メルカリへの出品をキャンセルした場合に評価はどうなる?

メルカリで出品をして、取引開始後にやむをえない理由でキャンセルをする場面があります。そんな時に気になるのは、今後の信頼にも関わってくる、評価、ですよね。今回は、メルカリで出品者側がキャンセルをした、もしくはされた時の評価について説明していきたいと思います。



スポンサードリンク


メルカリでの評価の役割と付け方

評価というのはどう言った役割があるのでしょうか?そして、どのようにつけるものなのでしょうか?

まずはそれについて説明したいと思います。

 

いつどのようにつけるか

評価は、商品の取引が完了した後に、購入者と出品者が、相互につけるものです。

取引が完了すると、購入者が受け取り報告をします。

その後、評価を入力するフォームに評価やメッセージを入力し、購入者側からの評価が完了します。

すると、出品者側からも評価を入力できるようになり、同様に入力すれば、評価が完了します。

 

評価の役割

つけられた評価は、メルカリプロフィールの画面に表示されます。

その評価を参考に、その出品者の商品を買うか否かを決める購入者も多くいますので、物がよく売れるようにするためにも、重要になります。

ですから、売れた後でも極力丁寧な対応をし、良い評価を得るように心がけましょう。

 

出品を自分からキャンセルをする時

メルカリに出品している商品を他の通販サイトでも同時に出品していた場合、メルカリで買い手がつくのと同時にその他のサイトで売れてしまい、商品が手元になくなってしまう、そう言った状況があります。



スポンサードリンク


そんな時は、止むを得ず、取引のキャンセルをしなければなりません。

キャンセル方法自体は難しくはありませんが、こう言った場合、出品者側の手違い、ということになってしまいますので、購入者からの評価が気になりますよね。

キャンセルされた取引については、どう言った評価がつけられるのでしょうか。

そのような場合にどのようにされるのかを説明していきたいと思います。

基本的に、評価というのは、取引が完了してからつけられます。ですので、キャンセルにより取引が中断された場合、評価はつけられません。

しかし、ここで注意が必要なのは、自分からキャンセルを申し出た場合、ただ発送しない、などのキャンセル措置を取ってしまうと、購入者に大変悪い印象を与えてしまいます。

そのため、メルカリ事務局に、悪質な取引として報告をされてしまい、何らかのペナルティが課される可能性があります。

ですので、キャンセルを申し出る際は、丁寧なやりとりをした上で行うようにしましょう。

 

購入者側からキャンセルを申し出てきた場合

この場合、上記のような出品者の都合でのキャンセルではないので、基本的に悪質な取引として報告される心配はありません。

しかし、もし購入者が、何のメッセージもなしに支払いをしない、などといった対応をし、自身に迷惑が及んだ場合、メルカリ事務局に報告、といった形をとるのも良いでしょう。

 

まとめ

以上のように、何の場合も、自動的にはキャンセルをしても評価はつけられません。

だからと言って雑な対応をすると、評価以上に深刻な、ペナルティを課される、といった可能性も少なからずあるので、取引の際は相手を気遣った対応を心掛けるようにしましょう。

メルカリについての最新情報は随時更新していくのでブックマークよろしくお願いします。



スポンサードリンク