「海月姫」第3話の動画のネタバレと感想

ドラマ「海月姫」第3話の動画を感想を交えつつネタバレしちゃいます。

第3話にはどんなオリジナルのストーリー展開になっているのかもご紹介していきます。兄弟が原作と逆の設定になっているなど、オリジナルのストーリーも盛り込まれ、話題になっているドラマ「海月姫」の第3話の動画はどのような展開になっているのでしょうか?

ネタバレの他にも、いますぐに海月姫の第3話の動画を視聴する方法を紹介するので、ドラマを実際に見たいという人は活用してください。

「海月姫」第3話の動画をまだみてない方へ

まだ「海月姫」第3話の動画をみてない方で、もしいますぐに視聴できるならネタバレ解説よりも自分の目でドラマを見たいと思う人は、無料でいますぐに視聴できる方法もあるのでそっちをチェックしてもいいでしょう。

フジテレビのサイト「FOD」では海月姫のドラマが全部無料で見れちゃいます。ネタバレ記事を読むよりも時間はかかりますが、実際にドラマをみたい人はFODでいますぐに無料視聴しちゃってください。

FODの公式サイトはこちら
[PR]

海月姫第3話のネタバレ「月海のクラゲ愛が炸裂」

それでは「海月姫」第3話のネタバレを紹介していきます。

前回からの続きで、蔵之介がクラゲドレスのデザインを考え始めます。図鑑を参考に考えていた蔵之介がハナガサクラゲを参考にしようとするのですが、そこで月海のクラゲ愛が炸裂します。

蔵之介が描いたハナガサクラゲの絵に不満を感じた月海は物凄い早口でハナガサクラゲの説明を捲し立て、蔵之介がドン引きしているところに月海が描いたハナガサクラゲのイラストを見せます。

蔵之介は月海が描いたハナガサクラゲのキレイさに感化され、月海のイラストを基にドレスを作り始めます。ここで感心したのは月海の早口長セリフを見事に熟した芳根京子さんです。あの早口長セリフは迫力がありました。流石女優さんですね。

月海と修の恋も動き出す!?

月海のイラストを自宅に持ち帰りデザインを考えている蔵之介のところに修がやってきて、月海とのデートをセッティングして欲しいと頼みます。

蔵之介は月海を想い、修に再開発担当者の稲荷との関係を確認しようと思っていたのですが、修から月海とのデートのセッティングを頼まれたので稲荷とは関係ないと納得したようでした。

そしてデート当日、月海にいきなり伝えますが勿論月海は拒否します。そこで蔵之介が「好きなんだろ?」と確認すると月海は一瞬フリーズしてしまいます。

このことで蔵之介は月海の気持ちを改めて知り、軽いショックを受けますが、蔵之介は自分が月海に感じている感情に気が付いていません。と言うより気が付かないようにしています。

蔵之介にキレイにお洒落させてもらい、修とのデートに向かいます。蔵之介のアドバイス通り、緊張しないようにメガネを外して修とのデートを楽しみます。お散歩デートを楽しんだ後、ランチを楽しんでいた2人ですが、ここで修は重大なことに気が付きます。

月海がクラゲの話に興奮してグラスを落として割ってしまったとき、月海がメガネを掛けたとき、今まで「気色悪い」や「月海さんはいらっしゃいますか?」と言った相手が月海だと気が付き、気まずくなります。

そのことに気が付いて直ぐに謝れる修って、凄いなって思います。こう言うときって胡麻化したり、気が付かない振りして無かったことにする人の方が多いと思うんですよね。それを素直に謝るって意外と難しいことをできてしまう修は凄いと思います。

稲荷翔子の妨害

月海とデートをしたことで、稲荷翔子と話をする決意をした修は強引な稲荷の誘いを受け入れ、飲みに行く約束します。バーでお酒に付き合う修は稲荷に好きな人がいるので、今後、稲荷と2人きりで会うことは出来ないとハッキリ断ります。

そこで稲荷は修の申し入れを受け入れ、修の恋を応援すると言うのですが…この女がそう簡単に引き下がる訳がありません。

蔵之介の家から帰宅する途中、偶然、修と稲荷が乗った車が通りかかり、蔵之介と月海の前に降りてきて、修が稲荷に月海が好きな相手だと紹介します。そこで稲荷は月海に修と一緒にベッドで寝ている写真を見せ「私、修さんとはこう言う関係なの」と言うのです。

その写真にショックを受けている月海に追い打ちを掛けるように「修さん貴女のこと気色悪い女だと思っていたんだって」などと言うのです。それを否定することもしない修を見て、ショックを受けた月海は逃げ出してしまいます。

蔵之介は修がその場で否定しなかった修に怒りをぶつけますが、修もまた自分の気持ちが分からなくなっていました。そんな修に「これ以上、月海を傷つけるな」と言い月海を探しに行きます。

屋台でやけ酒を飲んで酔いつぶれていた月海を抱きかかえて月海を天水館に送り届ける蔵之介はどこか切ない顔をしていました。月海への想いを自覚し始めたのでしょうか。

さて月海と修の恋はこの先どうなってしまうのでしょうか?蔵之介と月海もどうなっていくのでしょうか?これからの展開に乞うご期待です。

月海の覚醒

月海はデートの翌日からクラゲドレスの制作に入るのですが、服作りの素人ですから型紙も作らずに生地をイメージだけで切るのですが、勿論思い描いていた感じには仕上がりません。

その出来が不満だった月海は覚醒したように蔵之介履いている試作品のスカートに凄い勢いで手を加え始めます。勿論、蔵之介に着せたまま、作業が終わるまで蔵之介をボディ代わりに使いハナガサクラゲのようにしていきます。

そして翌日、もう少しドレスらしくするため、パニエなどの使えそうなアイテムが揃っている蔵之介の家に千絵子さんとじじ様が修と会いたくないと言う理由で蔵之介の家に行くことを拒否している月海を縛り上げて連れていきます。

そこで蔵之介の部屋に飾られていた三連のパールネックレスを見てまた月海はまた覚醒し、ネックレスを壊してしまいます。その勢いのまま千絵子さんとじじ様を巻き込んで、バラバラになったパールを一つずつドレスに飾り付けていくのです。

実はこの三連パールネックレスは蔵之介が実母リナから貰った大切なものでした。そんな大切なものをバラバラにされても蔵之介は怒ることなく、キレイなドレスになったことを喜びました。蔵之介が試着した姿を見た月海は「クラゲのお姫様や~!」と感激して、勢いに乗って次のデザイン案まで出てきました。

大切なネックレスを壊されたのにキレイなドレスのために使われたのなら「あの人(実母)も喜ぶだろう」と言える蔵之介も器の大きいカッコイイ男ですね。

蔵之介が男だとバレた!?

蔵之介の自宅で蔵之介の父・慶一郎にコーヒーを淹れてもらい、お話をしていた千絵子さんとじじ様は慶一郎の話の端々に出てくる「蔵之介」「長男」と言う言葉に疑問を抱き、慶一郎に確認します。

そこで蔵子だと思っていたのが実は蔵之介と言う名の男だと言うことを知ってしまうのです。蔵之介は本当に天水館を出入り禁止になってしまうのでしょうか。

月9ドラマ「海月姫」第3話の動画のネタバレと感想まとめ

今回はシーンとして少しずつ原作と違うところはありましたが、大幅に違うところはありませんでしたね。尼~ずに蔵之介が男だとバレてしまいましたが、ネタバレすると、原作では男として育てられたと胡麻化して乗り切る流れになっています。

もしかしたらオリジナルストーリーとして胡麻化さずに男と認めてストーリーが展開していく可能性もありますが、次回予告を見る限りそれはなさそうです。オリジナルストーリーが気になるので今後も視聴しようと思います。