コードブルー3の動画10話(最終回)はFODでみれます


ついに最終回をむかえたコードブルー3、その10話の動画はFOD(フジテレビオンデマンド)でみれます。

すでに視聴した人達から「ずっと涙が止まりませんでした」「藍沢先生のいい言葉」「仲間っていいな!」と感動の声多数のコードブルー3の10話(最終回)の動画をいますぐチェックしてみましょう。これを見逃したら損します。

目次この記事に書かれている内容は…

コードブルー3の動画10話(最終回)はFOD

FODならコードブルー3の10話(最終回)をフルバージョンで配信しています。

フジテレビ公式サイトなので、コードブルー3の1話からの動画も視聴できます。

[PR]

⇨コードブルー3の10話をいますぐ視聴する
※紹介している作品は、17年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は「FOD」の公式ホームページにてご確認ください。

コードブルー3の動画10話(最終回)「あらすじ」

地下鉄開通前の線路内で崩落事故が発生したとドクターヘリ要請が入った。藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、冴島はるか(比嘉愛未)、藤川一男(浅利陽介)、名取颯馬(有岡大貴)、横峯あかり(新木優子)、雪村双葉(馬場ふみか)たち救命チームが総動員体制で現場に向かう。

心の傷が癒えていない灰谷俊平(成田凌)は患者の受け入れのために橘啓輔(椎名桔平)と病院に残った。

コードブルー3の動画10話(最終回)「生死をさまようことになるとは」

(30代女性)

見終わっての感想

藍沢先生が岩にはさまれて生死をさまようのかと思っていたのですが、それが、子供を助けた藤川先生のほうが岩の下敷きになって生死をさまようことになるとは思ってもみませんでした。ドラマを見ていて藤川先生は助からないのではないかと思っていたのですが、足も無事でよかったです。

白石先生が好き

新垣結衣が演じる白石先生が好きです。皆のリーダーにたちながら不安になりながらも色んなことに立ち向かって指揮を執る姿が素敵だなと思います。藍沢先生と白石先生が最後は結ばれるのかと思っていたのですが、そうではありませんでした。次のシーズンに持ち越しかもしれません。

いい言葉だなと思いました

ドラマの最後に藍沢先生が白石先生にいった言葉で九年前は自分のために色んな事を学べるから救命に入ったが九年たった今は誰かのために誰かを助けるために医者をしている、そう思わせてくれたのは仲間のおかげだと言っていました。いい言葉だなと思いました。

コードブルー3の動画10話(最終回)「ずっと涙が止まりませんでした」

(20代男性)

見終わっての感想

それぞれの人生のストーリーがあるなかで,見ている間ずっと涙が止まりませんでした。中でも,藤川が自分より男の子が助かることを優先して,「あれ?1000数えられないのかな?」といったシーンでは,藤川の優しさを強く感じ,感動しました。

藤川の優しさ

今回注目したのは藤川です。これまでの話でも,明るく振舞うキャラクターが好きでしたが,今回の話の中で子供を助けるなどの「優しさ」を強く感じました.子供にペンライトを渡した後の表情にも,その優しさを感じ,一層好きになりました。

橘先生と息子

最後に,橘先生と息子が出会うシーンで,前回心臓移植を断っていた息子が先生にかけたセリフがとても印象に残りました。先生が息子にかけた言葉と,今回息子が先生にかけた言葉の移り変わりから,先生が息子を思う気持ちと息子が先生を思う気持ちを強く感じました。

コードブルー3の動画10話(最終回)「仲間っていいな!」

(30代女性)

見終わっての感想

シーズン3を見ていて最終回をまとめると、仲間っていいな!って感想のみです。同じ現場で苦楽を共にしてきた仲間ほど素晴らしい存在はないです。お互いに信じあって、協力して支えあえる関係って理想です。こんな仲間に出会いたいって羨ましく思えました。

藤川が素敵すぎ

藤川が好きです。シーズン3から藤川がなんだかたくましくなったなと感じていましたが、最終回は藤川が素敵すぎました。子供をかばって、自分の命が危なくなっても余裕を見せて、自分よりも周りを励まそうとしている姿に涙しました。

二人の絆の強さを感じました

冴島が藤川に語った話が素敵でした。どうして藤川を冴島が選んだのか…不釣り合いな二人に見えましたが、すごく冴島のセリフに納得しました。一緒に歩いていける人。それって素敵な関係ですよね。二人の絆の強さを感じました。

コードブルー3の動画10話(最終回)「予想外の展開」

(30代女性)

見終わっての感想

前回のラストで藍沢が生き埋めになったので、もしかしたら藍沢の命が、と思ったのですが、藤川のほうがピンチに陥ってしまったので、予想外の展開でした。フェローたちも成長をして、救命医としての仕事を全うすることができ、ファーストシーズンの藍沢達を彷彿させたと思います。

フライトナースの雪村さんに注目

好きなキャストはフライトナースの雪村さん。最後までクールで感情を見せることはなかったです。その一貫性がすごいなと思いました。また横峯に対するつっこみも変わらずだったので、この2人の関係はかなりいいんだなと感じました。

藤川らしいエピソード

ひん死の藤川が藍沢たちによって助けられ、翔北に運ばれた後、事故の時の状況をベラベラと同僚のナースに話していて、飽きられていたのが藤川らしいなと思いました。

その後、冴島がそばにやってきて、藤川が「なんで俺のことを選んだの?」と聞き、それに対する冴島の言葉がすごく素敵でした。

コードブルー3の動画10話(最終回)「本当に良かった」

(20代女性)

見終わっての感想

予告を見る限り、藍沢先生が生き埋めになってしまい、藍沢先生を救うことができるのか、という話なのかと思っていたら、藍沢先生は埋まっても大した怪我もなくすぐに立ちあがり、藤川先生が重症だったのでびっくりしました。でも藤川先生が無事に助かり、本当に良かったです。

素敵な藤川先生

藤川先生が好きです。子どもをかばって生き埋めになってしまったのも、自分が埋まってしまって本当は不安でいっぱいでも、明るく子どもや、周りの患者さんにも声かけができるってすごいと思います。もともと明るく、ムードメーカーな人ですが、自分が大変でも周りを気遣えて素敵な先生だなと思いました。

幸せになってほしい夫婦

藤川先生が助かり、病室で白石先生に一般整形にうつると話した後の冴島さんと藤川先生のシーンが好きです。冴島さんは、一緒に歩いてくれる藤川先生が好きだけど、藤川先生には本当に行きたい道を一緒に歩いていきたいと言っていたシーンは感動したし、この夫婦には絶対に幸せになってほしいと思いました。

コードブルー3の動画10話(最終回)「次は映画に期待」

(40代男性)

見終わっての感想

ついにコードブルー3は最終回をむかえ終わってしまいました。予告を見た私の予想では藍沢耕作が落盤事故で大けがを負ってしまうと思っていましたが、藍沢ではなく藤川一男が負傷する事態になっていました。意外な展開だったのですが、最終的に藤川も助かり翔北救命センターのスタッフは誰一人かけることなく、この困難を乗り越えることができたので良かったと思います。ドラマは終わってしまいましたが映画化されるようなので、次は映画に期待したいと思います。

藤川一男に感動

最終話で負傷を負いながらも、少年を励まし助けた藤川一男に感動しました。ここで見せた彼の前向きな明るさとその裏にある強さが、今まで翔北救命センターの原動力の一役を担い、仲間たちを勇気づけてきたのだと感じました。

白石のリーダーの自覚

一番好きなエピソードは、白石恵が藤川一男のところに向かおうとしたとき、藍沢耕作が引き留め現場の指揮をとれるのは白石しかいないと言い、藍沢が藤川のもとに向かった場面です。白石は藤川が負傷したことに責任を感じ動揺も見られました。そして以前からリーダーとしての自分に自信がありませんでした。しかし藍沢の一言で少し迷いが吹っ切れたのではと思います。

コードブルー3の動画10話(最終回)「悲惨な状態を見てとても驚きました」

(40代女性)

見終わっての感想

最初は藤川先生(浅利陽介)の悲惨な状態を見てとても驚きました。冴島さん(比嘉愛未)も藤川先生の治療中に何度もあせった様子が見えたのでこのまま藤川先生が亡くなってしまうのかと心配しました。最後は全部丸くおさまって良かったなぁと思いました。

緋山先生が好き

緋山先生(戸田恵梨香)が好きです。緋山先生は興奮すると早口になっておもしろいです。今回も興奮した様子で緒方さんに愚痴っていたかと思ったらいつの間にか愛の告白に変わっていておもしろかったです。笑ったり怒ったりころころと表情が変わりかわいい人だと思います。

冴島さんと藤川先生の素敵なシーン

冴島さん(比嘉愛未)が藤川先生(浅利陽介)に自分の好きな道を進んで欲しいと言ったシーンが良かったです。心配のあまりフライトドクターをやめて一般病棟の整形外科医になって欲しいと希望した冴島さんでしたが、フライトドクターが大好きな藤川先生の気持ちを尊重したいと言った素敵なシーンでした。

コードブルー3の動画10話(最終回)「彼等の成長を感じられました」

(30代女性)

見終わっての感想

事故現場で藤川が怪我をしたものの、結果フェロー達全員無事で良かったです。この事故で名取や横峯も以前よりずっと、きびきび行動できる様になったと思います。灰谷も自分一人で色々な判断ができる様になり、彼等の成長を感じられました。藍沢はトロント行きを決めたので、今後もさらに活躍してくれることでしょう。ラストのシーンを観ながら救命チームは皆、良い仲間だなと思いました。

冷静で完璧な藍沢耕作

好きなのは藍沢耕作です。事故現場で更なる崩落があり、患者を診ていた藍沢と雪村が巻き込まれてしまいます。崩落の瞬間、素早く雪村をかばう所はさすがでした。そして瓦礫の中からすぐに復活した彼は、臆することなく救助を続けるのです。このシーンからも藍沢は、いつでも冷静で完璧な医師だと改めて感じました。

逞しくなった名取

事故現場で緋山と名取が、妊婦を処置するシーンです。母体は無理でしたが、お腹の子はまだ救える可能性がありました。しかし旦那は自分一人で決断し、子供を育てる自信はないと弱音を吐きます。その際緋山と名取が激励し、彼はようやく子供を助ける決意をします。この場面で名取も医師として随分逞しくなったと思いました。

コードブルー3の動画10話(最終回)「嬉しいラスト」

(30代女性)

見終わっての感想

コードブルーシーズン3で、最悪の大規模事故が起きてしまい、ドクターに怪我や命を落としてしまう人が出てしまうかもしれない、と心配していました。でも、一番影響を受けた藤川先生も回復可能な怪我で済み安心しました。この崩落事故により、みんなが自分の進路について考えた結果、藍沢先生だけが予定通りトロント大学に行くことになりましたが、他のメンバーは救命救急に残ることになり、嬉しいラストでした。

比嘉愛未さんの人間らしさ

比嘉愛未さん流産してしまって以来、不安が大きくなっていたようで、浅利陽介さんが危険な仕事を続けることに難色を示すなど、とても人間らしい感情を演じていたので好きでした。もともとは仕事をバリバリするナースだったので、そのギャップに驚き、不安の大きさが伝わってきました。

良い夫婦になりそう

自分のために救命救急から整形外科に移ろうとする浅利陽介さんに対して、「あなたのやりたい仕事をやって欲しい」と伝えた比嘉愛未さんのことを本当に愛しそうに抱きしめる浅利陽介さんの2人を見ていると、良い夫婦になりそうだなと感じました。

コードブルー3の動画10話(最終回)「本当に感動しました」

(20代女性)

見終わっての感想

最初からドキドキが止まらない最終話でした。フェローだった藍沢たちが9年経ってここまで成長して、互いのいい所を吸収した事を実感できる最終話でした。そして、フェローの成長。フェロー達が藍沢たちのチームワークや仕事を見て成長した姿を見て本当に感動しました。

背中で引っ張る藍沢耕作

山下智久さん演じる藍沢耕作が好きな登場人物です。第一印象は冷静沈着で少し冷たい感じがする藍沢ですが、実際はそんなこと無く人のことを考えているけど言葉がいつも足りなくて人とぶつかってしまう不器用な人です。でも、医師としての判断力、技術は本物で不器用ながらも背中でフェローを引っ張ろうとする姿が好きです。

ファーストシーズンからの全てが凝縮

番組後半の藍沢たち全員の進路がどうなるのかという所がグッとくるものがありました。緋山先生の恋模様や進路、そして名取はどうなるのか、藤川夫妻はどうするのか。救命に残るのか?やりたい事をやるのか。白石は1人で救命を支えていくのか?藍沢はトロントに行くのか?この短い時間にファーストシーズンからの全てが凝縮されているようで本当に大好きなシーンです。

最後に

ドラマは終わりましたが、何度でも見返したい名作でした。

この最終回は見逃せません。

[PR]

⇨コードブルー3の10話をいますぐ視聴する
※紹介している作品は、17年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は「FOD」の公式ホームページにてご確認ください。