楽しめます。

登録だけなら3分もあれば完了するのでさっそく楽しんで下さい。

[PR]

⇨僕たちがやりましたの第8話をいますぐ視聴する
※紹介している作品は、17年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は「FOD」の公式ホームページにてご確認ください。