LINEで既読無視その後の対応は?

iconline

LINEで既読無視をされてしまうことや、こちら側からしてしまうことは珍しいことではありません。その後の対応をどのようにすればスマートでしょうか。この記事ではLINEでの既読無視のその後に焦点をあてて解説します。



スポンサードリンク

既読無視をされた場合とした場合

既読無視をしてしまった背景には様々な事情があると思います。触れてほしくないことを聞かれた、面倒くさい事柄の話になった、単純に忙しく忘れていたなど既読無視をした側には理由があるものです。
そして既読無視をされた背景にも同じように理由があるのですが、この場合には自分ではなく相手の理由になるのでそれは憶測するしかありません。

では、それぞれの場合にどのように対応したらいいのでしょうか。

既読無視をしてしまった~意図的でない場合~

単純に忙しくて忘れていた、LINEを開いたままスマホを放置し読んでいないのに既読になってしまっていた…など、意図せず既読無視をしてしまうこともよくあることです。そういった場合の対処法を考えてみましょう。

相手が気にするタイプの人であったり、急ぎ目の用事であったりした場合には「ごめん、画面開いたままにしていてLINEに気づいてなかった」など一言お詫びを入れてから、内容を返してあげるとよいでしょう。
特に気にする間柄でもなく、急ぎの用でもなかった場合にはそのまま返事を返してもかまわないかと思います。

スポンサードリンク

既読無視をしてしまった~意図的な場合~

意図的に既読無視をしてしまった場合の対処法は大きく二つに分かれます。
相手との関係を壊したくないと思う場合には、ある程度の時間を置いてから別の話題をふりましょう。この時に「既読無視してごめんね」などと書くのはタブーです。あたかも「届いていませんよ」というスタンスで(既読がついているのですから、届いていないはずがないのは相手も分かりますが)新しい話題をふりましょう。そうすれば、相手も聞いてはいけないことだったかなと察してくれることでしょう。

反対に相手との関係を壊したいほどの感情(怒っていることをアピールしたい気持ちなど)を持っての既読無視の場合には、そのまま放っておきます。
未読のまま放っておかれるよりは既読になって放っておかれるほうが、相手の感情を気にしやすい人が多いですから、自分の感情をあえて『無』で表すためになにもしないほうがより気持ちは伝わります。

既読無視されてしまった場合

既読無視をされてしまった場合には、しつこく騒がないことが重要です。
明らかに相手がLINEに気が付いていない場合には、気が付くまでわざとスタンプ連打などをするのもコミュニケーションの一つの手法かと思いますが、そうではない場合には、しつこく聞くとますます嫌われる可能性があります。

他の話題を振られたならそちらの話題に素直に乗り、全くの無視を決め込まれているなら出来るだけ相手の気持ちに寄り添い、話題を変えるなり、しばらくそっとしておいてあげることが重要です。

手軽に扱えるLINEだからこその既読無視

LINEはメールや電話よりも気軽に使えるので、ついつい感情のままの言葉を発してしまう人も少なくありません。だからこそ、本来面と向かっていないと生まれないはずの『間』の感覚がそこに生まれます。『間』を崩す既読無視が意図的なのか意図的でないのか、それをくみ取る『空気を読む力』を駆使しながら、トークを楽しんでいく必要がありますね。

スポンサードリンク