LINEのIDの設定に必要なものまとめ

iconline

LINEを交換する際に大いに役立つLINEのID。近くにいない人同士でも手軽に友達追加が出来る便利な方法です。しかし、手軽である一方で危険な使い方にもなりやすいので、様々な設定も必要になってきます。LINE IDの設定について詳しく見ていきましょう。



スポンサードリンク

LINE IDとは

ひとつのアカウントにひとつだけつけられる記号のようなもので、他の人と被らない任意の言葉を決められます。コロコロと変えられる表示名とは異なり、一度決めると変更は出来ません。

LINEで友達になる際の方法として、『招待』『QRコード』『ふるふる』『ID/電話番号検索』があります。
『招待』は相手のメールアドレス等が分からないと出来ませんし、『ふるふる』は対面していなければ使えません。『QRコード』も、対面しているか相手のメールアドレス等が分かるときしか使えませんので、まだそんなに親しくなく、LINEだけでつながりたいという場合には『ID検索』がとても便利なのです。

離れていても、『IDで友達追加を許可』をONにしていれば、簡単に友達になることが出来るのです。

誰でも使える?ID 検索

簡単便利なID検索ですが、簡単であるからこそ使い方を一歩間違えば大変なことになってしまいます。例えば、LINE IDが自分の知らないところで流出してしまった場合には、全く知らない人から変なトークが届いたり、勝手に友達が増えたりと、困ったことになってしまいます。ですので簡単に人に教えたりはしないようにしましょう。

LINE IDは、LINEユーザーならだれでも設定できるようになっていますが、LI青年保護法のため、18歳未満の人はID検索が使えなくなっています。18歳以上の人も、ID検索をするためにはキャリア連動による年齢確認が必要です。こちらを設定していないとID検索が出来ません。

スポンサードリンク

様々な人間が使用しているLINEで、簡単に検索出来てしまうID検索だと18歳以下の子たちが危険に巻き込まれる可能性が高くなりますので、安心な機能だと言えます。

LINE IDの設定の仕方

その他→プロフィール→IDをタップしてIDを決めていきます。

こちらは、一度しか決めることが出来ず、決めてしまったIDは変更不可能ですので注意してください。

半角英数字20文字以内の好きな言葉で決めることが出来ます。これは早いもの順なので、他のユーザーが使用している文字を重複して使用することはできません。どうしてもその言葉がいい時や、他の文字を試しても使用できない場合にはその文字の後に数字を入れると、比較的使用しやすくなります。

LINE IDで勝手に検索されたくない時には

簡単便利なID検索ですが、流出が怖かったり、自分の知らない時に(良かれと思って)以前にIDを教えた友人が違う友人に教えたりなどで友達を増やしたくない…というときももちろんありますよね。そういったときには、『IDで友達追加を許可』をOFFにしておきましょう。

自分が任意の人にIDを教えて追加してもらうときだけONにして、その他の時にはOFFにしておくと、知らない友達が増えていく危険性はグッと低くすることが出来ます。

LINE IDをどうしても変えたいときは

IDが流出してしまった、別れた恋人の名前にしてしまった…など様々な理由からIDを変更したくなる時もあると思います。しかし、IDだけを変更することはできませんので、その場合にはアカウントをいちから作りなおさなければなりません。

アカウントを作り直す(アカウント削除をして新規登録する)と、友達をまたいちから集めなおさないといけませんし、スタンプや着せ替えなどもすべてなくなってしまいます。繰り返しになりますが、IDの決定や使用はくれぐれも慎重に行いましょう。

スポンサードリンク