コードブルー3第9話の動画はFOD


コードブルー3第9話の動画の視聴方法を解説していきます。いよいよ佳境にさしかかってきたシーズン3ですが見逃した場合や再度みたい場合にぜひ活用してください。コードブルー3第9話の動画の視聴方法は簡単です。

「コードブルー3」第9話の動画の視聴方法

「コードブルー3」第9話の動画はFODで楽しめます。このサイトはフジテレビの番組を配信している動画サイトであり、ドラマの最後に「見逃し配信はFODで」とよく宣伝されています。コードブルー3も当然フジテレビのドラマなので配信されています。現状ではコードブルーのシーズン1とシーズン2も配信中なのでそちらを視聴することも可能です。前シーズンももう一度みておきたい人も多いハズ。コードブルーが好きな人には最適なサイトです。

[PR]

⇨コードブルーをいますぐ視聴する

コードブルー3の第9話のあらすじ

1時間あると何が起きるか。ときに人生すら変わる…。

急患3人が初療室に運び込まれた。一人は両角孝平(成田瑛基)、33歳の車椅子ラグビー選手。ハーフタイムのウォーミングアップ中、車椅子ごと階段から落ちたらしい。さらに熱傷の患者、高所転落の患者の3人が運び込まれるが、藍沢耕作(山下智久)始め救命の皆が力を合わせ迅速な対応を行った結果、3人とも命を落とすことなくICUへ移動させられた。橘啓輔(椎名桔平)は数ヶ月前を思い返しながら白石恵(新垣結衣)が引っ張る救命がいいチームになってきたと語る。

医局では名取颯馬(有岡大貴)の父、将馬(山田明郷)が待っていた。父の目的とは?

三井環奈(りょう)は息子、優輔(歸山竜成)が最近「疲れた」という言葉を口にするようになったと夫、橘に報告。3年間、優輔の心臓移植を待ち続けてきたがもう限界と悟った橘は海外での移植を提案、三井も同様の考えだった。そんな時に移植ネットワークから連絡が入る。

そして翔北救命救急センターに消防からドクターヘリ要請が入る。千葉新都市地下鉄開通前の線路内にて崩落事故が発生、負傷者多数、子どもも含まれているという。

皆がそれぞれに今後の人生を左右するような決断を迫られる1時間を描く。

コードブルー3第9話の動画「チームがバラバラに」

(30代女性の感想)
全体的にチームはバラバラになってしまったなと思いました。それぞれの思いが交差してどうにもならない状態なっていて最終回前だから予想はしていました。元々、みんな考えていることが違っていたので想像はしていたんですが、こんなバラバラの状態でのアイザワが事故に巻き込まれるのは辛いです。

好きなのはやっぱりアイザワ先生!

やっぱりアイザワです!クールでなんでもこなせて、頼りになる!まさに私の好きなタイプです。ドラマと分かっていてもアイザワが出てくるとホッとする自分がいます。そして何より目の保養になり毎週月曜が楽しみでした。

酷な別れ

このたびはヒヤマの失恋シーンです。あの悩んでいる状態での好きな人からの別れ宣言は辛いです。自分だったらと思ってもかなり辛いです。彼の想いを考えるとヒヤマのことを想っての別れだと思いますがこのタイミングでの別れは酷だなと思いました。

コードブルー3第9話の動画「盛りだくさんの1話」

(30代女性の感想)
家族愛、恋愛、自分の夢や、人の夢をこの1話で味わえました。山下さんは、救命に残ると決め、戸田さんは希望していた職場からの誘い、夫婦でヘリに乗ってる二人は、奥さんが旦那さんを想い、職場を変わって欲しそうで、皆がどうなるのか気になります。

夫婦でヘリに乗ってる旦那さんの、いつも明るく、嬉しい時は笑い、表情や表現が好きです。奥さんが心配していても、救命だからと任務に明るく向かうのが、カッコイイキャラではないと思っていましたが、芯が強く、どんな時でも前向きなところが好きになりました。

戸田さんが、希望していた職場から電話をもらい、とても嬉しそうで、観ているこちらまで、嬉しくなってしまったので今回の好きなエピソードNo.1でした。誘われたと、皆に話す姿もイキイキしていて、可愛らしい笑顔で、働く素敵な女性だなとも感じたのが理由です。

コードブルー3第9話の動画「登場人物達の岐路」

(30代女性の感想)
9話は様々な登場人物達の岐路が描かれていました。それぞれどんな未来にすすんでいくのかとても気になりました。みんな登場人物は悩みやトラウマを抱えていながらも、新しい道を模索していきます。みんな離れていってしまうのは寂しかったです。

かわいい緋山先生

緋山がかわいくて好きでした。性格がきつくてドライな緋山でしたがシーズン3では初ロマンスでした。ツンデレの典型で憎まれ口を叩きながらも、彼の前では好きになったら尽くす、緋山がすごくかわいかったです。乙女な一面が好きです。

夢がかなった緋山先生

緋山の念願が叶って、また好きな病院で働けるようになりました。しかも管理職という好待遇です。素直に喜ぶ緋山がかわいかったです。今まで苦労してきましたが、やっと夢が叶って良かったなとほほえましく思えました。

コードブルー3第9話の動画「それぞれの抱えている思いが伝わってくる」

(30代女性の感想)
バラバラだった人たちがだんだんと纏まり、チームになっていった。それがまたバラバラになっていってしまう。それぞれの抱えている思いや状況がひしひしと伝わってくる回だった。最後の大きな現場、藍沢先生のいるところに崩落がまた起きてしまうなんて驚いた。

離れる決断にグッとくる

緒方さん緋山先生との気持ちの距離が近くなっていったにも関わらず、相手のことを想って、緋山先生の夢を壊したくないからと離れる決断をする。普通はなかなかできることじゃないと思うし、男らしくてとてもグッときた。

救命でなくなる寂しさ

名取と緋山先生の関係。名取の完全な憧れと片思いの気持ちが言葉に出さなくてもよくわかる。二人で部屋にいて、会話している空気感もなんだかくすぐったくて好きだった。それが切なくもあり、名取が救命でなくなることに寂しさを感じた。

コードブルー3第9話の動画「立ち止まって考える暇もない」

(30代男性の感想)
みんなが認めるような良いチームになった救命救急センターのメンバーは、それぞれに違う進路へと向かうことになりそうで、ちょっと寂しく思っていたところ、ドクターヘリ出動要請が入り、これまでにないほどの大事故が発生してしまい、やはり救命救急の現場は、立ち止まって考える暇もないほど大変なんだなと感じました。

新垣結衣さんの成長y

新垣結衣さんシーズン1から一緒だったメンバーの中で、特にリーダーシップに長けているというわけではなかったと思いますが、チームのみんなの状態に目配りや気配りができるようになり、控えめながらスタッフリーダーらしくなってきたから好きで
す。

仲間のことを思っての言葉

最高に良いチームになりつつあるのに、戸田恵梨香さんが周産期医療の現場に戻ることを心から喜び、山下智久さんには後遺症が残った女子高校生のことを気にせずトロント大学に行くことを勧める新垣結衣さんが良かったです。本当は、心細くてたまらないはずですが、仲間のことを思っての言葉にグッときました。

コードブルー3第9話の動画「チームがバラバラに」

(30代女性の感想)
たった1時間で白石が好きだった、理想としていたチームがバラバラになってしまいました。そこには藍沢が開通前の地下鉄崩落事故の二次災害に巻き込まれるという致命的なアクシデントもあります。また白石が好きなあのチームが戻ればいいな、と思いました。

新垣結衣さん演じる白石先生。フェロー時代は本当に大丈夫なのか、と思っていた白石がシーズン3ではスタッフリーダーとして活躍をしています。ここに成長も見られますし、リーダーとしてチームを引っ張っていることを橘も分かっていて、褒められてはにかむ表情が可愛いと思いました。

藤川にフライトドクターを辞めるように言う冴島。冴島は前回のシーズンで大事な人を病気で失っているので、もうこれ以上大事な人を失いたくはないんだと思います。地下鉄崩落事故の現場で危険なところに入ってほしくないと止める冴島。それを振り切って医師としての役割を果たすために藍沢のところに向かう藤川に責任感を感じました。

コードブルー3第9話の動画「複雑な思いが交錯する9話」

(30代女性の感想)
9話は様々な登場人物にそれぞれの新たな展開があった回でした。緋山は周産期医療センターの医局長に、藍沢はトロント大学への留学の話が進み、名取は糾明を辞めて父親の病院へ戻るかもしれないということ。喜ばしいことの裏に素直に喜べない複雑な思いが交錯する9話でした。

9話で緒方が周産期医療センターの医局長として進もうとしている緋山に「もう会わない方がいい」と緋山の事を思って発した言葉が悲しかったです。自分のために夢を諦める人を増やしたくないと緒方は言っていました。2人がお似合いでお互いを支え合っていけると感じていたのでとても残念です。

9話で印象的だったのはやはり橘先生の息子、優輔くんの移植の話です。「自分のせいでお父さんが前のお父さんじゃなくなった。自分がいなくなれば前のお父さんに戻れる」とシーンはとても辛く、また橘のいつも明るい表情が消えて愕然としていたのが切なかったです。

コードブルー3第9話の動画「考えされられることが多々ありました」

(30代女性の感想)
医療の現場は患者を救うことを第一として動いているのに、息子の移植手術のために誰かの死を待つようになってしまった橘。そのように息子が解釈をし、手術を受けないという展開に考えされられることが多々ありました。医療現場おいて、生と死は常に助けたい、生きて欲しいという全員の願いから来ているのに、誰かの死によって助かる命もあり、生かすという目的には矛盾していてすごく難しいなと思いました。

滝藤賢一さん演じる井上が好きです。今回もほんの少しの出番でしたがものすごく存在感のあるキャラクターだと思います。橘夫妻に寄り添い、常に力になろうと奮闘していました。言葉には重みも説得力もあり、特に目で語っているところが好きです。それが表れています。井上の協力もあり、移植手術の1番手に橘の息子がなれたシーンはよかったです。

手術を受けないと言った橘の息子の言葉にショックを受ける橘が、このまま手術を受けさせていいのかと悩んでいるところへ、緋山がかけた言葉が印象的でした。1時間のうちに移植の承諾を迫られる緊迫した状況で、強い瞳とかつて橘と仕事をしていた緋山が立派に成長を遂げて、橘に伝えられる存在になっていたところがよかったです。それに押されて動き出す橘になんの違和感もなく見られました。

コードブルー3第9話の動画「衝撃的な終わり方」

(40代男性の感想)
第9話は終盤の地下鉄落盤事故で藍沢耕作巻き込まれる衝撃的な終わり方でした。それまでの物話で橘啓輔の息子優輔が心臓移植に向かったことや緋山が緒方に振られたことなどありましたがすべて吹っ飛んでしましました。次回は最終回です。早く見たいというのが今の気持ちです。

第9話で気になったキャラクターは冴島はるかです。彼女はこれまで大事な人をなくしてきました。そのこともあって藤川一男にフライトドクターを辞めてほしいと懇願しました。そんな彼女の藤川を心配する切実な思いに私は共感しました。

第9話で気になるエピソードは終盤での地下鉄落盤事故に藍沢耕作が巻き込まれたことです。そこで第9話が終わってしまったので、その後藍沢はどうなってしまうのか藤川一男はどうなったのか、すごくこの結末が気になります。

コードブルー3第9話の動画「内容の濃い1時間」

(40代女性の感想)
9話はハラハラドキドキしました。まず橘先生(椎名桔平)の息子さんが移植したくないと言い出した時は「どうしてそんなこと言うの?早く返事しないと!」という気持ちで大変焦りました。1時間以内に何が起こるか分からないというのがテーマでしたが本当に内容の濃い1時間でした。

名取先生(有岡大貴)かわいくて好きです。緋山先生(戸田恵理香)を慕っているんだなぁというのがよく分かりました。他の先生に対する態度と緋山先生に対する態度の差が大き過ぎます。でもこれだけ慕われると緋山先生もうれしいだろうなぁと思いました。

移植をイヤがる息子さんを橘先生(椎名桔平)と三井先生(りょう)が無理やり搬送する際に橘先生が息子さんに「大好きだから嫌われてもお前に生きていて欲しい」と言って息子さんのおでこに橘先生のおでこをそっと合わせた時に涙が出ました。良いシーンでした。

最後に

「コードブルー3」第9話の動画はFODで楽しめます。

[PR]

⇨コードブルーをいますぐ視聴する