auビデオパスのレンタル方法と料金について


auビデオパスのレンタルの方法や料金について解説していきます。auビデオパスには、定額で見放題の作品の他、作品ごとに料金を支払って視聴するレンタル作品があります。今回はレンタルの方法や料金について説明します。

auビデオパスのレンタル方法

まず、auビデオパスのトップ画面から、「レンタル」の項目を開いて、どのような作品がレンタル出来るかチェックしてみましょう。もし、すでに観たい作品が決まっているならば、検索機能を使うとすぐに見つけることができます。

作品タイトルを選択すると、上の画像ように、タイトル・公開年・上映時間・レンタル期間・レンタルするのにかかる料金が表示されます。タイトル横のオレンジ色の「☆」を開くと、その作品のレビューが見られます。ときどきレビューアプリとの連携がうまくとれていないようで、まったく別の作品のレビューが出てきてしまうことがあるのが少し残念な点ですが、今後改善されることを願います。

ちなみに作品によっては予告編映像を視聴することが可能なものもありますので、レンタル前にご覧になるのも良いかも知れません。

レンタルする作品を選んで進むと、上の画像のような画面が表示されます。ここで、コインを利用してレンタルするか、au料金もしくはWALLETポイントを利用してレンタルするか選択したら、レンタルは完了です。あとは、表示されているレンタル期間内であれば自由に視聴することが出来ます。レンタルした作品はマイページからも確認可能です。

auビデオパスでのレンタル料金

レンタル料金は作品によって異なりますが、だいたいの作品は、200円~500円(税抜)で借りられます。今回、例としてご説明した「本能寺ホテル」の場合は新作ですので500円(税抜)でレンタルすることが出来ます。

傾向としては邦画より洋画のほうが安くレンタルできるようです。見逃し配信のドラマ・アニメは100円~300円(税抜)でレンタル可能です…が、DVD1枚の料金ではなく「1話」の料金ですのでご注意ください。

「お試しレンタル0円作品」という、ドラマやアニメの1話が無料で観られたり映画の予告編が観られたりする、何を観ようか迷っている方のガイドになりそうな、一覧もありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

レンタルのメリット・デメリット

メリットは、とにかく、新作が観たいときにすぐに観られるということでしょう。わざわざ店舗に借りに行ったのに、観たいものが全て借りられていたなんて経験はありませんか?ビデオパスは、いつでも好きなタイミングでレンタル可能なのでとても楽ですね。

新作500円(税抜)は、ちょっと高い気もしますが、いろいろな手間と視聴欲求を考えると「よし、借りよう」という気持ちになるのが不思議ですよね。

しかし、アニメ1話に200円とか、ドラマ1話300円となると……さすがに高いかなと感じますのでデメリットをあげるとしたら、その点でしょうか。

店舗で借りることを想定した場合には、アニメだと1枚に2~4話程度、ドラマだと1枚に2話程度収録されているのが標準ですからね。とはいえ、どハマりしてしまった作品であれば、少し高くても続きが早く観たいからレンタルしたい!という気持ちはとてもわかります。

まとめ

見放題になるまで少し待てるのであれば、毎月付与されるビデオコインの範囲内で利用するのがベターかなと個人的には感じます。追加課金しなくても毎月1作は新作を観られる計算ですが、ビデオコインは2~3ヶ月繰り越すことが可能(タイミングによります)なため、ためておいて数作品一度にレンタルするのもアリですよ。

auビデオパスについての最新情報を随時お届けするのでブックマークお願いします。