auビデオパスアプリの使い方

auビデオパスをスマホやタブレットで視聴するときには、auビデオパスアプリを利用しましょう。今回は、auビデオパスのアプリのインストールの手順や基本的な使い方について解説していきます。なお、auビデオパスを利用するための必須条件として、「au ID」(つまり、auユーザーであることを示すもの)が必要になります。

auビデオパスアプリの使い方①「ビデオパスアプリを入手」

auビデオパスのアプリは、「au Market」から入手することが可能です。「au Market」はauユーザーであれば、初期段階から端末に標準設置されています。「au~」と名の付くアイコンが多すぎて、最初は見つけるのが少し困難かも知れませんが、アイコンを非表示にすることは出来ても削除は出来ないようになっていますので、探せば必ず見つかります。

「au Market」を開くと、メニュー画面に移動します。

auビデオパスアプリは、トップページ内には無いので検索をかけましょう。検索窓は、ページを下スクロールしていくと現れます。画面上部にあると便利なのにな、と思います。

検索窓に「ビデオパス」と入力し、“検索”をタップします。

3件がヒットしました。そのうち、いちばん上の「¥ビデオパス」を選択しましょう。

auビデオパスについての説明が表示されます。利用料月額562円(税込)や、ビデオパスで視聴できる作品のラインナップの一部などを確認することが出来ます。“アプリ内課金あり”というのは、レンタル作品を視聴する際に、場合によっては料金が発生するという意味です。「アプリを使う」と表示されている緑色の部分をタップしてビデオパスアプリをインストールしましょう。これでアプリを使用する準備が整いました。

ちなみに、すでにauビデオパス会員である場合は下のような画面が表示されます。

auビデオパスアプリの使い方②「アプリ画面の見方」


au端末のホーム画面からauビデオパスアプリを起動しましょう。スライド告知として、最新の配信作品や特集記事が流れますので、気になったものはどんどんチェックしてみてください。見たい作品が決まっている場合は、むしめがねマークから検索をしてみましょう。

画面上部の「C」のマークはビデオコイン(作品レンタルの際に使用する)を表しています。見放題会員の場合、毎月、月初に540円相当のビデオコインが加算されます。その下の「P」のマークはau WALLETポイントを意味し、auの各種サービス利用時に受け取れるポイントのことです。ビデオパスでは、このポイントをビデオコインとして利用することも可能です。

画面右上の人間マークはマイページです。マイページでは、視聴履歴やチェックした作品、ダウンロードした作品などを確認することが出来ます。

「見放題」作品は、いつでも好きなときに好きなだけ、無料で視聴できる作品です。「レンタル」作品は、ビデオコインを利用してレンタル作品を有料(100円~500円程度)で視聴するもので、こちらには2日~1週間程度の視聴期限が設定されています。「無料おためし」というカテゴリには、最新劇場公開映画の予告編映像や、ドラマ・アニメの第1話など、auビデオパスを長く楽しむためのきっかけ作りに役立ちそうな作品が並んでいます。何を見ようか迷ったときには、無料おためしを覗いてみると良いですよ。

【追記】

auユーザーならauビデオパスを一度は試してみたいですよね。

「auユーザーならお得だから興味がある!!でもお金は使いたくない!!」

そんな人に役立つ初回30日間無料キャンペーンをauビデオパスは開催中です。無料でauビデオパスを試せるこのキャンペーンはいつまで続くか不明です、気になっている人はこのチャンスを活用してください。

[PR]
⇨auビデオパスをいますぐに無料で使ってみる!!