コンフィデンスマンJP4話の動画無料の情報教えます【知らないと損する】

月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」4話の動画を無料で視聴する方法を紹介していきます。

テレビ放送を見逃しても「コンフィデンスマンJP」の4話はいますぐにでも無料で動画を楽しむことができるんです。こういう方法を知らないと損しちゃいます。

このページを参考に無料で動画を視聴してみてください、3分もあれば視聴開始できるはずです。

コンフィデンスマンJP4話の動画無料はFOD

コンフィデンスマンJP4話の動画を無料で視聴する方法ですが、FODを使えばすぐにでも視聴可能です。

ステップ1:フジテレビのサイト「FOD」にいく

ステップ2:コンフィデンスマンJPの4話を視聴する

この2つの手順で約3分もあればFODでコンフィデンスマンJPの動画を無料視聴できます。

FODでは見逃し配信としてテレビ放送後の1週間もの期間最新話が無料公開されています。それ以外の回もFODの無料お試しキャンペーンを活用すれば無料でみれちゃいます。

⇨コンフィデンスマンJPの4話の動画を無料で視聴してみる[PR]

 
 

コンフィデンスマンJP4話の口コミ

(20代女性の口コミ)
視聴者の予想を上回るストーリーを展開してくれているのが物凄かった。「次の展開はこうなるのだろう」と予想する視聴者に対し、良い意味で裏切るストーリーの結末になっているというのが良い。最後の最後に俵屋の社会的地位が破滅した瞬間を見れてスッキリした。

ダー子が好きです。理由は、ダー子が演ずる様々なキャラクターとダー子が同一人物だと思えないところが魅力に感じるからです。ダー子本人はゲラゲラ笑ったり、突然落ち込んだり、喜怒哀楽の感情を表現できるという表現力があるだけでも視聴者に楽しませることができるのが強いというのも理由です。

伊吹吾郎が登場したエピソードが良かったです。まさかの伊吹吾郎本人が登場するという事態は誰もかも予想できなかったのと、伊吹吾郎が最後の最後にボクちゃんの脚本をパクったという、伊吹吾郎の存在が大きく、終始伊吹吾郎が頭から離れなくなったからです。

(40代女性の口コミ)
食品偽装って、多かれ少なかれ、どこもやってそうな話ですよね。きっと見ていて「うちの会社みたいだ!」と思った人は沢山いたと思います。子供が生まれたり、自分が食べ物に当たってから、本当に気をつける様になりました。このドラマでは、その仕事、自分の子供にも言えるのか?と問いかけてもいるので、襟を正すキッカケにもなり、とても良いと思います。

もちろん安定の演技力の佐野史郎さんです!本当に面白い!佐野さんが出て来ただけで、「今回もちょっとへんくつで神経質なオタク役をやるのかな?」と、このどれかの要素の入った役で登場して来るのを、ついつい期待してしまいます。

いつも水戸黄門みたいで面白いけど、今回のお話は特に好きでした!ブラック企業の社長の夢もどうせならついでに叶えてあげるところが、ちょっと悪ノリだけどちょっとサービス精神もあって、良かったです。むしろ感謝されたりして?!なんて思いました。

(40代女性の口コミ)
いつもながらのどたばたぶりが楽しかったです。佐野史郎さんの演じる俵屋の社長がいつまでたっても、映画の出資に首を縦に振らず、もうホント、見ているこちらもやきもきしました。そして、予想通りの赤字決算。あーあ、となってもなんだか終わりは爽快で気持ちよかったです。

やっぱりダー子が好きです。今回も、なんだかぱっとしないカフェの店主に化けていたかと思えば、後半はお色気たっぷりの中国人女優に化けたり、化けっぷりを楽しませてもらいました。とくに女優さん、すごく美人でほんとにいたらいいのにって思ってしまいました。

最後に出てきた映画の完成品、食品偽装を告発するリアルの映像と、ずーっと撮影してきた時代劇の映像が絶妙に組み合わさっていて、めっちゃ面白かったです。佐野史郎さんの大根役者っぷりも素晴らしく、華を添えた?って感じです。

(30代男性の口コミ)
めっちゃ面白かったです。映画マニアを騙すために本番さながらの映画撮影を行うシーンや長澤まさみの戦闘アクションはとてもセクシーかつ力強くてめちゃくちゃ可愛かったです。リチャードのズラが取れた瞬間に笑いました。

今回のMVPは佐野史郎演じる俵屋です。彼の映画にかける思いの強さにとても魅力に思いました。自身も映画に出たいと言ったり脚本をダメ出ししたりなど映画にかける思いが節々に出ていました。このように何かに熱くなれる人が好きです。

(40代男性の口コミ)
今回は、ダー子たちがあの手この手で、ターゲットの俵屋を落とそうとするのだが、なかなか騙されないところが、いままでと違って新しいパターンでした。ダー子が、地味な喫茶店の女マスターと、正反対の、中国の美人女優に化けたり、話の途中では、マリリンモンローに化けたりといろいろいろいろ化けることができてさすがと思いました。

ダー子が映画好きを利用して映画に出資させてお金をだまそうとした俵屋が良かったです。最初は、遠慮して、出資しないと遠くで見ていたのですが、出資すると決めたとたん、台本いちゃもんつけ、さらには、映画に出たいと豹変するところが面白く好きなキャラです。

ダー子が美人女優になって誘ったから、俵屋が出資を決めたと思っていたが違っていたのです。映画撮影が終わって、俵屋が、女優に化けたダー子を誘うと思いきや、じつは、横にいた、新人映画監督に化けたボクちゃんだったというオチが好きなエピソードです。