LINEモバイルの通話料金とその節約術

年々食料品や原油価格の上昇により、家計への負担がどんどん大きくなってきています。それゆえに今節約できるところはしっかり節約したいという方も多いはず!節約術のひとつとして注目される格安SIM市場の中で人気の一つのLINEモバイル。では実際格安SIMの通話料金はどうなのか!?この記事ではLINEモバイルの通話料金とその節約術を解説していきます。



スポンサードリンク


LINEモバイルの通話料金

LINEモバイルで音声通話するためには、まず音声通話SIMを契約する必要があります。データSIMで契約をすると音声通話は使えないため気を付けてください。音声通話付きのプランでは最安で月額1200円(税抜き)~利用可能です。

音声通話SIMでは固定電話や携帯電話に電話をかけると、30秒ごとに20円(税抜き)の通話料金がかかります。これはMVNOの中では特別高くもなく安くもないのですが、単純計算では月に30分通話すると1200円かかってしまうことになります。

家族や会社との通話、また問い合わせなどで固定電話にかけることもまだまだ多いと思いますが、そういったものを入れれば月に30分は案外すぐに超えてしまいます。大手キャリアのように無料通話の枠はないのでせっかく料金プランは安くても、通話の仕方しだいでは結局は安くならなかったということになりかねません。

通話料金を通常より安くする方法

LINEモバイルで通話料金を安くするには3つの方法があります。

1.「いつでも電話」アプリから発信する。

2.「10分電話かけ放題」のオプションを付ける。

3.「LINEアプリ」からLINE通話をする。

以下ではそれぞれの特徴をまとめていきます。

 

「いつでも電話」とは

いつでも電話とはLINEモバイルの提供する通話アプリで、そのアプリから通話を行うことで通話料金が通常より半額になるお得なアプリです。特に申し込みや登録作業はなくLINEモバイルの音声通話SIMを使っている方はそのまま利用可能です。これにより通話は30秒ごとに10円(税抜き)で利用可能です。

半額だから音質や通信が悪いのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。私も実際使っていますが、特に気になる点はなく通話品質が悪いと思うことはありません。むしろこのアプリのデメリットが見つからないのでLINEモバイルを利用する上では必須のアプリと言っていいくらいです。

注意点としては、海外への発信や海外からの通話ができないこと、緊急通報やフリーダイヤルなど発信ができない番号がある点です。ですが基本的には頻繁に使うものではないので、LINEモバイルではいつでも電話から発信するのがオススメです。

 

「10分電話かけ放題オプション」とは

10分電話かけ放題のオプションサービスは、その名のとおり10分以内の通話なら通話料金がかからないサービスです。(国内通話のみ)回数に制限はないので仕事などで毎日通話する方や、家族との通話などで回数は多いけどあまり長い時間通話しない方などは、このサービスを使えば通話料金を大幅に節約することが可能です。



スポンサードリンク


月額880円(税抜き)で利用できますが、こちらはいつでも電話と違って利用には事前に申し込みが必要です。またこのサービスはいつでも電話アプリからの発信が必要なので、いつでも電話の注意点と同じくサービスが適用できない番号などがあります。

申し込み方法は簡単で、LINEモバイルサイト内のマイページから、「契約内容の確認/変更」を選び、「プラン・オプション」ページの「オプション情報」の中から10分電話かけ放題を選ぶだけです。

月額880円というといつでも電話を利用したと考えて、単純計算では月に44分以上電話をすれば880円を超えてしまいます。現在月の音声通話時間が44分を超えている方は、10分かけ放題のオプションを付けて通話料金を節約したほうがお得になるといえます。

 

「LINEアプリ」で通話料金を節約

LINEアプリを利用してLINE通話を行うことで通話料金を節約することも可能です。LINEのトークと同様に簡単に使えますし、データ通信を使って通話をするのでデータ量の範囲内ならいくらでも使うことができます。

ここが非常重要で、通常は通話するほどデータ通信量が増えていき月のデータ容量を圧迫したり、速度制限時などは通信が安定せず通話の品質が落ちてしまうことも考えられます。

しかしLINEモバイルではデータフリー(以前はカウントフリー)といって、一部の対象サービスでデータ通信量が加算されない仕組みがあります。特にLINEアプリはどの契約プランを選んでもデータフリーが適用されるので、実質通話し放題というわけです。

しかもLINEの無料通話だけでなくビデオ通話もデータ量が加算されません。大切な人と時間を気にせずビデオ通話ができたり、会社の打ち合わせなども料金を気にせずLINEのビデオ通話を使って行うことも可能です。

ただしLINE通話はデータ通信を使う分通常の音声通話より通話品質は劣ることがありますし、互いの通信環境しだいで通話品質が悪くなることもあります。個人的には通話品質が悪くて使えないという経験はないので、LINE通話もかなり実用的と言えます。

 

まとめ

LINEモバイルではアプリやオプションサービスをうまく利用することで通話料金を節約することができます。通常の音声通話なら「いつでも電話」アプリを利用すれば通話料金は通常の半額になるので、必ずインストールしておきましょう。

10分電話かけ放題のオプションは一ヶ月の発信回数が多い人には特にオススメです。会社などでこまめに連絡を取らないといけない場面や、家族とのちょっとした会話などに役立ちます。

特定の人への長時間の通話などはLINEアプリから通話することで、通話料金を気にせず通話を楽しむことができます。さらにビデオ通話も実質無料なのでめったに会えない人と顔を見ながらの通話やミーティングでの使用など可能性も広がってきます。LINEモバイルではLINE通話で使うデータ量はカウントされないので速度制限も関係なく無料での通話が可能です。

用途に合わせて通話方法を変えることで通話料金を気にせず楽しく通話ができ、さらに節約もしっかりできちゃいますよ!



スポンサードリンク