僕たちがやりました動画第9話フルはFOD


僕たちがやりましたの第9話の動画をフルでいますぐに視聴する方法を紹介していきます。すでに視聴した人達から「4人はどうなってしまうのか」「ハッピーエンドにはならなそうな気がする」などの感想が届いている僕たちがやりましたの第9話の動画をいますぐフルバージョンで楽しんで下さい。

僕たちがやりましたの動画第9話フルはこちら

僕たちがやりましたの第9話の動画フルバージョンはFODで視聴できます。このサイトはフジテレビの公式サイトでドラマやバラエティの見逃し配信サイトです。ドラマの最後にも次回予告の時に紹介されていました。

このサイトなら僕たちがやりましたの第9話の動画をいますぐにフルバージョンで楽しめます。

登録だけなら3分もあれば完了するのでさっそく楽しんで下さい。

[PR]

⇨僕たちがやりましたの第9話をいますぐ視聴する
※紹介している作品は、17年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は「FOD」の公式ホームページにてご確認ください。

僕たちがやりましたの動画第9話の「あらすじ」

市橋(新田真剣佑)が自ら命を絶ち、がく然とするトビオ(窪田正孝)。飯室(三浦翔平)は、爆破事件で人生が一変し、生きることに不自由を覚えるようになった市橋が、自由を求めて自殺を選んだのではないかと指摘。結局、事件の真相を市橋に隠し通したままのトビオに「こんなこと言ってもわからないか。君は今“自由”だもんね」と追い打ちをかける。

市橋への罪悪感があふれ出したトビオは「俺が殺した」と錯乱状態に。その姿に蓮子(永野芽郁)は、トビオがただならぬ秘密を抱えていることを察する。

同じ頃、父・輪島(古田新太)に愛されていないことを思い知らされたパイセン(今野浩喜)は、輪島への復しゅうに失敗した菜摘(水川あさみ)に「後は俺に任せて」とある決意を告げ…。

僕たちがやりましたの動画9話「4人はどうなってしまうのか」

(30代女性の感想)
ようやく自首を決心しました。この先の人生の事を思うと、ものすごく勇気のいる事です。正直、マルがいつ裏切るかとヒヤヒヤしましたが、4人で作戦を決行できてホッとしました。最後に殴りに来た奴らはきっと輪島の手下でしょう。この自首作戦も世の中を騒がせる大事件になりました。4人がどうなってしまうのか、次週の最終回が楽しみです。

パイセンが随分しっかりしました。今まで世間知らずでトンチンカンでしたが、ようやく現実を受け入れたのでしょうか。どんな時でもキャラを崩さない所がかっこいいと思いました。きっと菜摘のことが好きだったんでしょうが、何も言わずに見送る所も素敵でした。

最後の夜、伊佐美が今宵に会いに行くシーンが良かったです。一回でいいから子どもを触らせてくれと今宵に頼みました。すごく大切にしているんだなと感じました。明日男(とぅもろお)という名前がアホすぎて笑えました。今宵は「女の子だったらどうすんのよ」と言ってましたが、男の子だったら明日男でいいんでしょうか。ズレ方が似た者同士で、ますますお似合いだなと思いました。

僕たちがやりましたの動画9話「スピード感と臨場感の回」

(30代男性の感想)
今までは、ばらばらになっていた4人の心情が再び同じベクトルを向いて動き出したところが、今までにも増して、スピード感が加速され、面白かった。実際に、自首を行う計画を実行した場面がまさにその象徴とも思えるシーンで、実際に自分がその場に吸い込まれているかのような感覚を覚え、いつしかドラマに魅了されていました。

主人公の4人がすきなのですが、その中でもパイセンが、その心情の変化が、一番わかりやすく単純なため、親近感がもてるキャラクターで好きな理由です。また、今回の話で、実は誰よりも人間味があって、情に熱い人間であることも感じより好きになりました。

やはり、9話で一番見応えがあったのが、自主計画を立てて実際に実行に移った場面で、そのスピード感と臨場感が何とも言えないくらい融合してて、まさに視聴者体感型ムービーであることを実感できたところが一番よかった理由です。

僕たちがやりましたの動画9話「まさかのご本人さん達の登場」

(30代女性の感想)
予告でビラを満久のを前回見てましたが、まさか裏に一万円札付きって、さすがパイセンと思いました。ラストのライブ乗っ取りとかで、話の始めの方が薄れてしまいそうでしたが、いちはしが亡くなってしまい残念でなりませんでした。

パイセンです。ビラに一万円札付けれたのもパイセンありきですし、ライブを乗っ取った時には、パイセンらしからぬ良い話してたなと男らしさが溢れてて、ナゼかカッコイイと思ってしまいました。先生にも、後は任せてくださいとかも、男気感じたので9話のベストキャラだと思います。

主題歌を歌っている人たちがライブをしてるとは考えもしてませんでしたので、嬉しかったのとビックリがありましたが、これが1番のエピソードだと思います。まさかのご本人さん達の登場は、ドラマファンのみならずテンション上がったと思います。

僕たちがやりましたの動画9話「ハッピーエンドにはならなそうな気がする」

(30代女性の感想)
ドラマでもなんでも罪は罪ということでやはりハッピーエンドにはならなそうだなと感じました。むしろそっちの方が安心しました。ただ、ああいった自首の仕方は普通じゃあできないことでこの辺はドラマだなと非現実的な感じでした。主題歌の歌手が出てトビオたちと共演したのがとても良かったです。

好きなのは真剣佑さん演じてる市橋です。まず市橋の雰囲気がとても好きでテレビに映るたび息を呑むほどの顔や演技、ほんとに素敵でした。最初はありえないくらいの悪い奴でしたが、終盤に近づくたびやさしくなりますます魅力的でした。

トビオとレンコの切ないデートのシーンが印象的です。トビオはほんとにレンコのことが大好きというより愛してるのが分るシーンでレンコも心からトビオのことを愛してるんだと思いました。それを思えば思うほど切なくなりましたがトビオがしたことを思うと仕方のない結果だと感じました。

僕たちがやりましたの動画9話「最後の日だと思うと」

(20代女性)
みんなが自首する前にやりたいことをやって行く感じがなんとなく羨ましいなと思ってしまいました。最後の日だと思うと、やりたいと思うことをやってしまおうと思えますし、やり残したことがなくなるなと思いました。

永野芽郁ちゃんが演じる蓮子が好きです。トビオに一途でトビオのことが本当に好きなんだなと思っている感じが女子高生らしくてかわいいなと思います。昔の感情を思い出させてくれるし、かわいさに癒されますし大好きです。

好きなシーンは今宵ちゃんのところに毎日通って、名前を考えたと言いに来たところです。まさかの名前はダサすぎましたし、男限定でしたが最後にいやいや言われていても会いたいと思って会いに来てくれる男らしさに改めて伊佐美くんがいいなと思いました。

僕たちがやりましたの動画9話「応援したくなりました」

(30代女性)
毎週楽しみにしており、今回もとても続きが気になってます!爆破事件の犯人たちは一時は別れていましたが、各々そこで色々感じるものがありまた再び集結して自首することに決めた所は、観ていて、頑張れっ!と応援したくなりました。

お笑い芸人の今野さん演じる小坂が好きです。毎回笑かせてくれますし、ただの能無しボンボンかと思いきや自分の生い立ちに立ち向かい受け入れようと頑張る姿に惹かれました。あと警察役の三浦くんが好きです。単純に三浦くんが好きなこともありますが、組織としては何もできなくてもちゃんと犯罪者の心に刺さる言葉で自首に持って行く所はさすが警察っ!と思いました。

罪を犯した4人が別れて行動して各々大事なことに気付き再集結、自首を決意したとこが良かったです。常識的にも10人もなくなっている事件を起こした犯人が自由に過ごすのはいけないことなので、もみ消された後どう終わりを迎えるのか楽しみでしたが、単純に自首で終わらず裏の組織にたてついて争うところが応援したくなりました。

僕たちがやりましたの動画9話「ファンキーすぎて驚き」

(30代女性)
自首をする前の日の遊び方がみんなファンキーすぎて驚きました。トミオの最後の別れ方が悲しかったです。蓮子はすごく素直で優しい子なのであんな酷い別れ方をしたらすごく落ち込むと思います。トミオは素直に言うべきだったと思います。

好きなのはパイセンです。いつでもキャラは変わらない。パイセンのキャラが常に出ていて最高に面白い。あのキャラが学校にいたら一気に人気者になっていると思います。ブスを売りにしている所もすごく魅力的だと思います。良いキャラです。

翔と今宵のシーンが好きです。自首する前に翔が今宵の家に通い詰めていた。最後親父としての威厳を残したかったのかなと思います。翔があんなに真面目で今宵のお腹のことを心配している姿を見ると少しうるっとしてしまいました。