LINEでの既読無視が意味するものとは

iconline

LINEで友達に送ったメッセージに返事が来ない。おかしいなぁと、純粋に待っているあなた。本当は『既読無視』をされているのかもしれません。LINEの既読無視の深い意味まで詳しく解説していきます。



スポンサードリンク

既読無視ってそもそもなに?

返事がくるであろう文章を送っているのにいつまで経っても返事が来ない。おかしいなぁとトーク画面を見てみると、自分が発した最後の吹き出しの横に既読の二文字が。相手がこのメッセージを読んだことを意味するこの既読。これがついているのに返事が来ない。つまり、読んでいる(既読が付いている)のに返事をしていない(無視をしている)ということ。これを既読無視というのです。
既読無視の理由にはさまざまなケースが考えらます。

あえての意思表示『既読無視』

誰しも言われてカチンとくることや、言いたくないことのひとつやふたつはありますよね。LINEはメールや電話よりもフランクに会話することが出来るという点で気が付かずそういった〈地雷ゾーン〉に踏み込んでしまうことがあります。その際、『それは言いたくないし』『あなたに関係ないでしょ』とわざわざ返すのも喧嘩腰になってしまい気まずいですよね。そういう時に有効なのが既読無視です。既読無視をすることで、やんわりと拒否することが出来ますし、送った側も「あ、今のは不味かったかな、話を変えよう…」と、さりげなく話題を変えていくことが出来ます。

スポンサードリンク

やむを得ない事情で『既読無視』

移動中や休憩中など限られた時間やスマホの充電が少ない状況でLINEを使用している際に起こるケースです。例えばお昼休憩ぎりぎりにメッセージが届き、内容を見るまでは出来たが返事を返す時間が無くなってしまった。また、返事を書いている途中でスマホの充電が切れてしまった。そういう時には無視をするつもりは本人にはなくとも、相手にはそう取られてしまう可能性があります。次に時間が取れて返事をするとき、返事が遅くなった理由や謝罪を入れると、勘違いされずにすむかもしれません。

ブロックするほどではないけれど興味がないという意思表示の『既読無視』

既読がつくということは、メッセージがちゃんと届いてそれを読んでいるということ、もしブロックをされていれば、メッセージそのものが相手に届かないので既読になるということはありません。
例えば上司だったり、いつも一緒にいる友人グループの一人だったりしてブロックをしてしまうには宜しくない関係にある場合、でも連絡を取ってほしくないなという意思表示のために、既読無視を決め込む場合も少なくありません。

返事はいらないと思っているゆえの『既読無視』

これは男性やさばさばしたタイプの人によくあるパターンですが、届いたLINEがそれで終わっていると捉えられ『返事がいらないかな』と思われた場合、当たり前ですが既読無視状態になることも多くあります。

既読無視をされた背景を考えてみましょう

LINEは便利なツールですが、コミュニケーションの状況を色濃く反映してくれるものです。突然の既読無視の背景には、きっとヒントとなるきっかけがあるはずです。既読無視されたからと相手を非難したり悲しむ前に、原因を考えてみるのもよい方法です。それをきっかけに、相手との関係が修復できることがあるかもしれませんね。

スポンサードリンク