ダブルデッカー4話の感想(ネタバレあり)

ダブルデッカーの4話をみたので感想をネタバレありで書いていこうと思います。4話のタイトルは帰ってきたデリック、いったいどんな内容だったのかちょっと気になる人はチェックしておいてください。

ダブルデッカー4話ネタバレありの感想「帰ってきたデリック」

看護師さんたちに見送られ退院するデリック。

キリルが殉職したと思い込んでいたダグの元相棒。戻ってきたらキリルの立場がありませんが、デリックは子供の頃から夢だったバーテンダーに。

ということで帰ってきたでデリックは30秒ほどで終了でした。

ダブルデッカー4話ネタバレありの感想「トラヴィスズエンジェル」

マックス、ユリ、ケイ、ディーナのトラヴィスズエンジェル。今回はこの4人が主役のようです。

早速、ディーナとケイの2人で潜入捜査。 破天荒なディーナと生真面目なケイは相性最悪、連携の悪さのせいで容疑者を取り逃がす。二人の雰囲気はかんり険悪。

ダグとキリルのコンビが信頼関係を築くよりも難しそう。

ディーナはデリックのお店で愚痴っていました。元々ディーナとデリックは仲が良かったようです。

ダブルデッカー4話ネタバレありの感想「焦るケイ」

容疑者を取り逃がし挽回を焦るケイ。セブンオー以前の先輩を頼り独自に捜査を開始。

この先輩と潜入捜査を行いますが前回取り逃がした容疑者を追っているところで、先輩の裏切りにあり敵に捕まってしまいます。

焦って挽回しようとした時点でやばそうな雰囲気でしたがやはりといった展開。

この先輩、アンセムを横流しするかなりの悪党だったようです。

セブンオーの仲間が誰か助けに来るかと思ったんですが、キリルとユリが速攻で捕まっていました。逆に人質が増えたかたち。キリルあまり役に立ちません。

裏切った先輩の狙いは、対アンセム用の武器に使用されているアンセムを無効かする成分。ダグたちがアンセムで暴走した犯人たちと戦うために使っていた弾丸に込められたあの成分。

確かにこれを売り捌けば相当もうかりそう。結構頭いいみたいです。

ダブルデッカー4話ネタバレありの感想「ディーナの実力」

アンセムを無効化する成分を手に入れるためディーナを呼び出し奇襲をしかけるケイの先輩。ケイの反撃にあい追い詰められてアンセムを使用、オーバードライブで襲い掛かってきます。

そこでディーナはいつもダグがやっているアンセムを無効化する弾丸を作り出し撃退。いつもはダグの役目ですがディーナでもできるよう。ダグとディーナ、戦力は五分といった感じです。

人質となっているキリルとユリは、ユリのパートナーのマックスが救助。ユリは「人質だと思ってました?」と勝ち誇ってましたがキリルだけは間違いなく人質だったでしょう。

まとめ

今回の件でディーナとケイは信頼関係が深まったようです。ダグとキリルよりもあっさりいった感じ。

キリルとケイに比べると先輩のダグとディーナは戦力としてかなり格上。新人2人が先輩においつけるビジョンが見えませんが、キリルとケイの成長がこれから描かれることに期待です。