ダレトク!?キモうまグルメで藤田ニコルが魅せる!

有吉弘行のダレトク!?の人気企画である、キモうまグルメにモデルの藤田ニコルさんが登場し、身体を張った姿を見せています。キモうまグルメとは、普段生活するうえで、絶対に食べることがない、見た目が気持悪く、しかし食べると美味しい?虫や植物、魚介類等の生物をキモうま食材として紹介する企画。

このキモうまグルメ、リポーターは主に芸人が担当するのですが、しばらく前から、モデルの藤田ニコルさんが登場したのです。

ダレトクのキモうまグルメはニコルみたいなモデルにできるわけない!

ダレトク!?のキモうまグルメに出演するのは、アンガールズ田中さんをはじめとするお笑い芸人です。ダレトク!?では珍しく、リアクションで笑わせる企画。そこに、モデルの藤田ニコルさんが出ると聞き、私はどうせ食べられる訳ないでしょ!そう思っていました。

初参戦の際、オープニングでニコルさんは制服姿で現れ「やりたかったこと、こういう仕事」とキモうまグルメに対する並々ならぬ意気込みを語っていました。私は信じない、どうせキャーキャー言って終わりでしょ。ちょっと冷めた目で見ていました。

最初のキモうまグルメはジャンボタニシ。このキモうまグルメ企画は、食べるだけではなく、獲物を確保するところから始まります。沼に入るニコルさん、なかなか身体張っています。目的のタニシを確保。寄生虫がいるというこのタニシを煮沸消毒して食します。ニコルさん「うまい」と一言。

まだ認めたわけじゃないぞ、と心の中で繰り返す私。キモうまグルメの食材の中では、タニシなんてまだまだ軽い方なのです。

次のキモうま生物はオオマリコケムシです。この生物に関してどのようなものか知りたい方は検索してください。水中に生息するこの生物を確保するため、雨の中、ニコルさん船上から探索。そして発見し捕獲、感触はブヨブヨするそうです。その見た目だけでも、震えあがります。それをニコルさんは素手で触る。

良く触れるなぁと、私は初めて彼女に感心。

かなり臭いというこの生物。塩をまぶしたり、ネギや生姜と一緒に煮込んだりして、臭みとりの処理を行い、スライスして食します。ニコルさん、食べた!・・・吐いた!この生物の強烈な臭みは取れていない様子。

やはり、この程度がモデルの限界だよなぁ。

続いて、ロケに同行する、バイキング小峠さんが食べた!こちらも吐いた!芸人ですら食べられないこの生物、ヤバいのでは?と思い始めた私。この生物、スタジオにも登場です。ニコルさんも再び食す、また吐いた。スタジオの皆さんも食べる、吐くを繰り返し、スタジオの芸人さんは全滅でした。

ここで私は悟りました。この生物は相当ヤバい生物だ、芸人が束になってかかっても、誰も飲み込めない。私は藤田ニコルさんのポテンシャルの高さを認識。ここまで上から目線で物を言っていた自分が恥ずかしい。申し訳ありませんでした。私は、食すはおろか、触ることすらできないと思います。ニコルさん本当にすみません。

今更ながら、ニコルさんに敬意を込めて、彼女を「ニコルん」と呼ばせていただきます。

ニコルん覚醒

ニコルんがダレトク!?のキモうまグルメに初参戦した後、同企画に数回参加。ニコルんはどんどん成長?麻痺?ここは覚醒という表現が合っているでしょうか。彼女はナメクジを白米と一緒に食す等、ロケ内容がどんどんハードになっていっている様な気が。

ニコルんがダレトク!?のキモうまグルメに登場するたびに、彼女の食リポに期待している私がいます。どうやら私も大人気モデルに心酔してしまったようです。

有吉弘行参戦キモうまin沖縄

ついに、ダレトク!?MCの有吉弘行さんが、キモうまグルメに参戦しました。同行するのは、アンガールズ田中さんと、我らがニコルん。沖縄でキモうま生物を捕獲、実食します。今回のロケでも、覚醒したニコルんは大活躍。数々のキモうま生物を捕獲していきます。

有吉さんも、田舎育ちの力を見せつけ、キモうま生物を攻略していきます。有吉さんスゴイな、もうこんな過酷なロケしなくてもいいでしょと思いながら見ていると・・・問題の生物、カメムシが登場。ナナホシキンカメムシ、良かったら検索してください。

鮮やかな色合いのカメムシを食します。画面を見ているだけで私は背中が寒くなります、震えます。これまで快調だった有吉さんもこのカメムシは食べられず、悶絶。しかし、ニコルん食べちゃう。そして食べた後の笑顔。

私の中では、この回がキモうまグルメ史上で最も印象に残っています。有吉さんが食べられないものを、モデルのニコルんが食べちゃう。強烈なインパクトありました。

祝ニコルん成人

2018年2月20日にニコルんは20歳になりました。それを記念して、ダレトク!?ではキモうまグルメ~ニコル成人記念SP~を放送しました。ダレトク!?でも約7ヶ月ぶりのキモうまグルメ企画です。今回は昆虫界の大トロと言われる、カミキリムシの幼虫です。

木の中にいるというこの生物、捕獲のためには木を切り倒す必要があります。ニコルん自らチェーンソーを持ち伐採。キモうま生物を取り出します。モデルがジャージ姿でチェーンソーを持つ、そのギャップが素敵です。

捕まえてしまえばこっちのものです。生きているキモうま生物に醤油をつけて口に運びます。「大トロだ」と笑顔で食リポ。久々のキモうまグルメに、テレビの前で顔が引きつる私。その生物は置いておいて、成人しても、変わらず素敵な姿を見せてくれたので良しとしましょう。

その後も成人になったニコルんは手を緩めず、有吉さんの44歳誕生日の企画では、有吉さんのためにキモうまグルメをプレゼント。自らイモムシを捕獲し、スタジオでイモムシ水ようかんとしてプレゼントしました。

まとめ

ダレトク!?人気企画キモうまグルメに体当たりで挑んできたニコルん。人気モデルとは思えない、身体を張った食リポで視聴者を楽しませてくれました。これまでニコルんのファンだった人はより好きになり、よく知らなかった方は、彼女の魅力に引き込まれたのではないでしょうか。

なんといっても、私もキモうまグルメで、ニコルんファンになったひとり。キモうまグルメに参戦して数年、成人を迎えても変わらず頑張っている姿は好感が持てます。ニコルんにはこれからも、頑張ってほしい。でも無理はしてほしくない・・親心ってやつですね。これからも応援していきます。