海月姫の瀬戸康史と菅田将暉の女装対決

ドラマ『海月姫』はもうご覧になったでしょうか?

映画では菅田将暉ですが、ドラマ『海月姫』では瀬戸康史が出演しています。

クラゲオタク女子や他に三国志オタク、枯れ専オタクなどの女子より女子力が高い2人、見逃せません。

海月姫の瀬戸康史と菅田将暉の女装対決その1

どちらがより女装が似合うか?観ていて思うのは、どちらも甲乙つけ難いかな?と言った感じです。菅田将暉は、目力が有り、瀬戸康史は口元が女らしいですね。そこがチャームポイントと言ったところでしょうか?

又、菅田将暉は、なんと言っても、美脚です!脂肪率一桁デスね!瀬戸康史の身長は175センチとモデル並みの体型をしています。

瀬戸康史は、先程も申しましたが、口元がとても綺麗で、ピンク色のルージュが似合ってました。髪型も小顔で長身を生かしてバランスのとれたセミロングでした。元々顔立ちが童顔のせいか、女装していても絶対男性だなんて分からないレベルです。

海月姫の瀬戸康史と菅田将暉の女装対決その2

2人とも、女装が其々似合っています。行動的な面として観た場合、菅田将暉は、野生的魅力があり、瀬戸康史は知性的魅力があります。動物に例えて言うならば、菅田将暉はジャガーで、瀬戸康史はバンビと言ったところでしょうか?

タイプが正反対なのに2人とも女子力偏差値が非常に高くて驚いています。

菅田将暉は劇中で、女らしくするも、台詞の端々に垣間見える男っぽさが出ていて、それがまた強い女性のイメージが色濃く出ていました。
対する瀬戸康史は、やはり女らしく努めるも、時々男特有の低い声で発する台詞がなんとも魅力的で男らしさを覗かせていました。

海月姫の瀬戸康史と菅田将暉の女装対決その3

劇中の菅田将暉は、パーソナルカラーで言えばイエローアンダートーンと言って、その中でも春タイプですね。顔立ちが華やかで明るくて元気な人は、オレンジ色、黄色がよく似合います。彼の特徴を生かしたファッショナブルな服装が展開されていました。

対する瀬戸康史は、パーソナルカラーで言えばブルーアンダートーンと言って、その中でも夏タイプです。上品で瞳の穏やかな感じの人は、ブルー、ピンク色特にフューシャピンクが似合います。ドラマの中で、この色のスーツを綺麗に着こなしていました。

菅田将暉は、テレビ番組のインタビューで、趣味で自分のジャンパーなどに刺繍をしたり、洋裁をして服を作ってると答えてました。刺繍は、仲の良い芸能人達と共同でしているそうですが、完成品を是非見てみたいですね!

瀬戸康史には、芸能人の妹がいるので、女子の生活振りを毎日自然と見てきたせいか、女性らしい何気ない仕草やポーズも難なくこなしています。

まとめ

このように、女子力が女子より遥かに高い2人の女装対決は、互角といってもいいです。映画では、原作ファンの視聴者をターゲットに製作されているので、比較的明るく元気な女子を演じられる菅田将暉を起用し、ドラマでは、子供から大人世代迄幅広い層をターゲットにしているので、比較的穏やかで上品な雰囲気の瀬戸康史を起用したのでしょう。

2人とも女装役を演じて、演技の幅が更に広がったでしょうし、男性からも女性からもファンが増える事を期待したいですね!

【追記】

海月姫に興味があるなら、無料でドラマの動画を視聴したいですよね。

実は海月姫には無料でいますぐに視聴する方法があります。もちろん著作権無視の動画を見るとかそんな怪しげなものではありません。気になる方は別のページにまとめたのでぜひチェックしてみて下さい。

⇨海月姫の動画無料視聴方法をいますぐチェックする