海月姫のドラマ主題歌

海月姫盛り上がってきましたね!月海の恋、瀬戸康史君のファッション、天水館の尼~ず達の未来、気になるところ満載です。

今日はもう1つドラマを盛り上げる要素をご紹介します。それは海月姫のドラマ主題歌です。



スポンサードリンク


海月姫のドラマ主題歌 Beverly 「A New Day」

初めて聞いたときのびやかなきれいな歌声と、ビアノの一音一音が響く旋律でひきこまれるバラードだなぁって思いました。プロモーションビデオも見たのですが、小さなオーケストラの真ん中で彼女が歌っているものでした。いろいろなカットのあるものより歌がよく入ってきて聞き入れるものでした。

こんな歌がカラオケで歌えたらすごく気持ちいいですね。ピアノ曲になってたら楽譜とか欲しくなりました。あまり詳しく知らなかったのでちょっと調べてみました。

海月姫のドラマ主題歌を歌うBeverlyさんってどんな人?

2016年にフィリピンから日本に移住して、日本での歌手活動をされています。「規格外」もしくは「異次元」などと評価が高く、高音域まで届くハイトーンボイスが魅力的な方です。

MISIAさんや伊藤由奈さんを思わせるような方だと感じました。日本に来ることを希望されており、とてもうれしいようです。

フィリピンでの歌唱コンクールの賞をいくつも取り、その後トレーニングを重ねて日本に移住しました。

beverlyのすばらしいライブパフォーマンスに惚れ込んで、小栗旬さんは自身が主演するドラマのプロデューサーに紹介したとか。それを機にドラマのテーマ曲、挿入曲も決まったそうです。



スポンサードリンク


海月姫のドラマ主題歌の世界観

この歌を聞いたとき、海月姫の一通りのお話を知ってからこの曲ができたのかなと思うくらいぴったりだと思いました。

イラストレーターを夢見て上京したけどいまだ夢が叶っておらず仕送り生活の月海。月海自身をふわふわしたクラゲに例えているのではないかと思いました。

また、女装を楽しみ我が道を歩むが、自身が何をしたいのかあまり定まっていない蔵之介。

蔵之介は月海を励まして尻をたたいているように見えるけどそうすることで蔵之介自身も自分の道を見つけていけるのではないか、そんなことを歌っているようにも感じました。
そして二人はお互いに助け合い、支え合って生きてくのではないかなと思わせるような歌詞でした。

となると修とはどうなる?と思ってしまいますが、あくまで感じた事の感想なので、実際の歌を聞いて考えてみてください。

まとめと感想

何回も聞いているとやっぱり歌唱力が半端ないなぁって思います。もっとヒットしていろんなドラマの主題歌も決まってくれるといいなぁと思いました。

ライブで聞くともっと心に響くと思うから大きなホールでぜひともコンサートを開いて欲しいと思いました。マイクなしのパフォーマンスなんかあるときっとすごいでしょうね。

beverlyさんの歌の魅力もあり、ストーリーも目が離せない海月姫。ストーリーだけでなくたくさんの魅力があるドラマですね。



スポンサードリンク