LINEアカウント乗っ取り!?その後の対応は

iconline

心当たりもなく突然LINEに入れなくなったり、携帯端末以外からのログインがあったり、友人知人から『金品を要求された』などの情報が入ったらそれはLINEを乗っ取られています。その時の対象法を考えていきます。



スポンサードリンク

乗っ取りに気が付いたら

まずは知人や家族にLINE以外の方法で乗っ取られていることを伝えましょう。金品の要求には応えないように、またスパムメールやウイルスなども送られてくる可能性があるので、URLなどはクリックしないように伝えましょう。

犯人は「iTunesカードを買ってきてほしい」などとコードさえ分かれば対面受け取りの必要ない金品を要求してきます。

またほかにも「電話番号なんだっけ」や「メールアドレス教えて」などと巧妙に個人情報を聞き出し、相手を次のターゲットや他の犯罪のターゲットにしようとしたりします。

もし、まだ自分のLINEに入れるようであれば早急にアカウントを消してしまうことをお勧めします。

自分のLINEアカウントに入れない

よくあるパターンですが、乗っ取られた瞬間に犯人がパスワードも登録メールアドレスも変えてしまい、自分のLINEアカウントに入れなくなることがあります。この場合にはどうすることもできませんのでLINE本部にメールを送り、対処をお願いするしかありません。

スポンサードリンク

しかし、多くの場合の犯人はある程度の金品や情報を得たのち、もしくは手ごたえが感じられなかった場合にはLINEアカウントを勝手に削除されてしまうので乗っ取られた人は、新しくLINEアカウントを作るしかなくなります。

乗っ取りのその後の対応は

先ほど乗っ取られたアカウントは、犯人により削除されてしまうケースがほとんどだと述べましたが、ごくまれに手元に戻ってくる場合があります。しかし、この場合でも乗っ取りが繰り返されてしまう可能性がありますので、削除してしまうのが最も良い方法と言えるでしょう。

また、新しく作り直す際には乗っ取り防止策として、『ほかのSNSで使用しているメールアドレスやパスワードとは違うものを使用する』ことや『推測されにくいパスワード(辞書に載っている意味のある単語は使わない)を使用する』ことに気を付けましょう。

友人のアカウント乗っ取りに気が付いたら

今までとは違う話し方で語りかけてきたり、突然金品を求めてきたりした場合、乗っ取られているのかもしれないと疑ってみましょう。LINE以外の方法で友人と連絡を取ったり、個人的な会話に持ち込んで様子を見てください。

相手から送られてきたURLなどは決して開かないように注意しましょう。

友人のアカウントが本人ではないとの確証が得られたらブロック、もしくは削除をしてしまいましょう。今以上の被害を拡大しないためにも、相手にしないことが一番です。

スポンサードリンク