LINEモバイルの締め日を確認!計画的に利用してお得な日々を!!

LINEモバイルでも料金の締め日、請求日が決められており、締め日を境に通話料金やデータ使用量もリセットされます。スマホを楽しくお得に使うためにもLINEモバイルの締め日、請求日を把握しておきましょう。



スポンサードリンク


LINEモバイルの締め日

LINE モバイルの締め日は毎月の月末最終日になっています。月初から月末までの音声通話やデータ通信、その他オプションなどこの締め日までの期間内に利用した料金が請求されます。締め日についてはひと月ごとと覚えておけば大丈夫です。

LINEモバイルの請求日

LINEモバイルの請求日は毎月5日となっています。月末の締め日に対して翌月5日に請求というとあまりにも短いのではと思うかもしれません。実は基本料、オプション料と通話料、SMSの通信料は請求される月が異なります。基本料やオプション料は前月のもの、通話料やSMSの通信料は前々月のものが請求金額として確定します。

このことを踏まえると月の支払い料金をある程度事前に把握することもできます。基本料やオプション料は基本的にはかわることがないので、プランやオプションの変更、データ量の追加をしなければほぼ一定です。そして通話料やSMSの料金は前々月のものが請求金額に含まれてくるのでこれも事前に把握しやすくなっています。

例えば基本料1,000円で使用していて、1月に通話料で2,000円使ったとすると、3月5日に通話料も含めた3000円が請求されます。たとえ使いすぎたと思っても2月の間でお金を事前準備できるので予想外の出費ということにはなりにくいということです。

また請求日の前の毎月3日に請求金額が確定するので、確定した金額が登録したメールアドレスやLINE通知に連絡が来ます。ただしLINE通知を有効にするためには、LINEアプリとの契約者連携という作業をしておかなければなりません。

メールだけの通知だと見落としてしまう方も多いと思うので、契約者連携をしておくのはオススメです。契約者連携をしておけばLINEモバイルの公式アプリからマイページへスムーズにログインできるので、料金明細の確認や月のデータ残量なども確認しやすくなります。

締め日、請求日の注意点

ここからは締め日、請求日の注意点をみていきたいと思います。

LINEモバイルでは基本料やオプション料は日割りになりません。つまり月初に解約したとしてもその月分の利用料金はまるまるかかってくるということです。またLINEモバイルを契約した初月は基本料は無料なのですが、もしも初月中に解約してしまうと翌月5日に基本料が請求されてしまいます。

さらに利用開始月の翌月5日には初回の登録事務手数料3,000円(税抜)とSIMカード発行手数料400円(税抜)も請求されます。音声SIM用のオプション(留守番電話や割込通話など)も利用開始月の翌月に請求されるので初回の請求日には3,400円(税抜)+オプション料+通話料やSMS利用料が請求されると思ってください。

また端末を分割払いにした場合には、端末が届いた月の翌々月から端末代金も請求に含まれてきます。ここが少しややこしいのですが、翌々月から端末代が利用料とともに加算されるということなので、実質は端末が届いた月から3ヵ月後の5日から請求のなかに含まれてきます。



スポンサードリンク


支払い日と決済不良時の対応について

これまで締め日、請求日についていろいろと説明してきましたが、実は料金は必ずしも請求日に支払いするというわけではありません。

LINEモバイルの利用料の決済方法には以下の3つの方法があります。

  1. クレジットカード払い
  2. LINE Payカード払い
  3. LINE Pay払い

このうちクレジットカード払いとLINE Payカード払いは請求日と支払日が変わってきます。具体的な日にちについては支払いのカード会社によって変わってくるので、自分のクレジットカードの締め日と支払日を確認してみてください。

LINE Pay払いだと請求日にそのまま支払いが発生するので、毎月5日には請求金額をチャージしておく必要があります。請求日に残高不足となっていると決済失敗となり、利用中の回線が使えなくなるので注意してください。クレジットカード払いでも何らかの理由でカードが使えない状態で決済に失敗すると回線が使えなくなります。

ここでややこしいのがLINE Payカード払いとLINE Pay払いです。何が違うの!って思う方もいるかもしれませんが、LINE Payカード払いはLINE Payカードのクレジットを使用した支払い方法。それに対してLINE Pay払いはカードに事前チャージして支払いをする方法です。LINE Payカードはプリペイド式なので審査もなく18歳以下の方でも作成可能です。

多くのMVNOではクレジットカードが必要な場合が多いですが、LINE Pay払いを利用すれば今クレジットカードを持っていない方も契約が可能です。チャージの方法もさまざまあるので入金もしやすく、銀行口座を登録して「オートチャージ」を利用すれば、銀行口座から設定した金額に自動でチャージされるので入金忘れもなく手間も省けるのでオススメの方法です。

さらに回線が停止したまま支払いをせずに月末を迎えてしまうと、強制的に契約解除となります。これを防ぐためにも、毎月3日に送られてくるLINEからの請求金額の通知を必ずチェックして、チャージもしくはクレジットカードの利用状況を確認しておきましょう。

まとめ

LINEモバイルの締め日は毎月の月末最終日、請求日は毎月5日となっています。また毎月3日にはLINEモバイルから請求金額の通知が来るので、公式サイトのマイページから料金明細を確認することができます。

請求金額は基本料+オプション利用料が翌月、通話料やSMS通信料は翌々月の請求に含まれてきます。また初期費用としてかかってくる登録事務手数料とSIMカード発行手数料は、利用開始月の翌月が請求日となります。

さらに支払い方法によっては請求日と支払日が異なることがあります。LINE Payでの支払いの場合は請求日の5日に支払い、LINE Payカードのクレジット払いやその他のクレジット払いはカードの支払日に準じての支払いとなります。

もしも決済が失敗した場合は回線の停止措置がとられます。そして月末までの支払いが確認できなければ強制的に契約解除になってしまいます。LINEモバイルの締め日、請求日をしっかり把握して支払いに支障が出ないよう対策しておきましょう!



スポンサードリンク