刑事ゆがみの動画1話から6話無料はFOD

刑事ゆがみの動画1話から第6話を無料で視聴する方法について解説していきます。独特の世界観が人気の「刑事ゆがみ」の1話から6話の動画をいますぐに無料で視聴して楽しんで下さい。

目次この記事に書かれている内容は…

刑事ゆがみの動画第1話から第6話が無料なのはFOD

FODなら刑事ゆがみの第1話から第6話を無料で視聴できます。フジテレビ公式サイトなので、安心して刑事ゆがみの動画を視聴できます、いますぐにチェックしましょう。

[PR]

⇨刑事ゆがみの動画をいますぐ視聴する
※紹介している作品は、17年10月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は「FOD」の公式ホームページにてご確認ください。

刑事ゆがみ第1話無料「総合的に面白かった」

(30代女性の感想)
刑事物のドラマが好きなので、今回はどうだろう?と興味本位で見たのですが、総合的に面白かったです。ゆるいキャラの浅野さんと堅そうなキャラの神木くん、その凸凹コンビの掛け合いが面白く、効果音も相まって最後まで飽きずに見ることができました。

久しぶりに拝見した稲盛いずみさんや、成長して好青年になったななぁと感じた神木隆之介くんも素敵だったのですが、やっぱり渋い雰囲気の浅野忠信さん演じる弓神さんが好きです。ゆるいけど頭がきれて、神木くん演じる羽生くんを上手いこと使って捜査を進めていく敏腕さを演じていたので、元々もつ俳優の雰囲気を裏切ることなく上手にハマっていたと思いました。

ラストに犯人を追い詰めて、弓神さんがいつから犯人を怪しいと思っていたかを羽生くんに説明する所が、敏腕さを感じて好きです。(ホワイトボードの字と、玄関のドアに書かれている字が似ていると弓神さんが気付いたところ)ぼや〜っとしてそうで、実は周りをよく見ている洞察力があると視聴者に知らしめたところ。

刑事ゆがみ第1話無料「バディの組ませかたが絶妙」

(50代男性の感想)
バディを組んだ刑事ドラマは定番と言えますが、このバディの組ませかたが絶妙なものでした。人の心を読んだかのような弓神と、優等生的な羽生のコンビは、対照的でうまくいかないようで、絶妙のバランスを生み出していてとても面白かったと思います。

はちゃめちゃさを持った弓神のキャラが、気に入りました。最近ではめずらしく少々の違法捜査をしても真実を解明しようとするドラマ上の演出は、現実ではあり得ないと思いつつ、なぜか痛快に感じて、面白かったと思います。

正義感の塊のような刑事の設定になっている羽生に対して、弓神が、「こいつ童貞で」と言ってからかうシーンが面白く好きでした。現実では、こんなやりとりができる人間関係の職場は、ほとんどなく、ドラマの演出上で、コンビの距離感をよく表していて面白かったです。

刑事ゆがみ第1話無料「凸凹コンビ!」

(30代女性の感想)
浅野忠信と神木隆之介のタッグが新鮮でした。凸凹コンビ!稲盛いずみもかっこいい役で見応えがありました。最後はどんでん返し!まさか杉咲花ちゃんだったとはびっくりしました。

羽生と恋に発展して行くヒロイン役でずっと進んで行くものだと予想していたので、驚きました。二人のシーンがほんわかして初々しくもあり、素敵でした。花ちゃんもう出ないのかな。もう少し見たかったです。

これから羽生がどのように成長し、弓神と絡んで行くのか楽しみに視聴して行きたいと思います。神木隆之介かっこいい!

杉咲花ちゃん演じる坂木望が好きでした。人を殺めてしまった犯人だけど、私は彼女の人情に惹かれました。毎日駅に集まる頑張っている人達をちゃんと見守ってくれている。そんな駅員さん素敵だなぁと。仕事に対してきちんと誇りを持っている。スタンガンを当てられ、手で押しのけた時に大学生の女性が落ちてしまった…正当防衛ではなかったのか?などとついつい望を庇ってしまいます(笑)それくらい私は花ちゃんの演技が好きでした。

坂木望が、電車を見送り見つめるシーン。ここに1番グッときました。毎日同じでつまらない日常でも、望のようにいつも笑顔で挨拶してくれる駅員さんがいたらどんなに救われるか。私はこの望の、人を想うエピソードに、1番胸を打たれました。

刑事ゆがみ第1話無料「斬新です」

(30代男性の感想)
かなり面白いドラマだと思った。浅野忠信と神木隆之介のコンビは意外でドラマがスタートする前から気になっていました。浅野忠信演じる弓神と神木隆之介演じる羽生の刑事コンビが事件を解決していくドラマ。一話は弓神よりむしろ羽生が主人公では?と思うほど羽生にスポットを当てているような感じがしました。新しいドラマだなと思いました。斬新です。

やはり浅野忠信演じる弓神が一番好きです。昔から浅野忠信のファンで、演じている時も独特な雰囲気がありかっこいいです。それにドラマでもそれほど目立たずに、しかししっかりと事件の謎を解いていき、羽生へとバトンタッチしていく。弓神は事件の謎を見抜く凄腕の刑事だと思います。

1話では羽生の元クラスメイトだった車掌をしている1話ゲストの杉咲花が犯人役を演じている。駅で犯人から慰謝料を取っている女子大生を殺してしまい、弓神と羽生とのやり取りをしていく。その途中で羽生が杉咲花に気があるのを察して、弓神が映画のチケットを二人にプレゼントするが、そこから弓神が羽生に犯人が目の前にいるということを突きつける。悲しんだ羽生に自らの手で彼女を逮捕しろという弓神の厳しい課題に羽生は応え、杉咲花を逮捕するという最後のエピソードが好きです。

刑事ゆがみの動画2話無料「嘘がポイント」

2話は羽生先生の剣道教室から、剣道を羽生先生に教えて貰いたい人が沢山いるはず。

剣道の胴着着てると神木さんは宗次郎とか思い出しちゃいます、アクションもすごかったですが刑事ゆがみでもそんな激しいシーンはあるんでしょうか。

そして浅野忠信さんが出てきて「嘘」についてのやりとり、今回は「嘘」に関わる話なんでしょうね。冒頭から見せ場が多いです。

刑事ゆがみの動画2話無料「ゲストは斎藤工さんと水野美紀さん」

2話のゲストは斎藤工さんと水野美紀さんです。

水野美紀さんはなんだか稲森さんと似てますが、どちらもいい女優さんです。今回水野美紀さんはどんくさい女教師役、地味な女性役も似合ってます。

水野美紀さんはいつもサバサバしている役が多いので大人しい女性の役をやるとそこはかとない魅力があります、意外にいい感じです。

意外といえば斎藤工が泥棒の常習犯として登場、盗品に番号つけて全部キレイに保管とかなり几帳面な役柄です。ただ取り調べででは神木さんとバカバカ言い合っていて面白かったです。

そして被害者役は中川大志さん、そのお母さんが黒沢あすかさん、渋い配役です。このお母さん役の黒沢あすかさんはヒミズの最低なお母さん役が印象的でした。

刑事ゆがみの動画2話無料「羽生刑事が面白い」

羽生刑事がいつもいじられ役で面白いです、斎藤工さんとの子供のケンカのような取調室は独特の空気感でした。そして浅野忠信さんには盗撮されていじられる始末、こんな神木さんは他ではちょっとみれません。

この感じはなんだかクドカンテイストで予想以上に面白いです、いま放送中の監獄のお姫さまに似たトーンです。

刑事ゆがみの動画2話無料「修羅場からの感動」

今回も伏線が沢山はられた展開でした。マウスもペン立ても左手の方にあったので被害者は左利きということがわかります、これがどう影響してくるのか気になります。

そして出て来る登場人物が全部怪しいです、被害者のお母さんも水野美紀さんも、もしかしたら被害者の自演の可能性もありそうです。

そして最後はとんだ悲惨な修羅場から、こじらせた人達の悲しい展開、そして最後はちょっと救いのある感動おちでした。

嫉妬に狂う中川大志さんも、水野美紀さんにもどっちにも引き込まれました。

そして最後にオープニングの会話にあった「嘘」が絡んでくる伏線回収でした。

でも思うんですが古典の先生ってなんでこういう今回みたいな役回りが多いんでしょうか。

刑事ゆがみの動画第3話無料「成長していく羽生」

(30代女性の感想)
羽生は真っ直ぐだから弓神の思い通りに動く。手のひらの上ころころです。腹黒くてもピュアな羽生は憎めません。信じたいものと現実にはさまれて成長していく様を見ていると自然と応援してしまいます。腹黒さはまあ、おいといて、汚れた大人になってほしくない人だなあ、と思ってしまいます。

3話でよかったのは弓神です。どこまで本気でどこから演技か分からない飄々とした感じ。浅野忠信は本当に適任だと思います。ふざけているようで信念に基づいて調査し、本質を見抜く目をしっかり持っている。はっとします。ただ、トイレ借りると思いきやしっかり違法捜査しちゃうところがダメな人だなーと思いますが、結果にしっかりつなげるところに頭の良さを感じます。

事件の全容が見えて真下の娘に報告しにいくシーンが好きでした。対女性経験値低めの羽生が、気を使って席をはずしたその方法こそ弓神から学んだ物だということ。もっといろいろ言い方はあっただろうに、棒読みのトイレ行きたい発言は弓神を手本としてしまったからなのね。でも、それも成長だなと感じました。

刑事ゆがみの動画第3話無料「最後は泣きそうになりました」

(40代女性の感想)
どうにもこうにも切ない話で、最後は泣きそうにすらなりました。過去の罪を隠したまま背負ってきた先輩。その先輩を今まで尊敬し続けてきた刑事・羽生。全てが暴かれて真実が明らかになったときの羽生の気持ちを思うと、やりきれないです。

純粋にまっすぐな羽生がいいですね。今回も彼が先輩を心から尊敬していたからこそ、成り立つ話だと思います。ちょっとでも先輩を疑うような気持ちがあったら、インパクトは薄かったことでしょうね。いつまでまっすぐなままでいられるかがカギになるような気がします。

やっぱり、羽生がまっすぐに先輩を思い、尊敬する気持ちが好きでしたね。その気持ちがあってこその展開だったと思うからです。弓神に指定されたところを掘るとき、彼はどんな思いだったのでしょうか。きっととても切なく、悲しかったのではないかと思います。

刑事ゆがみの動画第3話無料「腹黒な羽生の熱意」

(30代女性の感想)
弓神と違い出世もしっかり狙っている腹黒な羽生ですが、交番勤務時代の尊敬する上司の退職辞令交付式に対して並々ならぬ熱意を持っていることにびっくりしました。お世話になった人に対する感謝の気持ちを忘れない良い人で純粋なの面もあるんだなと感じました。

やはり、掴みどころがないけれど事件の度に発揮する鋭い犯罪の真実を見抜く力を持つ弓神が一番好きな登場人物です。羽生と違い出世など考えていなくていつもふらふらしている印象ですが、その中でもしっかり事件関係者を観察している所がすごいと思います。

警察官である自分の父親が実の娘である姉を事故とはいえ殺してしまい、それをたった一人の肉親であるもう一人の娘にずっとひた隠しにしてきたことを許せない妹に対して羽生が「それはあなたを守るためだったと思います。」と今でも尊敬している気持を伝えた時に、複雑だけど本当の気持ちを伝えた真摯さが素敵だと思いました。

刑事ゆがみの動画第3話無料「浅野忠信さんの力の抜け具合」

(30代女性の感想)
浅野忠信さんの力の抜け具合が、とても気持ちが良いです。そして、神木隆之介さんに対して、何度も「腹黒っ!」と言っているのが面白かったです。神木隆之介さんの固さがとれてきて、だんだん2人のやりとりのテンポが良くなり、思わずニヤッとするシーンが増えています。

浅野忠信さんかなり抜けたところが多いように見えて、人を見る目はかなり確かなものがあり、鋭い観察眼を持っているのですが、それを感じさせないところが好きです。実は、後輩が自分で成長するように促している良い先輩だなと思います。

浅野忠信さん、神木隆之介さん、稲盛いずみさんの3人が署長に呼ばれて、署長の座右の銘である「実るほど頭を垂れる稲穂かな」は、自分の座右の銘であると言い切った神木隆之介さんの腹黒さにニヤッとさせられました。

刑事ゆがみの動画第4話無料「さらなる仕掛け」

(20代女性の感想)
男女の三角関係のもつれから起きた殺人事件かと思いきや、さらなる仕掛けがありとても見ていて面白かったです。ドラマで描かれる殺人の動機となる事柄はたくさんありますが、あまりないような結末でした。いつも期待を裏切られるので、見ていてとても面白いしまた次も見たいと思わせてくれるドラマです。

よかったのは高梨臨さん演じる堤です。高梨さんが好きということもありますが、堤という女性は、大切な人を守ろうとするとても強くて素敵な女性です。女性でありながら、とても強さと大きな優しさを持っているキャラクターだなと思ったからです。

高梨さん演じる堤が指輪をしているのですが、その指輪に隠された秘密がとても素敵でした。女性がジュエリーを身につける時はそれなりの理由があったりもするものだと思いますが、大切な人を想い、大切な人を感じられるからという理由が隠されていてどれだけ大切に思っていたかが表現されているシーンでした。

刑事ゆがみの動画第4話無料「奥が深くて驚き」

(30代女性の感想)
建設会社の社長令嬢と、その会社の同僚の女性が建築士の男性を取り合う三角関係ではなく、奥が深くて驚きました。入念に打ち合わせをした女性2人が男性を殺害するという展開は想像していなかったので、浅野忠信さんの推理力、観察力に今回も感心させられました。

浅野忠信さん見かけは、ちゃらんぽらんな感じですが、犯人のおかれた環境や心情も鋭く観察して、事件解決に結びつける推理はさすがです。後輩の神木隆之介さんに対しても、押し付けるような指導はせず、黙って背中を見せるような素敵な先輩だと思います。

浅野忠信さんと、神木隆之介さんが2人で昼食を食べるときに、どちらがその食事代を払うかということで、お互いの秘密を撮った証拠写真を見せ合うところが楽しかったです。浅野忠信さんは先輩なんだから払えばいいのに…と思いながら、子供のような2人の姿にニヤニヤしてしまいました。

刑事ゆがみの動画第4話無料「複雑な問題と人間関係が引き起こした事件」

(40代女性の感想)
複雑な問題と人間関係が引き起こした事件だと感じた。弓神は人の心理を読み解き、そこをえぐるのが上手い、と今回は特に感じた。堤の高遠への純粋な愛からくる犯行ではなく、それ以前からの大山への嫉妬や恨みなど殺意が芽生える動機もつついている。弓神の観察眼の鋭さと高遠に真相を吐き出させるように語りかける渋さが良かったです。

堤の後輩役でおしゃべりな飯杉真澄役の飯豊まりえちゃん。可愛さと若さが際立っているし、社内の噂話も大好き。深くて重たいきれいなお姉さま方よりも、悪意のない軽薄さが視聴者目線だとふっと和むので、ほほえましくて好きです。かりにも上司が一人死んでいるのに、堤から見せられた携帯の着履歴を「超絶、キモくないですかー。」と連呼するシーンは愛くるしいです。

弓神と羽生の定食屋での軽快な駆け引き。はじめは弓神にしてやられてばかりだった羽生が、やることがだんだん弓神化してきて、とうとう弓神をやりこめるシーン。羽生が「持つべきものは財布より秘密、でしたっけ。」と、ニヤつきながら弓神に捨て台詞を吐いて定食屋を後にする姿に、転んでもただでは起きないたくましさをみて応援したくなりました。

刑事ゆがみの動画第4話無料「切ない事件」

(40代女性の感想)
刑事のゆがみの第4話は、とても面白かったです。弓神と羽生が、弱みを握りあいながらも仲良く事件を解決する所が、笑えました。事件は、切ない事件でしたが。事件聴取の時に弓神と羽生が、切ない表情をしていたのが、今回の事件を物語っていました。

注目は羽生刑事です。弓神におごらせられたり弱みを握られたりとするキャラですが、弓神にやり返すところが、かわいいです。それに毎回、休日に弱みを握られる所に行くところが、面白いです。今回は、羽生も弱みを握り得意げになっておごらせたりしていて愛すべきキャラだと思いました。

定食屋での弓神の食い逃げに近い行動ですね。食べたら羽生に食事代をおごらせるお決まりの行動が、面白かったです。羽生が、やり返したときにお茶をすすりながら「つけで」と言ったときは、そうきたかとテレビの前で感心してしまいました。

刑事ゆがみ5話の動画「なかなか答えがでませんでした」

(30代女性の感想)
誰が原因で起きてしまった事件なのかを考えたら、旦那と秘書が悪いようで、やっぱり奥さんが悪いようで。でも、そんな男を選んだ奥さんが悪いのか、夢を絶たせた父親が悪いのか。なかなか答えがでませんでした。罪は罪ですが、奥さん可哀想と思ってしまった私がいます。見る人の立場によって悪を感じるポイントが変わるのかなと思いました。旦那は許せないけど秘書に対する嫌悪感は言い表せないです。

弓神です。見た目と振る舞いがいい加減ですが、ポイントをしっかり捉えた行動ということがわかれば尊敬に値する人物とわかります。ただ、度を越えたいい加減さがたまらなく好きです。しかも結果を伴わせるなんて素敵です。

動物園での捜査員のみなさんの変装っぷりが好きです。菅能さん、こどもに馴染みがないからか母親になりきれてなくて笑えます。ネタばらしするまであの親子ごっこをさせられていると考えると余計笑えます。ネタばらし後の様子も見たかったです。

刑事ゆがみ5話の動画「天性のカン」

(30代女性の感想)
もしかしたら、誘拐事件が発生して、捜査に加わるように命じられたときから、浅野忠信さんは犯人は奥さんの板谷由夏さんだとわかっていたのではないか、と思いました。浅野忠信さんにとっては、いつも最初にピンと来て、それを確かめていくための捜査をしているという天性のカンがあるのだろうと思います。

板谷由夏さんどんな理由があろうと、犯罪を犯すのはよくないと思いますが、夫の気持ちを取り戻し、娘と3人で幸せな家族を築きたいと考えるのはわかるので、妻としての寂しさとせつない女心がよく表現されていたなと思いました。

娘が誘拐されて、自宅前にマスコミの取材が押しかけて来たときに、夫から久しぶりに抱き寄せられて、妻としての気持ちを味わったことを、浅野忠信さんや神木隆之介さんに涙ながらに話すシーンが印象的でした。不倫していた夫のことをそんなに愛していたのか…と実感できるシーンでした。

刑事ゆがみ5話の動画「夢中になって観てしまうストーリー」

(20代女性の感想)
今何かと話題になっている「不倫」をテーマとしているだけに、つい夢中になって観てしまうストーリーでした。過去に起きたロイコ事件に関して、弓神や氷川が過剰反応していましたが、一体過去に何があったのか謎が深まって、早く次回にならないかなと思いました。

山本美月さん演じる氷川がキャラクターとしてとても好きになりました。今までは影でサポートする役でしたが、今回は徐々にスポットが当たるようになり、人間らしい一面も見れた気がします。まだまだ秘密が沢山ありそうなので、目が離せないキャラです。

板谷由夏さん演じる妻と夫の不倫相手の女性の、水面下での密かなバトルが印象に残ってとても好きです。ドロドロとした感情ではありますが、女性の強かさを感じてつい釘付けになってしまうようなシーンでした。台詞がなくてもあれだけのバチバチしている雰囲気を演出できる女優さんはさすがでした。

刑事ゆがみ5話の動画「羽生がかわいくて好き」

(30代女性の感想)
ついにヒズミの過去に関する秘密が明かされました。ずっと気になっていたので少しスッキリしました。ドラマ全体の中でも重要なストーリーだったと思います。今回は模倣犯でしたが、今後の展開にも関連してきそうですね。さらに面白くなっていきそうな予感がします。

羽生がかわいくて好きです。今回も弓神にうまく使われていましたね。焼却炉で探し物をさせられたり、下着を見つけてオロオロしたり、屋敷に戻ったら誰もいなくてまたオロオロしたり。しっかりしているようで抜けていたり、すぐにムキになったりする姿がホントにかわいくて、見ていてほっこりします。

弓神が犯人に犯行を問い詰めるシーンが良かったです。今回はちょっと怒ってました。娘を巻き込んだからでしょうか。いつもデタラメばかりやっている弓神が、本当はすごく真摯で真面目な面を持っている事をうかがわせるシーンでした。泣きながら激白する犯人の演技もとても上手かったです。

刑事ゆがみ6話の動画「弓神と羽生の掛け合いがとてもナチュラル」

(30代女性の感想)
6話になり一層、弓神と羽生の掛け合いがとてもナチュラルに感じました。二人の意地の張り合い、騙し合いの様な会話が出てくる所が好きです。6話は少女の犯した犯罪という事があり、弓神のおちゃらけた様子もいつもより控えめでシリアスでした。ポケモンGOの様なスマホゲームが出てきたのも面白かったです。

テンドーカンパニー社長の天堂英里です。一番の理由はその社長を演じたMEGUMIが好きだからです。サングラス姿で出てきた場面がありましたが、とても目立っており素敵だと感じました。また役としては最後の最後に作品の中で非人道的な行為を行っていた貝取を切った所はとてもスッキリとして良かったです。

羽生が、事件への関与が疑われる家族に対して感情移入していた所が印象に残っています。それを悟っていた上司から、恋愛と同情は禁止というような事を言われていた部分に「警察官以外でも成り立つ注意である」と感じました。それでも仕事と分かっていても、仕事で関わる人に何も感情がわかない事はないのにと思わされました。

刑事ゆがみ6話の動画「ラストにびっくり」

(40代女性の感想)
事件の犯人が11歳の女の子というラストにはびっくりしました。大好きだった父親の自殺の原因を作った貝取を許せなかったという彼女のまっすぐな気持ちが「私は悪くない」という言葉に象徴されているように感じました。「この後、彼女はどうなるんだろう」と思うと、見終わった後になんだか切なくなってしまう話でした。

光希が好きです。容疑を掛けられた祖父を守るかのように貝取に会いに行く姿に、父親だけでなく、自分の家族のことが本当に好きだという思いが伝わってきて、事件が解決した後も明るくふるまっているのが印象的でした。彼女の演技がとても自然で、表情も豊かで、見ていて胸が熱くなりました。

弓神が光希に事件の真相について優しく語りかけた後に、泣きじゃくる彼女を抱きしめているシーンが印象的でした。しっかりしているように見えても、やっぱり11歳の女の子なんだというのがうまく表現されたシーンだと思いました。

刑事ゆがみ6話の動画「好きなエピソードになりました」

(20代男性の感想)
子供にとって親がどれだけ大きな存在であるかを改めて思い知らされた6話でした。光希と父親の回想シーンも多かったため、光希に感情移入もしやすかったところがよかったです。光希の父親に対する気持ちがよく伝わって来ました。

6話の登場人物で好きなキャラは、新田真剣佑さん演じる貝取です。貝取は、かなり性格が歪んだ悪人でしたが、その悪人ぶりを新田真剣佑さんが非常にうまく演じられていたため、貝取が好きなキャラとなりました。悪人ながら、いい味を出していたと思います。

6話で特に好きなエピソードは、弓神が羽生にお前は性欲があると言った時に、羽生がすかさず弓神に突っ込むというエピソードです。この弓神に対する羽生の突っ込みが実に歯切れよく、まるで漫才を見ているかのような気分になって笑えたので、好きなエピソードになりました。

刑事ゆがみ6話の動画「楽しませてもらいました」

(30代女性の感想)
6話も豪華なゲストが犯人役で、また楽しませてもらいました。やり手で天狗になっている青年実業家は新田真剣佑には、ぴったりのはまり役だったと思います。金に目がくらんで、自分のために働いてくれる人を思いやれない人は孤独だなと思います。

浅野忠信さん毎回のことですが、いい加減に見えて、いつも鋭い観察眼を持ち、犯人を特定していく浅野忠信さんには感心させられます。バディの神木隆之介さんにも、さりげなく先輩の背中を見せる感じがとてもかっこよくて好きです。

自殺した父親の恨みを晴らそうとするけな気娘が、とてもいじらしく、悲しいくらいに描かれていて、あんなに小さいのに、1人で辛い思いを抱えているのは、かわいそうだと思いました。これから、幾つになれば、気持ちの整理がつくのかわかりませんが、応援したくなりました。