ダレトク!?キモうまグルメ案内人 平坂寛

ダレトクの人気企画である、キモうまグルメでガイド役を務める平坂寛(ひらさか ひろし)さんをご存知でしょうか。ダレトクでは、平坂さんの指示の基にキモうま生物を捕獲、調理、実食を行っています。キモうまグルメ企画には欠かせない存在となった平坂さんですが、一体どんな人物なのでしょうか。

今回は平坂さんについて、これまでの略歴やダレトクでの活躍ぶりについてご紹介したいと思います。

キモうまグルメの平坂寛さんは子供の頃から珍獣ハンター?

ダレトク、キモうまグルメに欠かせない存在となった平坂さんですが、幼少期から生き物に興味があったようです。平坂さんは1985年生まれの長崎出身。子供の頃から動物や植物を捕まえるのが好きだった平坂さん。幼少期から、珍獣ハンターの片鱗をうかがわせますね。

大学は、琉球大学理学部海洋自然科学科を卒業し、筑波大学大学院生命環境科学研究科環境科学専攻博士前期課程を修了しました。

キモうまグルメの平坂寛さんの職業

平坂さんは、ダレトクのキモうまグルメに出演する際に「生物ライター」と紹介されています。生物ライター?一体なんでしょうか。実は平坂さん、デイリーポータルZというサイトに記事を掲載したり、講談社動く図鑑MOVEにコラムを連載したりしています。もちろん記事の内容は、世界中に生息する珍しい生物に関する内容です。

大学院時代から、生物ライターとして活動し始め、現在では「喰ったらヤバいいきもの」等、本の執筆も行っています。

大人になっても生き物に対する興味は変わらず、現在は世界を駆け回り、珍獣?キモうま?生物を捕獲しています。好きなことを仕事にできるって羨ましいですね。

ダレトクでの活躍

私は昆虫などの生物は、正直苦手です。だからでしょうか、ダレトクのキモうまグルメに出ている平坂さんを見ると、私は彼がブッ飛んでいるとしか思えません。芸人たちが、悲鳴をあげて捕獲し食べるキモうま生物を、平坂さんは積極的に捕獲、調理、実食を行っています、しかも笑顔で。

数々の修羅場をくぐり抜けてきおり、ダレトクのロケはチョロいのか?と思わせる程の余裕ぶり。そしてめちゃめちゃ楽しそう、誰よりもロケを楽しむ平坂寛です。ブッ飛んでいるけど笑顔、そこが平坂さんの魅力です。

ダレトク、キモうまグルメのリポーターと言えば、アンガールズ田中さん。その田中さんと平坂さんとの絡みが最高に面白い。平坂さんのブッ飛んだ行動に田中さんがツッコを入れたり、目的のキモうま生物が発見できないことに対して、平坂さんへのダメ出しをしたりしています。

危険生物を捕獲することも度々あり、緊迫した雰囲気でのロケですが、2人のゆるい絡みを見ていると笑わずにはいられません。これも平坂さんが、キモうまグルメに欠かせない理由のひとつとなっていますね。キモうまは「田中と平坂」これは覚えておきましょう。

まとめ

ダレトクのキモうまグルメに欠かせない存在となった平坂さん。幼少期から動植物に興味を持ち、現在でもその好奇心は薄れていないようですね。好きなことを続けていくっていうのはなかなか難しいと思います。しかし、それを続け、しかも仕事にしている平坂さんを尊敬しますし、羨ましいとも思います。

私はダレトクのキモうまグルメで平坂さんのことを知りました。初めのうちは、あまりの豪快な行動にどうしても受け入れられないことがありました。しかし、見ていくうちに平坂さんの凄さ、面白さに気づきました。噛めば噛むほど味が出るってやつですかね。

ダレトクでも危険生物を捕獲するシーンがありますが、ご自身の体にはくれぐれも気をつけていただきたい。そして、アンガールズ田中さんと絡むシーンをこれからも視聴者に見せてもらいたいと思っています。