極タウン6月9日放送分の動画「インドのマッチョ村」の感想

極タウン6月9日放送分の動画「インドのマッチョ村」の見どころを紹介していきます。

インドでマッチョ!?と意外な組み合わせですが、そこには意外な理由がありました。6月9日放送分の極タウン「インドのマッチョ村」は必見です。

極タウン6月9日放送分の動画「インドのマッチョ村」に興味のある人へ

極タウンですが毎回面白いですよね。インドのマッチョ村以外にもすでに数回分放送されています。

過去の動画を見たい人はFODというフジテレビのサイトで公開されていますので、そちらをチェックしましょう。テレビを見逃したい人も過去分の動画を楽しめますよ。

いまなら「31日間無料お試しキャンペーン」をやっているので無料で視聴可能です。

⇒極タウンの動画をチェックしてみる[PR]

※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

極タウン6月9日放送分の動画「インドのマッチョ村」の感想

(30代女性)
最初はなぜこんなにこの村に筋肉ムキムキのいい男の子たちが集まっているのか、本当に疑問で分からなかったので、とても惹きつけられました。見ていくうちにだんだんと謎が解けて、すごく魅力的な村に思えてきました。

マッチョな男の人がたくさんいましたが、その中でポッチャリマッチョの男性がいて、印象に残っています。筋肉ムキムキだとイカツイ印象ですが、少しふっくらした男性はなんだか性格も穏やかな印象を持てたので、それもまた素敵だと思いました。

みなさん農業を辞めて、ボディガードをしていて、収入が増えているという話をきいて、なるほどなと思いました。日本では周りの人たちが一斉にこのように仕事を転換するということは考えられないので、面白いエピソードだなと思いました。

(30代女性)
村の男性が皆ムキムキなうえに、朝食後は昼寝の時間とか言うから、思わず笑ってしまいました。いつ働いてるんだろうなんて素朴な疑問を持ってしまいましたが、皆の職種を知ればムキムキに鍛えてる事も納得しました。鍛える時にほとんどの方が下着一枚だったのを見て、やはり体に自信がある人は見せたいんだろうなと、一人で頷いてしまいました。

恵さんが好きです。今回の放送でもインドのムキムキ男性が行っていた腕立て伏せにチャレンジして頑張っていました。想像していたよりも出来ていましたが、終わった後はゲッソリしていました。あのテンポの良い返しとのギャップがあり、可愛くて好きです。

数年前までは農業をやっていたのに、ボディーガードを初めてから収入が数倍になったっていうのが好きです。夢があります。何で成功するか分からないから、やっぱり何でもやってみなきゃと感じたからです。皆お金にも生活にも余裕があるせいか、自信に満ちた表情をしていました。

(20代男性)
ベジタリアンなのにあんなにも”マッチョ”になれるところに驚いた。また、トレーニングが朝早くから3時間行った後に働くのではなく昼寝の時間を確保している点が日本ではなかなか考えられず興味深かった。

街の村長の息子さんが良かった。ディレクターの夜中の訪問に対して、嫌そうな顔もせず、夕食や宿まで提供していた優しさが印象的だった。また自分の事務所がイスとテーブルだけしかなく殺風景ないのにオフィスっていう、マイホームとのギャップも印象的でおもしろかった。

子どもたちの将来の夢がボディーガードになるというエピソードがよかった。なぜなら自分のためにとか自己中心的になりがちな夢に、他人を守る事を何の躊躇もなく即答していて、心優しい子供たちなんだなと、そういうお国柄なんだなと感心させられたからです。