auビデオパスのデータ通信量はどのくらい?

auビデオパスで映画やドラマをスマホで楽しみたいけれども通信制限が気になる、ということはありませんか?通常、動画サービスの利用にはWi-Fi環境が推奨されていますが、データ通信量がいったいどのくらいかかるのか気になりますよね。そこで今回は、auビデオパスを利用するにあたっての通信量がどのくらいかかるのかについて、調べてみました。通信制限とのバランスをとりながら動画を楽しむためのご参考になれば幸いです。

auビデオパスの通信量

それではさっそく、auビデオパスのデータ通信量をみていきましょう。データ通信量は、動作環境や使用デバイス、端末の状態によっても変わってきますので、これからお伝えするのはあくまでも目安としてご覧ください。

auビデオパスの公式サイトにはデータ通信量の目安として上の画像のように説明されています。例えば3G回線においての約2時間の動画視聴では、約300万パケット使用することになるようです。これをもとに考えていきましょう。

約2時間程度の動画視聴に必要な通信量が約300万パケットですので、約30分の動画視聴に必要な通信量はざっくり割り算すると約75万パケットということになります。LTE回線では通信量3GBの目安が約7時間半程度、そして通信量5GBの目安が約12時間半程度となります。えーと、そうですね、約30分の動画視聴にはおよそ、そうですね、200MBくらいでしょうか、必要になりそうですね。

3Gの場合、映画3本くらい見たらもうギリギリですし、5Gであれば1話約40分の海外ドラマをギリギリ1シーズン分、視聴し終えられるかどうかといったところです。ただ、たとえスマホで5Gの契約をしていたとしても、実際にはアプリ使用だけでなく、ちょっとしたネットサーフィンや天気情報の閲覧なんかでもどんどん通信量を使ってしまうことになりますから、動画視聴にあてられる通信量はかなり限られます。

映画1本見られれば良いほうなのではないか?と思ってしまいます。

選ぶ画質によっても違う?

データ通信量は再生画質によっても多少異なるようで、高画質のほうがより多く通信量を使用し、低画質で再生するぶんには通信量をわずかでも抑えられるようです。なんとなくそんな気はしていました。高画質を希望する皆様に、より綺麗な映像で楽しんでもらうために、再生時間+映像の細やかさを裏で一所懸命に支えてくれている存在があるわけです。それが通信量です。

やはりWi-Fiが良い

auビデオパスでは動画をダウンロードしてオフラインで視聴する方法がありますが、それでもダウンロード時には、ダウンロードにかかる時間や選ぶ画質によってデータ通信量を結構使うことになります。ここまでいろいろと通信量について書いてきましたが、なんだかんだでやっぱりWi-Fi環境のあるところで楽しむのがベターです。通信制限を気にしてせっかくの幸せ動画視聴タイムが楽しめなくなってしまうのはとても残念ですから。

【追記】

auユーザーならauビデオパスを一度は試してみたいですよね。

「auユーザーならお得だから興味がある!!でもお金は使いたくない!!」

そんな人に役立つ初回30日間無料キャンペーンをauビデオパスは開催中です。無料でauビデオパスを試せるこのキャンペーンはいつまで続くか不明です、気になっている人はこのチャンスを活用してください。

[PR]
⇨auビデオパスをいますぐに無料で使ってみる!!