LINEアカウントの引継ぎで失敗しない方法

iconline

機種変更や新規契約などでスマホを変えたとき、LINEはキャリアに関係なくそのままアカウントを引き継ぐことが出来る便利なアプリです。LINEのアカウント引継ぎをスムーズにするコツを見ていきましょう。



スポンサードリンク

LINEアカウント引継ぎの失敗とは

新しい機種に変えたとき、うまくLINEの引継ぎが出来ないことがあります。そうなると、相手のトーク画面には『退室しました』と表示され、友達一覧からいなくなってしまったりします。そうなると、またいちいち友人のアカウントを集めて回らないといけないですし、なにより使い勝手が悪くなってしまいます。

ほんのひと手間を確認するだけで、簡単に引継ぎが出来てしまいますので失敗しないように注意していきましょう。

LINEアカウント引継ぎのための準備

まず変更前の機種(現在使っている機種)で、引継ぎをするための準備をする必要があります。

設定→アカウントを選び、メールアドレスとパスワードを登録する。
※機種変更後、電話番号が変わったりFacebookログインを使用している場合はこの作業も必要になります。

2.『機種変更当日』に設定→アカウント引継ぎ設定を選び、『アカウントを引き継ぐ』をONにします。
※アカウントを引き継ぐは、一定時間が経過すると自動的にOFFに切り替わりますので注意してください。

スポンサードリンク

新しいスマホにLINEアカウントを引き継ぐ

これは至極簡単で新しいスマホでLINEを開き、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力。

そして電話番号認証を行い、SMSで送られてきた認証番号を入力して完了。

LINEは基本的に一つの端末でしか使えないので、今まで使っていた機種ではLINEは使用できなくなります。

引継ぎで注意したい点

1.iPhone同士、android同士ならばコインやゲームのライフなどを引き継げるが、その間をまたぐと引き継げない。

2.トーク履歴はiPhoneでは引き継げず、androidではインポートすれば引き継げる

3.トーク履歴をテキストで保存した場合、スタンプや写真は保存されない

4.スタンプは購入済みのものは無料でダウンロードしなおさなければならない

以上のことを念頭に置いて引継ぎをしましょう。

一見難しそうで簡単なLINEアカウント引継ぎ

設定さえきちんとしておけば、案外簡単に引き継げてしまうLINE。いちいち機種やキャリアが変わったことを連絡しなくてもよいですし、便利です。機種変更前のひと手間を忘れないようにして、アカウント引継ぎを気持ちよく行いましょう。

スポンサードリンク