「彼氏をローンで買いました」第8話最終回のネタバレ

とうとう、最終回を迎えてしまった「彼氏をローンで買いました」第8話最終回のネタバレを書いていきたいと思います。展開が気になることばかりの最終話ですが、みんながハッピーなエンディングを迎えるとは思えません。

多恵が白石とハッピーエンドになったら、ジュンはどうなる?逆に多恵がジュンと…などと色々考えてしまいます。麗華さん、勇哉くん、千尋の3人のことも気になりますよね。「彼氏をローンで買いました」第8話最終回のネタバレで内容をご紹介していきたいと思います。

彼氏をローンで買いました第8話最終回のネタバレ「着信拒否に落ち込み現実逃避する多恵」

ジュンは着信拒否に落ち込む多恵を励まそうとおどけて見せたり、白石の悪口を言ったりしますが、多恵は白石を擁護し続けます。そして自棄になった多恵はこんなことになった原因はジュンだから責任取ってジュンが多恵を専業主婦にしてと言い出します。

更にジュンに暴言吐きまくりで、いくらジュンでも頭にくるだろうと言うくらいにボロカスに言っていたら、ジュンが多恵に詰め寄りながら、そこまで言うなら真面目に働いてやる!年収幾らなら専業主婦になれる!と言いますが、多恵に鍋で叩かれ撃沈していました。

ジュンが本気で就職活動!?

多恵に啖呵を切ったジュンは本気で就職活動を始め、求人誌に載っている会社に片っ端から連絡しますが、まともな職業経験もない、スキルもない、資格もないジュンがそう簡単に就職が決まるはずもなく、面接にこぎ着けることすらできません。

そんな現状に落ち込みながら歩いていると、偶然、白石と遭遇します。そのまま白石とカフェに入り、ジュンは白石に就職活動の疑問を聞いたり、愚痴ったりします。意外とこの2人仲がいいですよね。面白い組み合わせですけど、白石にとっては新鮮なのでしょうね。

白石は天然!?多恵の誤解だった!

就職の話しから、何故、ジュンが急に就職活動を始めたのか?の話になり、白石に捨てられた多恵が自棄を起こして、ジュンに責任取れと迫ったと言う話になったところで白石が「俺が多恵を捨てた?プロポーズしたはずなのに」と訳の分からないことを言い出します。

多恵が着信拒否の原因だと思っていた、プロポーズのとき白石を突き放してしまった行為を白石は「多恵は嬉しすぎて、好きすぎて、どんな顔をしていいか分からなくて逃げちゃったんだよね。」と言う多恵的には有難い勘違いをしていました。

白石は凄いポジティブシンキングなのか、若しくは凄い天然ボケなのかもしれませんね。

だったら何故、着信拒否しているのかが気になりますが、どうやら白石は多恵にプロポーズをしたから、他の女性とは連絡を絶とうとタエと言う名前の他の女性を着信拒否したつもりが間違えて多恵まで着信拒否にしていただけでした。何人ものタエと言う名前の女性がアドレスに入っていてドン引きでした。

しかもジュンに自分は忙しいから「代わりに多恵に謝っておいて」なんて言うんです。それに驚いたジュンは白石に「このままじゃヤバイよ!多恵はアンタを諦めちまう。」と言うと、やっと白石は焦り出し「それは困るな」と多恵のことが「大好き」だと言うのです。

ここ意外でしたね。多恵のことは好きなのでしょうけど、もう少しビジネスライクな感じなのかと思っていましたが、結構、本当に好きだったみたいです。ジュンが白石のその気持ちが多恵にちゃんと伝わってないと告げると、更に焦り出しジュンにどうしたら良いのか相談し始めました。

本当に白石は鈍感で天然でした。勉強と仕事以外のことはどうしたらいいのか分からないみたいなんです。なんでもスマートに熟すようなイメージでしたが女心の扱いは苦手なんですね。苦手ついでにどうしたら良いか自分の代わりにジュンが考え欲しいと可愛い笑顔でお願いしていました。

白石からの再プロポーズ

白石から贈られた指輪を見つめて物思いにふける多恵。するとインターフォン交換が鳴ります。確認すると扉の前に立つ白石の姿がありました。多恵は白石が指輪を回収しに来たと勘違いしますが、きちんと身だしなみを整えて白石に会いました。

そして多恵は振られると思っているので、白石から贈られた指輪を差し出しますが、同時に白石も新しい指輪を差し出してきました。その指輪の意味が分からず驚く多恵に白石は改めて「結婚してください。」と言ったのです!

自分は女性の気持ちに鈍感だから「目に見えるもので表現したい。指輪を2つ、それだけ君を想っている」と多恵に指輪を2つ嵌めました。

それでもまだ自分に自信が持てない多恵は自分が猫を被っていることなどを話し、白石に幻滅されてしまうかもしれないと不安を吐露します。そんな多恵を白石はそっと抱きしめ「大丈夫。僕は猫は嫌いじゃない。」と言ってくれました。

これでやっと多恵と白石が本当に結婚することになるのですが、そうなるとジュンはどうなるのでしょう?

ジュンが消える日

白石から改めてプロポーズされた翌朝、ジュンは大金を多恵に差し出し契約終了を告げます。大金と引き換えに多恵から契約書を受け取るとあっさり部屋から出て行こうとするジュンを多恵があっさりすぎると引き留めます。

そんな多恵にジュンは「俺ら彼氏と彼女だった訳でもねぇんだ」と言い、気が合っていたのにと言う多恵の言葉に「あわしてやったんだよ!ボケ!」と強い口調で言い立ち去ろうといます。それでも更に引き留める多恵でしたが、その理由は「お金数えるから」と言うものでした。

多恵が引き留めた理由がお金を数えるためと言われたときのジュンがとても寂しそうな表情だったので、本当は白石ではなく自分を選んで欲しかったのかな?と思ってしまいました。なんだか切ないです。

麗華と千尋が再会

こちらも気になっていました!麗華さんと千尋!麗華さんの元を離れた千尋はバーテンダーの仕事をしていました。そこへキレイに着飾った麗華さんが現れます。麗華さんが現れたことに驚きの表情を見せる千尋、千尋を見つけてうっすら微笑む麗華さん。千尋にGPSが付いているので見つけられたみたいです。

千尋が席に案内すると「あのアザ、お風呂に入ったら消えたわ」と千尋と勇哉くんの計画を知ったことを遠回しに千尋に伝え、笑顔で「勇哉は父親に預けてきた」と言い、今まで変な意地を張っていたことや自分の非を認めたくなくて元旦那を悪く悪者にしていたことなど、自分の心の内を明かしました。

元旦那から勇哉くんに会わせてくれて「ありがとう」と言われたこと、勇哉くんに「千尋に会いに行く」と言って来たこと、勇哉くんが「行ってらっしゃい。ママ、キレイだよ」と言ってくれたことを千尋に伝えます。

母親としては失敗してしまったけど「女としては生きていける」と吹っ切れた様子の麗華さんに千尋は「十分に。」と笑顔で応えました。その言葉にうっすら涙を浮かべる麗華さんが可愛かったです。千尋も勇哉くんと父親が無事会えたことや麗華さんの様子に安心している様子でした。

このままこの2人は上手くいきそうで、見ているこっちが安心しました。

多恵が結婚してから1年後

素敵なお家でマタニティライフを送る多恵はマタニティブルーでイライラ・むしゃくしゃすると遊びに来ていた麗華さんに愚痴っています。相変わらず愚痴が多い多恵です。今にも旦那さんとなった白石に当たってしまい、離婚への導火線に火をつけそうだと言います。

そんな多恵に麗華さんは「また闇サイトで買えばいい」なんて言い出します。流石に多恵もそんなことできないですし、臨月の状態で知らない男に来られてもストレスになるだけだと断るのですが、麗華さんが悪戯っぽく「知ってる男なら?」と言い出します。

そしてパソコンを開き検索すると、ジュンがまた闇サイトで売られているではありませんか!キャバ嬢の彼女にお金を借りて大金を用意したなんて嘘だったんです。そして多恵は再びジュンを39800円(サン・キュ・パ)で購入するのでした。

まさかまた多恵が買ってくれるなんて思いもしなかったでしょうから、多恵の元に届けられたジュンもビックリしていましたよ。そして再びジュンはサンドバッグ役になったのですが、多恵に陣痛が来てしまい、痛みをジュンに当たり散らして発散させていました。

そしてそのやりとりに懐かしさや嬉しさを感じた様子の多恵は笑顔で「おかえり」と言い、ジュンも笑顔で「ただいま」と言っていました。

「彼氏をローンで買いました」第8話最終回のネタバレまとめ

前回はこのままジュンと結婚か!?なんて思っていましたが、こんな最終回になるとは想像していませんでした。白石と結婚して、またジュンを買うなんて、バレたら離婚されそうですけど、大丈夫なのでしょうか?そこだけが心配です。麗華さんと千尋の方は平和になったみたいで本当に良かったです。

「彼氏をローンで買いました」は本当に現代女性の本音が盛り沢山で面白かったです。子どもを産んだって女でいたいし、完璧な旦那さんがいたって不満は出てくるとか、本当に言いたいことが沢山盛り込まれていて、留飲を下げる感じがするドラマでした。

【彼氏をローンで買いましたの無料視聴情報】

彼氏をローンで買いましたのネタバレが気になるなら、実際のドラマを無料でいますぐにみたいですよね。

そんな人はFODを活用して下さい。彼氏をローンで買いましたはFODで全話配信中です、いますぐに無料で視聴できます。

[PR]
⇨彼氏をローンで買いましたを全話無料でいますぐ楽しむ