FODでオーファンブラックの動画を無料で楽しむ方法

このページではFODでドラマ「オーファンブラック」の動画を無料で楽しむための方法を解説していきます。FODならオーファンブラックの動画がいますぐに無料え楽しめます、活用しないともったいないですよね。

FODで「オーファンブラック」の動画を無料視聴する方法

「オーファンブラック」はFODの有料会員であるFODプレミアムに加入すると放送分は全話視聴できます。

この有料会員のFODプレミアムですが、いまはキャンペーン中で31日間無料でお試しできます。

この機会にFODの無料お試しを活用して「オーファンブラック」の動画を無料で楽しみましょう。

[PR]

⇨いますぐFODでオーファンブラックを楽しむ

※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

オーファンブラック1話の口コミ

知英さんが、真緒子と沙良、オク・ヨンエを見事に演じ分けていることに感心しました。日本人でも、1人で何役もこなすのは大変なのに、3人のうち1人は韓国人とは言え、それぞれの役柄の特徴をしっかり見せてくれるので、混乱しそうなストーリーもスッと頭に入ってきました。

知英さんのことを知らない人は、日本の女優さんだと思うのではないかと思ってしまうほど、とてもきれいな日本語と、そのスタイルは、同性ながらウットリしてしまいました。これからも、次々にいろいろな知英さんが見られそうなので楽しみです。

真緒子の恋人である山崎育三郎さんと会った時に、沙良は「やばい」と、とっさに判断して、迫っていくシーンにはドキドキしました。まさに、大人の土ドラという感じで、山崎育三郎さんの攻撃的で大胆な様子もとても良かったです。
(30代女性の感想)

いつもと同じで、なんら変わらない時間の中でこのドラマのように、自分にソックリな顔立ちで身長も同じくらいの人が現れたらビックリというよりも、不気味に感じると思います。さらに、その人物が自分の前で自殺してしまったら縁起が悪く感じ精神的にキツイと思います。

沙羅は、自分に似ている真緒子が自殺してしまうのを見てショックを受けますが、真緒子の鞄を持って立ち去るところが、沙羅の物事の考え方を表していて、沙羅は子どもと暮らすことを最優先に行動します、真緒子の自殺にもそこまで動揺していないようなそぶりでした。

刑事であった真緒子の自殺する原因が気になりました。警察の中でも刑事という仕事は重要で、優秀な警察官しかなれないと思います。その真緒子が自殺という事を選んでしまうのは、彼女自身に重大な出来事があったのだと思いました。
(30代男性の感想)

オーファンブラック3話の口コミ

沙羅は理華と泉から自分たちはクローンだと聞きますが、沙羅自身はクローンという事を信じていないように見えました。出会って間もないとそうなると思います。また、理華と泉の話し方や態度から、泉は他にも何かを知っているのではないかと思いました。沙羅は金城と捜査に向かい、沙羅が一人で追いかけた犯人は、沙羅たちと同じ顔だったのは驚きました。この犯人が本体で必要で無くなった沙羅たちクローンを消そうとしているのかもしれません。

刑事の真緒子に成りすました沙羅の相棒の金城はいいですね。金城は見た目も怪しい感じがいいです。金城は沙羅から取り上げた現金750万円をなかなか返さない。もしかしたら、金城は現金を使っている可能性があると思います。または既に真緒子が自殺した事、その理由も知っていて、沙羅を利用しているのではないかとも思えます。

沙羅が真緒子に成りすまし刑事として復職できて、金城から現金を取り戻せそうでしたが、復職の理由が沙羅が埋めたオクの捜査だったなんて、沙羅が願っている子どもと暮らす事は叶わぬ方向に来てしまったように感じます。刑事の真緒子に成りすましている事で、鑑識のオクの指紋データを消す事ができたのは不幸中の幸いと言えると思います。ただし、警察は遺体を科学捜査すると思うので、沙羅は以前と危ない状況にいると思います。
(40代男性の感想)

一人七役で演技をしていることは、七つの違う役になりきって演じることは非常に大変だな~と感じました。一人二役でも大変だなと思っているので。叉、七人がクローンと言う設定は初めてで、新鮮な印象を受けました。

金城さんが気になっています。警察での沙羅の相棒と言う設定で、重要な登場人物の様な感じがしています。このドラマの中では、かなりの存在感があるし、多分ですが色々な部分に絡んで来る人物となると考えています。

沙羅が養母と話し合いをしている場面です。子供と暮らしたい沙羅、今はまだ子供と暮らす事を完全には許していない養母、しかし、今後の子供の事を考えて、少しの時間会いに来る事を許す養母、影で会話を聞いていた子供、この時の子供が嬉しそうな表情が良かった。
(30代男性の感想)