メルカリへの出品のコツ 料金の決め方

メルカリへ出品する際、その商品の料金が安ければ利益が取れませんし、高過ぎれば売れません。ですから、ちょうどいい、という価格帯を目指す必要があります。そんな重要な要素である料金を決めるときのコツを、簡単に説明していきたいと思います。メルカリで出品する時に料金設定のコツは重要な要素となります。



スポンサードリンク


メルカリ出品時の価格の決め方の基本

これはメルカリのガイドにも記載してあることですが、価格は、300〜999万9999円の範囲で決めることができます。もちろん、消費税はありません。

しかし、自由に決めろと言われてしまうと、迷ってしまいますよね。

そこで、料金の決め方の最も基本となる方法を説明します。

それは、商品の状態と元の値段で機械的に決めてしまう、というものです。

・新品、未使用の商品

新品、未使用の商品は、定価の68の値段をつけます。

ただし、新品、未使用であっても保存状態によっては箱が多少傷んでしまっていたり、日光によって品質が変わってしまっている可能性もあります。

ですから、保存期間、保存方法や状態なども加味した上で、多少価格を変動させたりしながら決めるようにしましょう。

 

・未使用に近い、もしくは汚れのない商品

数回使用していたとしても、保存状態や管理が非常によく、ほぼ新品同様の状態のものである商品のことを言いますが、この場合、定価の36割の値段をつけます。

この判断は少し難しいかもしれません。見えにくい場所に汚れが付いていてしまったり、一見綺麗でも機械などで多少劣化していたり、などといったことも考えられます。

まずは、その商品の説明を見て劣化のしやすさなどを知り、細部まで自身の目で確かめてから値付けすることをお勧めします。

 

・使用感や汚れがある商品

これは、一見で使用感がわかってしまうものや、どうしても落ちない汚れがついてしまっている商品のことですが、この場合は、定価の24の値段をつけます。



スポンサードリンク


人気商品であったり、使用感や汚れが機能には大きく影響しないようなものであればこの値段で売れやすくなりますが、あまりに汚れが酷すぎる場合や機能の劣化がある場合は売れにくくなりますので注意しましょう。

 

コツは購入者目線で!

料金を決める際の重要なポイントですが、元の価格を考え、商品の状態を見た上で、自分が購入者だとしたらこのくらいならば出す、という価格を考えましょう。

例えば、自分が今とても欲しいと思う商品が出品されていてこの値段ならば買う、もしくは、なんとなくショッピングをしている時に少し良いなと思った商品でここまで安かったら買う、などといった考え方です。

こういった決め方をする場合、事前にその商品の需要を調べておくと良いでしょう。

新品の購入が困難な人気商品であれば、新品と価格がそこまで変わらなくとも売れる場合もあります。

多くの通販サイトなどで売り切れているものなどは高めに、あまり需要がないような商品は少し安めに出す、というように、購入者の需要を考えることは、非常に重要なポイントとなります。

 

過去のメルカリ出品商品から学ぶ

これは、どういうことかと言いますと、今自分が出品しようとしている商品が過去に出されていないか調べ、それがどれぐらいの料金なら売れていてどれぐらいだと売れていないかを確認してから、それを参考にして料金を決めるという方法です。

つまりその時の相場を調べてから出品するということです。

例えば、そもそもあまり「いいね」が付けられていないもの、「いいね」がたくさん付けられているが売れていないもの、すでに売れているもの、これらの間には価格との関係が深くあるはずです。

購入者は、当然ながらできるだけ安く商品を手に入れようとしますから、売れていないものよりもほんのすこしでも安くするだけで売れる、ということもあるのです。

そういった意味でも、他の出品商品を参考にすることは、重要になってきます。

 

まとめ

いかがでしょうか。

もちろん、上記の値付けの方法が全てではありませんし、慣れてきたら自分の見出した方法で値付けする、ということもできるようになってきます。

まずはこれらのことを参考に、出品経験を積んでいってくださいね!

このサイトではメルカリについての最新情報を随時更新していくのでブックマークよろしくお願いします。



スポンサードリンク