ibisPaint(アイビスペイント)の使い方や評価

ibisPaint(アイビスペイント)の使い方や評価を解説します。

お絵かきアプリのibisPaint(アイビスペイント)ですが実際の使い方や使ってみての評価をレビューしていきます、アプリを使う際に参考にしてみてください。



スポンサードリンク


ibisPaint(アイビスペイント)の使い方

ibisPaint(アイビスペイント)はお絵かきアプリです。iPad/iPhone/iPod touch/Android版があります。

ブラシ種類は140種類以上、素材は1600点以上、スクリーントーンも46種類。

ただしブラシに関しては一部機能のみで、広告動画を見ることで全てのブラシが18時間使用可能になり、時間が経過してもまた同様に広告動画を見るとことで使えるようになります。

画像フィルターも豊富でフォントの種類も数多くあります。定規機能も集中線定規、対称定規などあるので、デジタルイラストだけではなく漫画を描くのにも充分利用できます。またレイヤー機能も豊富で効果も揃っています。クリッピング機能ももちろんあるので、デジタルイラストで手間を省きたい方にも充分利用することは可能です。一部のスマートフォンやタブレットでも筆圧感知機能も使用できるのでPCのペンタブレットで専用のソフトを使用して描くのと変わらないクオリティーで使えますし、写真を取り込んで使うことも可能です。

キャンパスの大きさも利用したいサイズのものが判りやすく、また印刷に耐えられるサイズのものでも重くなく動きます。また、同時に絵を描く工程が自動で動画にされるのでメイキングとして自分用に工程を見直したりすることが出来ます。動作としては軽いほうだと思いますがキャンパスの大きさやレイヤーの大きさでどうしても重くなってしまいます。

そして描きあげたイラストはibisPaint(アイビスペイント)が運営しているコミュニティーに投稿でき、また同様に絵を描く工程が動画にされて投稿が自動的にされるので、うまい方のメイキングをみてどうすればいいのかを自分でいろいろ見ることもできますし、また自分の絵に評価やコメントをもらったりすることができるので、さまざまなジャンルや絵の実力を持つ方と交流することが出来ます。

公式が使い方講座を公式サイトで、メイキング動画をYouTubeに上げているので使ってみたいけれどどうしようかと思っているデジタルイラスト初心者の方にもそれらを利用すれば誰でも気軽にデジタルイラストが始められると思います。

ibisPaint(アイビスペイント)の使い方評価「良いところ」

PCで普段絵を描いているのですが、少しでもデジタルのイラストがうまくなりたい、加工や描き方を勉強したいと思って導入しましたがPCで使用している専門のソフトより少しやはり劣ってしまうものの充分そん色なく利用でき、なおかつどこでもいつでも絵を描くことが出来ることがありがたいです。

ブラシの種類も豊富で広告を見なければもちろん全て使えるわけではありませんが煩わしいとは思いませんし買い切りもあるので今ではそちらを利用しているのでブラシも制限なしで利用しています。

素材もモノクロ、カラーと豊富で漫画用の背景もたくさんありPC用のソフトではデフォルトでは入っていないものが多く、わざわざ後から探してダウンロードしたり、購入したりしなければならなかったんですが、ibisPaint(アイビスペイント)ではデフォルトで入っていて、後からサイトで探したり、追加購入してダウンロードしたりの手間がなく本当にありがたいと思います。

加工用の素材やスクリーントーンもたくさんあるので急に漫画が描きたくなったときにスマホがあればいつでも気軽に描ける環境にできるのがすごいアプリだなと思います。



スポンサードリンク


少し画面がスマホでは小さいのでイチから描くのは大変なのですが、アナログで描いたものを写真で取り込んで下書きとして利用することでその使いにくさは充分改善することが出来ました。印刷にも充分対応でき、フォントの数も多いのでたくさんのことに利用でき、A5サイズのものなら冊子にするのも充分な画像のものができるのがこのアプリのすごいところで重宝させていただいています。

また自動的に録画される作業工程の動画も自分の無駄を確認したりどうやったらどの効果でどう見えるのかを確認したりと振り返るのにとても便利ですし、コミュニティに投稿してみたり、他の方のイラストを拝見してどういうことが出来るのか勉強したり、投稿されたイラストも同様に動画になっているのでメイキングとしていろいろと作業を学んだりできるのが助かります。

最初はなかなか慣れずに戸惑っていたところも多々ありましたが、公式サイトの丁寧な使い方講座やメイキング動画をみたりして確認しながら使っていればどんどんその便利さを再確認し今ではアプリの中でも使用頻度はかなり高いものとなっています。

ログイン機能を使えばPCでも投稿したイラストの確認が出来るのでイラストを描く方同士でのコミュニティーサイトとしても充分楽しめるアプリだと思います。

ibisPaint(アイビスペイント)の使い方評価「改善してほしいところ」

マスク機能がないところが残念だなと思いますが使用されるかたされない方もいますしく他の機能で代用は出来ます。これはペイント系のアプリでは仕方のないことだとは思いますがやはりレイヤーを数多く重ねてしまう、また複雑な加工を多くしてしまうと少し重くなってきてしまうので、ラグでペンがうまく動かなくなるときがあります。

いまでもブラシはたくさんありますがペイント系のブラシの種類がもう少し欲しい所です。

動画録画機能をオンオフ、もしくはどこから利用するのかを指定できれば無駄に描いていたものを削除して最初からやり直したいときも残らずにすむのになと思います。

感度がいいのが幸いしてか、少しでも手が当たると誤動作してしまうため思わぬ挙動をして作業がおもうように出来ないことも多々あります。感度を下げてしまうと筆圧感知に影響が出ると思うので難しい所ですが感度が強い範囲をキャンパス内だけにするなどもう少し敢然の余地はあると思います。

ibisPaint(アイビスペイント)の使い方評価「普段の使い方」

暑中お見舞い、年賀状、急に必要なった画像加工などにも利用できて思ったよりも使用する場面は多いと思います。印刷にも対応できるので年賀状などのハガキ関係には本当に役にたちます。フォントも多いので文字だけでも工夫次第で色を変えたりと楽しめるので、急に必要になったPOPのデザインにその場でこのibisPaint(アイビスペイント)を使って作ったものが役に立ったことがありました。

私は普段から絵を描く方なので、たまに風景画が描きたくなったときにはスケッチブックの変わりにも出来るので助かります。重い道具を持って歩かなくてもいいし、人目を気にしなくていいので気軽に描きたい景色をどこでもいつでも描くことができるのは、とても楽しいと思います。

まとめ

これからデジタルイラストを描こうと思っている方や、PCでデジタルイラストをやってみたいけれど敷居が高いと思っている方にはこのibisPaint(アイビスペイント)からはじめてみるといいと思います。PC版でのデジタルイラストにある機能の多くはこちらにも搭載されているのでibisPaintで慣れてからPCでもっと複雑なことにチャレンジしてみるのがいいかもしれません。

また絵は描かないけれどという方もお店などやっている方はフォント数が多いのでPOPを作ったりするのに便利だと思いますのでぜひ利用してみてください。



スポンサードリンク