インスタのコメントでfffの意味とは?返事の返し方は?

大人気の写真投稿SNS「instagram」。投稿した写真にコメントがつくと、とても嬉しいですよね。気軽に世界中の人とつながれることもあり、ときどき、ちょっと意味のわかりにくいコメントがつくことも。

実は、インスタ特有のコミュニケーションワードともいえる言葉というのが結構あるんです。この記事では、コメントやハッシュタグで使われることの多い「fff」というキーワードについてご紹介していきます。意味がわかると、よりインスタを楽しめると思いますよ。



スポンサードリンク


インスタの「fff」は相互フォローの希望?

例えば、投稿した写真や動画について「very nice pic! fff:)」と、コメントがついたとしましょう。前半の部分は、“とても素敵な写真ですね!”、そして最後の「:)」は横向きから見た笑顔マークです。インスタでよく見かけるコメント文ですね。注目すべき「fff」の部分については、以下にくわしくまとめてみました。

 

follow for follow

fffとは「follow for follow」の略で、直訳すると「フォローのためのフォロー」。ですがこのままでは、ちょっと意味がわかりにくいですよね。他人のコメント欄で、フォローのためのフォロー?なんのこっちゃ?となると思います。

これは、SNS独特の表現で、「フォローしてくれたらフォローするよ♪」といった意味合いになります。

コメントで「fff」と言われた場合、相手があなたとの相互フォロー(お互いのアカウントをフォローし合うこと)を希望しているととらえて良いでしょう。フォロワーを増やしたいひとや、いろいろなアカウントをフォローしてタイムラインを充実させたいひとなどが好んで使用するキーワードです。日本よりは海外のインスタグラマーが多く使っている印象がありますね。

 

 

「fff」と「f4f」は同じ意味

「fff」と同様によく使用されるのが「f4f」です。今までの流れからなんとなくご想像がつくかと思いますが、念のためご紹介しておきましょう。「f4f」は「follow for follow」の“for”を、英語で同じ読み方をする「4(four)」に替えただけのもので、意味は一緒です。言葉遊びのようなものです、なかなかおもしろいですよね。

 

ハッシュタグで「♯fff」

インスタは写真に「#(ハッシュタグ)」をつけることで楽しみ方がぐーんと広がります。例えば、「#cat」とか「#love」といったキーワードを写真にくっつけて投稿すると、世界中から、そのハッシュタグに関連するものに関心を持ったひとがあなたの写真を見に訪れます。猫が好きなひと、愛を表現した写真を探しているひとなど、様々なひとが様々なことに興味や関心をもっていて、その目印になるのがハッシュタグです。

 

コメントより気楽かも?さりげなくアピール

では、今回のキーワード「fff」にハッシュタグをつけるとどうでしょう。自分の撮った写真に「#fff」と添えてアップするのをイメージしてみてください。どうです?コメント欄で相手に伝えるよりも、さり気なくて、とっつきやすい感じがしませんか?

相互フォローを増やしたいけれど、あんまりグイグイいくのは得意じゃないし、相手のコメント欄でいきなり相互フォローをお願いするのも気が引けるなぁ…なんてシャイなタイプの人、結構多いのではないかと思います。SNSは相手の顔がわからないぶん、なおさら遠慮がちになってしまいますよね。



スポンサードリンク


コメントするのが苦手な人は、ハッシュタグでそっと相互フォローを希望する方法もアリですよ。押しつけがましさないので、本当に興味を持ってくれた相手だけが寄ってきてくれる効果も期待できます。

 

返事の返し方は?どうするのがベター?

どのようなSNSにも共通して言えることですが、コメントで「fff」と書かれた場合のほとんどが、全然知らない相手からだと思います。というのは、そう書かれる時点で。まだフォロワー同士ではないから。相手はランダムに、あなた以外にもたくさんの人に同じような相互フォローの希望コメントを送っていることも考えられます。

返信コメントもしくはハートをつける

上で書いたように、相手がランダムで何の気なしにあなたにコメントをしている場合もあります。それでも、もし誠実に対応するとしたなら、ぜひ返信コメントを送ってみましょう。とりあえず写真を見に来てくれたことへの感謝を示して、「Thanks」とか「ありがとうございます」などが無難です。インスタでは相手がくれたコメントにも「いいね!」のハートをつけることが可能ですので、気が向いたらハートをつけてみても良いでしょう。

素敵だなと思ったらフォローしてみる

コメントしてくれた相手がどんな人なのか気になるときは、相手のアカウントに遊びに行ってみましょう。もしも、あなた好みの雰囲気の写真が並んでいたらラッキーです。感性を刺激される写真を見つけることができるかも知れません。プロフィール欄もヒントになります、誕生日が近いとか、相手の住んでいる国があなたの憧れの国だとか。そして、フォローしたら楽しそうだなぁと感じたら、フォローしてみましょう。その際に、コメントのお返事として、「follow you.nice to meet you.」(フォローしました、よろしくね!)みたいな感じのことを書いてあげると、より丁寧です。

 

スルーする

おそらくコメントへの対応として結構多いと思われるのが、スルーしてしまうことです。前述したように、相互フォロー希望のコメントは比較的ランダムにつけられることが多く、あなた以外のひとにも相手はバシバシ希望を出している可能性があります。とらえようによっては「ただ単純にフォロワーを増やしたいだけ」と感じることもあるでしょう。もしも相手が、たくさんのひとにコメントをしている場合、あなたひとりがスルーしても相手はさほど気にしません。相互フォロー希望するしないに関わらず、SNSをやっていればコメントをスルーされるなんてことはザラにあるので、あまり気負わず、悩まず楽しみましょうね。

 

おまけ

さて、ここまで「fff」についてお話してきましたが、同じような意味合いで「lfl」「L4L」といった言葉もあり、こちらは「Like for Like」(いいね!してくれたら、いいね!するよ)という意味になります。いわば、「相互いいね!」希望みたいなものです。

こんなひともいるよ

インスタは写真ひとつで誰とでもつながれる素晴らしいSNSですが、いろいろなひとが使っているぶん、ほんの少しだけ心で警戒しておくことも必要です。fff(相互フォロー希望)と言っていても、フォロワーを増やしたいだけで自分からは誰もフォローしようとしない広告モニタアカウントや、宣伝目的だけの業者アカウントも、少なからず存在します。相手をフォローした途端に自分のフォローを外される、ということも実際ありえます。

あまり気にせず、なるべく気持ちよく、楽しみたいですね。



スポンサードリンク